top of page

女性の健康課題:職場で上司や同僚とコミュニケーションを取る際のポイント


​以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細は最下部をご覧ください。

女性の健康課題は非常に様々ですよね。生理期間だけでなく、PMS(月経前症候群)や更年期症状、また不妊治療に伴う体調不良など、時にはフルタイムでの仕事に支障があり、調整しなければならない場合もあります。この記事では、そのような時に上司や同僚とどのようにコミュニケーションを取っていけばいいのか、またその時のポイントについて説明します。


急な不調で休暇をとってもいいの?

生理期間やPMSなどが原因で不調になったり、症状が急に酷くなったりする経験は誰にでもあるのではないでしょうか。しかし仕事を休みたくても、周りに迷惑がかからないか不安で休みづらいこともありますよね。しかし一人で抱え込み、相談しないまま不調を放置すると、悪化してしまうかもしれません。上司やチームのみんなに相談することから始めましょう!休暇をとることは労働者の権利です。事前に急な体調不良のときに使える休暇を調べておけるとより良いでしょう。企業によっては休暇の種類が複数ある場合や、生理や不妊治療による休暇に使用することのできる制度を準備しているところもあります。取得する際は理由を申告する必要はありませんので、安心して利用しましょう!

周りの人も症状を我慢しているのに自分だけ休んでもいいの?

お休みを取りたいと思ったときに、本当にこの不調や辛さでお休みをいただいてもいいのかな?と迷うこと、ありますよね。特に女性の生理やPMSは、多くの方が経験されるものですし、他の方が頑張ってお仕事をされている中で、自分だけお休みしてしまっていいのかと心配になる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、体の不調や辛さは人それぞれ。生理痛の辛さも一人一人異なり、調査によれば、毎回のように生理痛に悩まされている方が50%以上もいることがわかりました。更年期やPMSでも、症状やその辛さには大きな個人差があります。


働けはするものの、業務量を減らさないと厳しい場合はどうしたらいいの?

仕事はできても、体調が思わしくないと、いつものようにはいかないこともありますよね。そんな時には、主に2つの方法が考えられます。一つ目は、仕事の量を調整してもらうことを上司にお願いすることです。背景をしっかり説明して、理解を得ましょう。もう一つは、仕事のやり方を変えたり、負担を軽くする方法です。たとえば、テレワークにしてみるだけでも、移動の大変さがなくなり、仕事がしやすくなるかもしれませんね。自分に合った方法を考えて、上司に相談してみましょう。相談する前に、どんな仕事の量ややり方がいいかを考えておくとスムーズです。仕事の量を減らすことで、評価や将来のことが心配になることもあるかもしれませんね。そのようなことも、上司に相談してみると良いでしょう。


また、上司に相談する際には、いくつかのポイントを気を付けると、スムーズに話が進むかもしれません。

  • できるだけ具体的な理由をお伝えすると、上司も理解しやすいです。

  • どれくらいの頻度で、どんな働き方を希望しているのか、事前に考えておきましょう。

  • 予想される期間をお伝えするだけでも、上司もこれからの状況をイメージしやすくなります。

  • 基本的には、自分で自分の働き方を提案しましょう。あなたのお体のことは、あなたが一番よく知っていますから。

  • 理由をあいまいに伝えるのは避け、具体的に状況を説明しましょう。そうすると、上司も理解しやすくなります。

  • 上司に伝えずに、同僚に協力をお願いしたりするのは避けましょう。 また体調の状況が変わったときは、その都度上司に相談しましょう。


女性の健康課題に関する話題など、異性の上司には相談しにくい話題の場合はどうしたらいいの?

上司が異性だから、理解を得にくいかもしれないと感じたり、ちょっぴり話しにくいと思う場合もあるかもしれませんね。そんな時は、会社の中に、健康について相談できる場所がないか、一度見てみてください。企業によっては、気軽に相談できる窓口があることもあります。そこでまず話を聞いてもらうのも、心が楽になるかもしれませんよ!

それでも、やっぱり日々の仕事を一緒にしている上司に話して、自分の働き方を調整してもらうのが一番ですよね。上司は、チームの状況をよく知っているので、あなたにとって最良の方法を一緒に考えてくれるはずです。お互いの理解を深めるためにも、勇気を出して相談してみてくださいね!


上司や同僚に、自分の症状や治療についてどこまで共有するべきなの?

何を話すべきかは、症状の種類やどれだけ続くかによります。ちょっとした一時的な症状なら、詳しく話す必要はないかもしれませんが、長く体調が悪い場合は、少し周りの人に話して、サポートしてもらうといいですよ。周りの人が理解してくれれば、無理せず、チームでカバーし合えるので、影響が出にくいでしょう。

上司には、自分の体調がどれくらい大変なのか、どれくらい続くか、そして、どう働きたいか(仕事の量を減らしたい、在宅で働きたいなど)を伝えて、一緒に考えてもらうといいですね。病名や詳しいことは、必ず話す必要はありません。大切なのは、互いに理解し合い、一緒に最善の方法を見つけることです。


不妊治療や妊娠の都合で休暇が増えそうな場合、上司や同僚にはいつ・どのように伝えるのがいいの?

お休みが増えそうな時は、できるだけ早く上司にお話ししましょう。事前にお互いに調整が必要なこともあるので、早めに相談することで、一緒に良い解決方法を見つけやすくなります。不妊治療を始めることや、妊娠が分かった時に、上司と少しだけ時間を作り、共有するのがおすすめです。もちろん、自分の体のことはプライベートな話ですから、同僚にはなるべく知られたくない気持ちもあるかもしれませんね。そんな希望も、上司に優しく伝えて、一緒に考えてもらいましょう。でも、時には、同僚の助けも必要かもしれません。その時は、上司と一緒に、どれだけ周囲の人に話すかを考えながら進めていけば、心配はいりませんよ!


上司に治療や妊娠のことを伝える時は、こんなことを気をつけてみてくださいね。

  • どんな治療をするのか、それがどう仕事に影響するかを、分かりやすく話すと、上司も理解しやすいです。

  • 今後も、少し考慮してもらいたいことがあるなら、それも一緒に伝えておくと、後々スムーズに話が進むかもしれません。

  • 急に「調整が必要だ」と言わないようにしましょう。同僚の協力もスムーズに得られるよう、早めに調整するようにしてみてくださいね!

  • 詳しすぎる話は必要ないけれど、あまり抽象的にも話さないようにしましょう。治療の開始時期や期間、どんなサポートが必要か、そして、同僚に話しても大丈夫かどうかなど、上司と一緒に相談して、心安く過ごせる職場環境を作りましょうね。

治療や体調の都合で休暇が多くなりそうだけど、周囲の同僚には事情を知られたくない場合はどうすればいいの?

治療や健康のことは、とてもプライベートな話ですよね。同僚にはなるべく知られたくない、そんな気持ち、とても理解できます。でも、「健康上の理由でお休みが増えるかもしれない」というふうに、詳しくは説明しなくとも、上司には共有しておくと良いでしょう。なぜなら、お休みが増えることで、みんなの協力が必要になるかもしれませんから。どこまで話すか、それはあなたと上司で一緒に考えて、ちょうどいいバランスを見つけましょう!


体調のことで周囲に迷惑をかけてしまっていて、退職するべきでしょうか?

治療や体調が思うようにならないと、どうしても「迷惑をかけているのでは?」と心配になりますよね。でも、あなたが健康を維持しながら仕事を続けることも、大切な権利です。思いがけないことに、周りの方々は、あなたが感じているほど迷惑だとは思っていないかもしれませんよ。まずは、上司に相談してみましょう。上司はみんなのことをよく知っているので、あなたが無理なく働ける方法を一緒に考えてくれるはずです。健康も、仕事も、どちらも大切。一人で悩まず、みんなの優しさを受け入れながら、あなたらしい働き方を見つけましょうね!

​floraのコンテンツは、floraのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。専門家による医学的助言を求めるのを遅らせたり無視したりしないでください。AIシステムは急速に進化しており、機械学習の確率的な性質を考慮すると、このシステムを使用すると、状況によっては、出力が不正確、不完全、または実在の人物、場所、事実を正確に反映しない場合があります。出力の正確性については、利用者の使用ケースに応じて、人間の目による確認も含めて評価する必要があります。ここで提供される情報に基づいて、あなたやあなたの子供、またはその他の人の健康に関する決定を下す前に、資格のある医療提供者に相談することを強くお勧めします。



Comments


bottom of page