top of page

女性の健康課題:健康課題を抱える部下をサポートする


​以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細は最下部をご覧ください。

具体的に生理・PMS・更年期障害・不妊治療ではどんな症状があり、どのような点が特に辛いのでしょうか?


およそ12歳から50歳まで、女性には月経があります。月経がある人は、主に以下のような症状を抱えています。


【PMS】

PMS(月経前症候群)は生理前の1週間の期間にホルモンバランスの変化に伴って起こる不調のことです。一般的な症状としては、精神的に不安定になりやすく、また身体的症状もあり、眠気を強く感じる人や腹痛、頭痛を訴える人もいます。具体的には、いつもならなんてことないことでも怒りっぽくなったり、悲しくなったりするというような精神的な症状が見られたり、眠気が強すぎて、しばらく体を起こすことも辛いというような身体的症状を訴える人もいます。


【生理痛】

生理期間の1週間のうち、特に前半に症状が強い人が多いです。一般的な症状としては、腹痛、腰痛、頭痛、寒気、貧血などがあげられます。具体的な例としては、普通に座っていることができないほどの強い腹痛を訴える女性も少なくありません。また、生理痛を再現できる装置を体験した男性からは「おなかの中の筋肉が握られるような痛み」「この痛みで日常生活を送ることは到底不可能」との意見もありました。


【経血による不快感】

生理期間には、生理痛だけでなく、経血による不快感を覚える方も多いです。生理期間の1週間のうち、特に1日目~3日目が経血の量が多く、不快感を覚える人が多いです。多い時には2~3時間ごとに生理用ナプキンを変えなければならないほど経血量が多い人もおり、仕事中に頻繁に席を立ってトイレに行くことが難しい人にとっては深刻な課題です。経血は生理現象なので汗のようにコントロールできないものです。椅子から立ち上がった瞬間にドッと経血が出る感覚などが特に不快感を覚えさせます。


50歳ごろを過ぎると、月経がなくなり(=閉経)ます。閉経の前後10年くらいは、更年期症状(障害)が起こります。


【更年期症状】

更年期症状が起こるのは大体45歳~55歳くらいです。人によって様々な症状が起こることで知られていますが、特に多いのがホットフラッシュと呼ばれる顔や背中などのほてりや発汗です。また、それだけでなく頭痛、動悸、疲れやすい、イライラするなどの症状も見られます。それにともなって、以前ならこなせていた仕事の量でも、思考の整理がつきにくくこなせなくなる場合や、少し外出しただけなのに滝のような汗とほてりが止まらないというように、日常生活に支障をきたす場合も少なくありません。


【不妊治療】

最近は不妊治療をしている人も多いですが、この不妊治療には様々な体調不良が伴う場合があります。吐き気や頭痛・めまいなどの身体的症状だけでなく、治療から受ける精神的ストレスなども大きな課題です。特に不妊治療の平均期間は2年と言われており、いつまで続くか分からない治療や、いつまでも子どもが出来ないことが精神的なストレスとなる人も少なくありません。また、仕事をしながら治療をしている場合は特に、治療の影響で周囲の人に迷惑をかけており申し訳なさを感じる人もいるようです。


ここで紹介したのはあくまで一例であり、実際に感じる症状の種類やその辛さは本当に人それぞれです。


健康問題に悩んでいる当事者に、どのように仕事を配分するべきでしょうか?

業務内容や量、勤務形態の調整は、当事者と周囲とのコミュニケーションを通じて、本人やチームのリソースに応じ、最適な方法を探しましょう。


まずは当事者の方が希望する方法をヒアリングしましょう。次に、周りの人へ共有し、納得や同意を得ながらチームでの調整を行いましょう。


体調が悪そうな部下に対しては、どのように声をかけ、どんな内容を聞くべきでしょうか?

仕事中の様子がいつもと違ったり、ここのところ不調そうに見える部下がいると心配ですよね。その様な場合はまずは1on1の機会を設け、特定の症状・病気には言及せず、抽象的な範囲で体調について聞いてみましょう。上司が異性の場合、女性特有の健康課題について具体的なレベルで共有したくない人もいるためです。

もし体調が悪いと言う回答が得られれば、不調がどれほど業務に影響を及ぼしているのか聞いてみましょう。無理していることがわかった場合や、現状維持が厳しそうな場合は、相談しながら部下の方にとって最適な業務内容・業務量・勤務形態等を擦り合わせましょう。なかなか声をかけにくいと感じるかもしれませんが、コミュニケーションをきちんと取っておくことが、不調による業務・チームへの影響が大きくなることを防いだり、部下の方の心理的安全性向上に繋がります。

具体的にコミュニケーションをとっていくときに気を付けるべきポイントは以下の通りです。

  • プライベートなことであっても話しやすいような環境を作りましょう。

  • 具体的な症状名を聞く必要はありませんが、どのような症状があり、それが業務にどのように影響しているのか確認しましょう。

  • 継続的なコミュニケーションをとっていけるよう、いつでも相談してほしい旨も伝えましょう。

  • 症状名や体調について、必要以上に詳細に聞くのはやめましょう。プライベートな話題です。

  • 症状を聞いた際、その辛さや重さを自分で判断することは避けましょう。同じ症状でも、辛さや重さは人によって様々です。


女性の部下や同僚に体調に関する相談を受けましたが、どんな内容を聞くべき・聞かないべきでしょうか?

体調に関する相談はプライベートな内容も含むため、どこまでなら話を聞いてもいいのかなかなか分かりにくいことが多いですよね。基本的には具体的な症状の名前・原因などに言及することは推奨しません。人によっては、特に上司が異性の場合、女性特有の健康課題について共有することに抵抗感を覚える人もいるからです。そのため、不調がどれほど業務に影響を及ぼしているのか聞き、無理していることがわかった場合や、現状維持が厳しそうな場合は、部下の方にとって最適な業務内容・業務量・勤務形態等を擦り合わせる形でコミュニケーションをとっていくことがおすすめです。本人の希望を基に調整方法を擦り合わせたら、チーム全体への共有・フォローも行うことが理想的です。

具体的にコミュニケーションをとっていくときに、注意すべきポイントは以下の通りです。

  • プライベートなことであっても話しやすいような環境を作りましょう。

  • どのような症状があり、それが業務にどのように影響しているのか確認しましょう。

  • 本人が希望する勤務形態や業務量をヒアリングすることが重要です。選択肢を提示しながら、本人の意思を確認しましょう。

  • 本人の希望とチームの状況をすり合わせながら進めていくことを伝えましょう。

  • 他のメンバーに共有する前に、改めて共有する内容や業務量・勤務形態の変更内容について確認する時間を設けましょう。

  • 体調について、過度に詳細を求めることはプライバシーの侵害にあたる場合もあるので避けましょう。

  • 誰にでも健康問題を抱える可能性はあります。女性の健康課題だけを取り上げて、「女性だから仕方がないことはわかっています」と伝えることは、かえって相手を不快な気持ちにさせる可能性もあります。

  • 自己判断で当事者の情報を他のメンバーに伝えることはやめましょう。あなたがこれくらいなら大丈夫と判断した情報が、当事者にとっては伝えてほしくない情報である可能性もあります。


健康問題に悩む当事者以外の部下へのフォローはどうすればいいでしょうか?

健康問題に悩む当事者のサポートはもちろんですが、そのためにチーム内での調整に課題が生じることもありますよね。まずは、本音を言える環境を作ることが一番重要です。周囲の人達は、誰かが休んだりすることで、自分の業務内容が変わったり、量が増えたりすることを、必要なことだと理解しているはずです。一方で、ネガティブに捉える人も当然いるはずです。ネガティブな感情を一人で抱え込ませてしまうことは、絶対に避けるべきことです。1on1などの機会で定期的に本件について触れ、周りの人が不満を抱え込まず、定期的に励ましたり、適宜問題を解決できる体制を作りましょう。

ただ、前提として、当事者が周囲の人に共有して良いといった範囲でしか、伝えてはいけません。周囲の人をフォローする上で、更に共有が必要な場合は、当事者と相談し合意を得てから共有してください。

健康問題に悩む当事者以外の部下をサポートするときには、以下のポイントに気を付けてコミュニケーションをとることをおすすめします。

  • 部下の不安や心配に理解を示すことで、より本音を話しやすい空気感を作ることができます。

  • 考えられる解決方法を具体的に提示し、当事者以外の部下が納得できるサポートを模索しましょう。

  • 継続的なコミュニケーションをとっていけるよう、いつでも相談してほしい旨も伝えましょう。

  • 自己判断で当事者の情報を他のメンバーに伝えることはやめましょう。あなたがこれくらいなら大丈夫と判断した情報が、当事者にとっては伝えてほしくない情報である可能性もあります。

  • 当事者に対してのサポートを強要するような態度は避けましょう。


不妊治療していることは周囲にはまだ言いたく無いという部下がいるのですが、どのようにして周囲の理解を得ると良いでしょうか?

当事者の明かしたくない気持ちを尊重しながら、周囲の理解も得ることのバランス調整はとても大変ですよね。しかし、不妊治療は、治療をすれば確実に結果が出るわけではなく不確実性の高いものであり、また妊娠や不妊はプライベートな事柄のため、あまり多くの人に知られたくないと考える方は珍しくありません。

一方で周囲の人の気持ちを考えると、ある程度事情を共有しないと、周囲への影響の大きさによっては納得できないかもしれません。当事者が希望する共有できる情報の範囲だけでは調整が難しい場合は、あなたから公開したい範囲を理由と共に提案しましょう。例えば、「Xさんはある治療をしている」ということをAさんとBさんに伝えるだけならいいですか?など、抽象化し限られた範囲に共有することを提案してみましょう。

​floraのコンテンツは、floraのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。専門家による医学的助言を求めるのを遅らせたり無視したりしないでください。AIシステムは急速に進化しており、機械学習の確率的な性質を考慮すると、このシステムを使用すると、状況によっては、出力が不正確、不完全、または実在の人物、場所、事実を正確に反映しない場合があります。出力の正確性については、利用者の使用ケースに応じて、人間の目による確認も含めて評価する必要があります。ここで提供される情報に基づいて、あなたやあなたの子供、またはその他の人の健康に関する決定を下す前に、資格のある医療提供者に相談することを強くお勧めします。



Commenti


bottom of page