治らないつらい腹痛、何から来てるの?


腹痛には様々な原因がありますが、痛みの部位などで原因をある程度推測することができます。

目次

・腹痛の位置とそこから考えられる病気

・安静にしていれば治りそうな腹痛の対処法


腹痛の位置とそこから考えられる病気


・みぞおちの痛み

胃、十二指腸、胆嚢、膵臓、食道、横行結腸、大動脈、心臓などが原因となります。骨盤内の疾患である「虫垂炎」や「子宮附属器炎」、また心臓の病気である「心筋梗塞」も、胸痛ではなくみぞおちの痛みを訴えることがあります。 原因疾患:胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、胆石胆嚢炎、虫垂炎、子宮附属器炎、心筋梗塞など。

・右上腹部の痛み

胆嚢、十二指腸、肝臓、腎臓、肺などが原因となります。 原因疾患:胆石胆嚢炎、十二指腸潰瘍、尿管結石、急性肝炎、胸膜炎など。

・左上腹部の痛み

胃、膵臓、脾臓、腎臓、肺などが原因となります。 原因疾患:胃潰瘍、急性膵炎、尿管結石、胸膜炎など。

・臍のまわりの痛み

胃、十二指腸、小腸、大腸、胆管、膵臓、子宮、卵巣、大動脈などが原因となります。 原因疾患:胃潰瘍、腸閉塞、急性膵炎、総胆管結石、腹部大動脈瘤、上腸間膜動脈血栓症など。

・脇腹の痛み

大腸、小腸、腎臓、尿管などが原因となります。虚血性腸炎は下行結腸に多いので、左脇腹に痛みが出ます。 原因疾患:尿管結石、虚血性腸炎、腎盂腎炎、腎梗塞など。

・下腹部の痛み

大腸、小腸、子宮、卵巣、尿管、膀胱などがあります。 原因疾患:虫垂炎、大腸憩室炎、急性腸炎、便秘、大腸がん、卵管炎・卵巣嚢腫茎捻転などの婦人科疾患、流産・子宮外妊娠、膀胱炎、鼠径ヘルニア嵌頓、過敏性腸症候群など。

腹痛は頭痛同様、体の不調の一種なので、つい軽視されがちです。

腹痛は過剰に心配する必要はありませんが、以下にご紹介するような症状が出た場合は、要注意です。

  • 痛みが強くて我慢できない場合

  • 痛みの箇所が広がってきた場合

  • 吐き気や発熱・下痢などの症状が併せて出ている場合

このような場合は、できるだけ早く病院を受診しましょう。


安静にしていれば治りそうな腹痛の対処法

症状が腹痛のみの場合は、しばらく安静にして楽な体位で様子を見ましょう。 腹部は温めて、喉が乾いたら常温の水や白湯をゆっくりと飲み、食事は食べられそうであれば消化の良いものを少しずつ食べましょう。

薬を服用する場合は用法・容量を守って服用し、半日以上痛みが続く・痛みが強くなる・発熱・吐き気などの別の症状が出てきた場合は、病院を受診してください。