top of page

性暴力について

以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


性暴力とは、一体どんなものでしょうか? 国連の方々は、心や体を自分自身で決める権利を奪われる行為を「性暴力」と言うのだそうです。それって、つまり、私たち一人ひとりが「自分の心や体は自分のもの」として、自由に自分の気持ちや行動を選ぶ権利を守ることが、どれだけ大切かを示していると思いませんか?

多くの人が、“性暴力=レイプ・痴漢”と感じているかもしれません。でも、実はその範囲はもっと広いのです。しかし、私たちの国では、その大切な事実に気づくことがまだ少ないのが実情です。 NPO法人ピルコン代表の染矢さんは、こんな風に優しく教えてくれています。 「性暴力のことを学ぶ機会があまりなく、多くの人たちが誤解しているのかもしれません。また、自分が傷つけられたことを認めたくない気持ちや、実は加害者が悪いのに被害者のせいだと思われがちなことも、背景としてあるのかもしれませんね。」 私たちが普段から意識しづらい「性暴力」の事実について、次は「セクハラ」や「リベンジポルノ」、「デートDV」、「セカンドレイプ」といった具体的な例を通して、一緒に学んでいきましょう!


セクハラ

相手を不快にさせたり、困らせたりする性的な言動を「セクハラ」と言います。もし、言葉や行動で相手が不安やストレスを感じるなら、それはセクハラです。どんなに冗談のつもりや親しみの気持ちで言ったとしても、相手が苦しんでいるなら、それはセクハラになることを覚えておきましょう!「どのようなことがセクハラになるのか」についての理解はとても大切です。 近頃は、性別に対する偏見や、言葉で人を傷つけるような行動についての認識も広がってきました。まずは、相手の立場に立って考えることが大切です!

リベンジポルノ

前の恋人や友人が、過去に撮った写真や動画をネットに上げる行為を「リベンジポルノ」と言います。スマホやSNSが普及して、写真や動画の投稿がとても簡単になりました。一方で、一度公開されると、なかなか削除するのが難しいことも事実です。 自分の大切な写真や動画が他の人に見られてしまうことはとても心配ですよね。でも、安心してください!現在はこのような行為は法律で禁止されています。


デートDV

カップル間での暴力や、一方的な関係を「デートDV」と言います。身体的な暴力だけでなく、心の中で感じる痛みや束縛も含まれます。もし、あなたが不安や苦しい気持ちを感じているなら、それはデートDVのサインかもしれません。 お互いに気持ちを尊重しあい、どちらも心地よく過ごせるようにしましょう。そして、感じることや、思うことはきちんと伝えていくことが大切ですね。


セカンドレイプ

性暴力に関する二次被害、いわゆる「セカンドレイプ」とは、心の痛みを再び呼び起こすような発言や態度によるものです。被害を受けた方に対して「気をつけるべきだったのでは?」や「そうは思えない」という風に考えるのは、実はその人を深く傷つけてしまうかもしれません。思いやりの気持ちで言う「大丈夫、忘れて前に進もう」や「あなたの気持ち、理解します」といった言葉も、場合によっては心に重くのしかかることがあるかもしれません。被害を受けた時の恐怖や緊張で動けなくなることもあるので、「なぜその場から逃げなかったの?」というような声掛けは、お気をつけください。相手の心の傷を深くしてしまうかもしれません。その人が話すのを待つこと、無理に話を聞き出そうとしないこと、そして、本人の望むことを尊重することが大切です。みんなで助け合い、理解し合い、温かい言葉で支え合いましょう!


◆被害に遭ったら

もし被害に遭った場合は、心を落ち着けて、以下のような方法でしっかりサポートを受けてください。 • 警察…心からのSOSを出したいときや、再びの不安を感じる時は、どうぞこちらへ。 • 婦人科・産婦人科…心と身体のケアが必要なとき、安心してお任せください。 • 性暴力被害者ワンストップ支援センター…どんなステップを踏めばいいのか、どこに相談するのが最適か迷ったら、こちらが心強い味方です! さて、それぞれの相談先でのポイントや、どんなときに頼りにしたらいいのかについて、科学的に正確な性の知識と人権尊重に基づく情報発信をしている「NPO法人ピルコン」の代表・染矢明日香さんの見解も含めて紹介します。

警察に相談する

どうか不安や心配を感じた時、再び何かあるかもしれないと思った時は、警察に声をかけてください。その後、警察の方と一緒に、心を込めてケアしてくれる医療機関への訪問を考えてみてください。緊急時のケアや傷の手当て、加害の証拠を集めるための専門的な婦人科も紹介してもらえることがあります!しかも、公的なサポートで治療費を助けてもらえる制度もあります。 そして、もしできるのであれば、被害に遭った後の服装のままでいると、大切な証拠を集める手助けになります。これらの証拠は事件の解明に役立つものですが、それを思い出すのがつらいと感じることもあるかと思います。もし服を変えたい、シャワーを浴びたいと思ったら、その服をビニール袋に入れて持参することができます!大切なのは、自分の心と体を大事にして、自分の心の声に耳を傾けることです。

「警察は私たちをどのようにサポートしてくれるの?」と思うかもしれません。 実は警察には、全国共通ダイアル(#8103)というサポートダイアルが用意されています。女性専門の警察官が応対してくれるかは、地域によることもありますが、女性に応対してもらいたい時は、遠慮せずに伝えてみてくださいね。

もし警察への相談を通じて、被害の申告や告訴が受理されると、公正な捜査が始まり、法の下での裁判が進められます。もし、刑事事件としての手続きが進まない場合や、一定の期間を超えてしまった場合でも、別の方法での対応を考えることもできます。事件の事実を明らかにするための捜査は、加害者に責任を問う大きな力となります。しかし、被害の詳細について話すのがつらいと感じる時もあるかと思います。そんな時は、『それについては話したくない』や『少し休憩を取りたい』と伝えても大丈夫ですよ。


プライバシーは大切にされる?

染矢さんに教えていただいたところ、被害の内容やどんな状況かによるようですが、警察の方々は心をこめて、被害者の家族をはじめとした大切な方々には知られないように、丁寧に捜査を進めてくださるそうです! 警察へのご相談の際にも、被害者の方の了承がない限り、家族に知らせることはありません。名前や事の内容を公にしないようお願いすることももちろんできますし、家族が関与している場合には、その方を匿名として裁判を行うことも可能だそうです。 さらに、染矢さんのお話では、被害者の方がまだ若い場合でも、被害を正式に申告する際、親御さんの了承は不要とされています。(ちなみに、2017年の法律の変更で、性的な犯罪に関しては、被害者の方からの申告がなくても訴えることができるようになりました!) しかし、性に関する暴力事件に、まだ若い方が一人で取り組むのは大変だと思います。安心と安全のために、捜査やサポートを受ける際には、信じられる大人の方々と一緒に進めることをおすすめします。また、18歳未満の方への性的な虐待は、児童相談所に報告する義務があるのです。

婦人科・産婦人科へ相談する

女性の健康のことで、通報することを望んでいないけれど、早めに緊急避妊薬をもらいたい、または体の治療を受けたいと思う場合は、婦人科・産婦人科に訪れてみてくださいね!そこで、医師や医療の専門家とお話しして、事件のことを伝えたいと思ったら、警察に相談することも考えられます。もし、体の性が男性の方でしたら、泌尿器科や皮膚科、または保健所で性的な感染症の検査を受けることができます。緊急避妊薬は、服用する時間が経つと効果が弱まってしまうので、できるだけ早く服用ことをおすすめします!大切なあなたのために、しっかりとケアしてくださいね。

性暴力被害者ワンストップ支援センターへ相談する

大変なことが起こったときや、何をすればいいのか分からない時は、性暴力被害者ワンストップ支援センターが心を込めてサポートいたしますので、どうぞお気軽にご連絡ください。 性暴力被害者ワンストップ支援センターは、全国共通のダイアル(#8891)にお電話いただくだけで、医療や福祉、法律などの必要なサポートを一緒に考えて提供いたします。全国どの地域にも支援センターがあり、心温かいスタッフがしっかりと寄り添ってお手伝いいたしますよ! もし大切な方が困っていたら、この情報を伝えることで、少しでも安心してもらえると嬉しいです。『こんなところで相談できるよ』と一緒に伝えてあげると、きっと支えになると思います! 専門的なサポートが必要なときは、性暴力被害者のためのワンストップ支援センターが安心してカウンセリングが受けられる場所を教えることもできます。各支援センターによっては、心のケアや法的な相談が「複数回無料」で受けられるところもあるようです!ただ、一部の医療機関でのカウンセリングは、有料の場合が多いようです。 また、自分の経験を共感してくれる人と共に経験を共有したいと感じる場合、自助グループに参加するのも一つの方法です。性暴力のトラウマやPTSDについての書籍を読むことも、自分の気持ちを理解する助けになると思います。


まずは気軽に話してみませんか?

性暴力の被害を受けたとき、気軽にワンストップ支援センター(#8891)に相談してみると、あなたの回復をサポートするための方法を教えてもらえます。または、ただ気持ちを話してみたい時は、気軽に「Cure Time」のチャットや「よりそいホットライン」などの相談窓口に連絡してみてくださいね。あなたの気持ちや悩みを共感してくれる人が待っていますよ!

男性も性暴力の被害に遭うことがあります

染矢さんによりますと、支援センターでは男性や性的マイノリティの方々への対応や研修が進化してきているそうですよ。特定の相談窓口はまだ少ないですが、地域によっては男性や性的マイノリティ向けの窓口も増えてきています。知らないだけで、助けを求める場所があるかもしれません。まずは問い合わせてみてくださいね。


また、自分を責めないでください。「大切なことは、性の被害は絶対に被害者の責任ではないということです。」と染矢さんは言います。自分を大切に、そしてしっかりとケアする方法を、染矢さんからのアドバイスとともにご紹介させていただきます。


大切な人が被害に遭遇した場合、その人をサポートするための方法や注意点


できること

  1. まず、被害者が自分から話すことを聞いて、先入観や判断を持たずに傾聴することが重要です。

  2. 被害者の真の感情や苦しみはその人だけが知っているため、軽く理解するような言葉は避け、「あなたはそう感じたのだね」という受け入れの姿勢を持つことが大切です。

  3. 被害者が相談したい場合や、被害届を出す際にはサポートとして付き添うことができます。また、自分を責めてしまう被害者には、「あなたは悪くない」と繰り返し伝えることが効果的です。


気を付けるべきこと

  1. 性暴力の被害は外見ではわかりにくく、被害者の心に深い傷を残すことがあります。そのため、被害者の反応や行動に対して、「なぜ逃げなかったの?」などの批判的な言葉をかけることは、避けることが重要です。

  2. 強制的に被害者の話を聞き出そうとするのは避けるべきです。さらに被害者を傷つける可能性があります。


被害者の心のケアやサポートは繊細なものです。適切な方法で寄り添うことが、その人の回復を助ける大切な一歩となります。


最後に

染矢さんから、心温まるメッセージをいただきました。 もし大変なことに遭遇したとしても、「どうするかは自分の意志で大丈夫」と安心してください。そして、1人での解決が難しくても、サポートという選択を通して、救われることもあります。必要な情報や助けを受けるのは、当然の権利ですよ!自分の健康と心の平和を第一に、自分の頑張りを褒めてあげてくださいね。 どんな小さな行動でも、その一歩を踏み出してみてはいかがでしょう?助けを求めるのは決して恥ずかしいことではありませんよ!「ここなら自分の気持ちを話せる」と感じる場所を見つけられることを心から願っています。そして、問題に直面した方が、自分を責めずに相談して、サポートを受けられる優しい社会を、皆さんと共に築きたいと思っています。



 

参考文献

  1. 男女共同参画局.性犯罪・性暴力とは.男女共同参画局.2016.https://www.gender.go.jp/policy/no_violence/seibouryoku/index.html,(20231025)

  2. ARISA ISHIMOTO.性暴力」とは?被害を減らすために今、私たちができること.COSMOPOLITAN.20220330.https://www.cosmopolitan.com/jp/trends/society/a39435167/sexual-assault/,(20231025)

  3. 北九州市.「性的同意」と「性暴力」.北九州市.20220927.https://www.city.kitakyushu.lg.jp/shimin/14700153.html,(20231025)

  4. ARISA ISHIMOTO.相談先は?自分や大切な人が「性暴力被害」にあったら.COSMOPOLITAN.20220330.https://www.cosmopolitan.com/jp/trends/society/a39303045/what-to-do-if-someone-was-sexually-assaulted/,(20231025)

  5. 埼玉県.ご家族や友人など身近な人が被害にあったら.埼玉県.20220202.https://www.pref.saitama.lg.jp/a0311/hanzaihigaisya/kazokunado.html,(20231025)

 

Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。


Comments


bottom of page