top of page

妊娠中のセックスとセルフプレジャー

以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


多くのカップルは、妊娠をするためにセックスに多くの時間を費やしますが、一度妊娠すると性生活はどうなるのでしょうか?特に女性は妊娠前と妊娠中の身体的・精神的変化が大きく、不安になることもあるかもしれません。

そのため、今回は妊娠中の性行為やセルフプレジャーの安全性や注意点 、そしてコツなどを共有します!

妊娠中の性生活に対する安全性について

妊娠中のパートナーとのセックスやセルフプレジャーに関する誤った情報などが多く出回っていますが、ほとんどの場合は安全です。ただし、いくつかの注意すべきポイントや、意識すべきポイントがあるため、それらをよく理解してからパートナーとのセックスを試みましょう。(医師からの指示がある場合はそちらを従うようにしましょう)


セックスについて

妊娠中のセックスはどれほど赤ちゃんに影響をするのか心配になりますよね。案外、私たちが思っている以上に赤ちゃんは動きや圧力に耐えることができます。お腹の中で赤ちゃんを包んでいる羊水と、子宮の強い筋肉が守ってくれるのです。また、挿入をしても、子宮頸部を越えて挿入することはないので、赤ちゃんへの直接的な影響はありません。

ただ、セックスは少なからず子宮への刺激になり、子宮の収縮(お腹の張り)につながります。セックス自体が、流産や早産に直接つながることはありませんが、子宮が刺激されたことでお腹の張りを感じたり、腟内が刺激されて出血したりする可能性があります。張りや出血がすべて危険につながるわけではありませんが、その症状だけで妊娠中は一気に不安になりますよね。そのため、余計な精神的ストレスを避けるのであれば、腟への挿入は避けた方がベターかもしれません。


セルフプレジャーについて

自分で腟を刺激するなどして快感を得て、性欲を満たすセルフプレジャー(マスターベーション)は妊娠中、行っても問題はありません。また、セルフプレジャーが直接的に流産の原因に繋がるとか考えにくく、赤ちゃんへの直接的な影響はありません。

ただ、先ほどもお伝えした通り、腟内への刺激をする場合は子宮の収縮(お腹の張り)につながりますので、不安な場合は挿入以外の方法でセルフプレジャーを試みましょう。

気を付けるべきポイント


コンドームを装着しよう

セックスから感染症になり早産・流産につながる危険性はあります。特に妊娠中は抵抗力が低下し、病気感染の危険も妊娠前よりも大きくなります。いわゆる性感染症の原因菌でなくても、感染症や炎症の原因になるので、妊娠中こそパートナーはゴムの装着が必要です。

また、精液中には子宮収縮のきっかけになる物質も含まれることからも、膣内射精は避けることをおすすめします。

楽な姿勢でセックスしよう

長時間の行為だと、体が冷えてしまうこともあります。また、うつ伏せや無理な体勢が長く続くと辛いこともあるので、自分が少しでも楽な姿勢であるようパートナーとコミュニケーションを取り、気を遣ってもらいましょう。

身体の状態が良くない時は控えよう

以下のような状態の場合、セックスは控えるようにしましょう:

・お腹の張りがあるとき

・不正出血があるとき

・腹痛を感じるとき

・つわりも含めた体調不良のとき

・多胎の場合

・胎盤位置の異常(前置胎盤など)がある場合

・その他、医師から安静を指示されている場合

パートナーとコミュニケーションを取ろう

妊娠中は、ホルモンバランスが変化し体調や気分など変動しやすくなります。「セックスはしたくない」という時に無理にパートナーとする必要はありません。そのため、パートナーへは自分の気持ちを伝えるようにするとお互いが不満にならずに過ごせるでしょう。

逆にセックスをしたい場合は、どのような姿勢が楽なのかなどをパートナーに伝え、お互いが気持ちよくセックスができるようにしましょう!


セルフプレジャーについて

コンドームの装着やグッズを清潔に保とう

セルフプレジャーを行う際、グッズや自分の手を使用する方が多いですが、先ほどお伝えした感染症や炎症を避けるためにもグッズや手を清潔に保つことを心掛けましょう。指用のコンドームも販売しているため、そちらを装着するのもいいかもしれませんね。

身体の状態が良くない時は控えよう

以下のような状態の場合は、セルフプレジャーは控えましょう:

・早産の兆候がある、または以前の妊娠で早産を経験したことがある時

・前置胎盤や子宮頸管無力症と診断されたことがある時

・不正出血がある時

また、医師から妊娠中の性行為を禁止された場合、その中に腟外の刺激は含まれるのかを可能な限り聞くとより安心かもしれません。

おすすめグッズ

セックスの時でも、セルフプレジャーの時でもグッズを使用してより楽しい性生活を送ってみるのはいかがでしょうか。妊娠中に使用するグッズを購入する際に選ぶべきポイントを説明します。

・滑らかなシリコン製のグッズ

シリコンはお手入れが簡単で、バターのように滑らかな質感で肌触りも最高です。フタル酸エステル、PVC、ビニール、ゼリー状のゴムを含むグッズは避けましょう。また、菌の繁殖を防ぐため、吸収性、スポンジ性、通気性のある素材も購入・使用しないように注意しましょう。


・リモコン式のグッズ

リモコン付きのバイブレーターや自動で振動をするハンズフリーのオプションのグッズであれば、大きなお腹が邪魔にならずより快適にグッズを操作することができます。

・腟外刺激用のグッズ

腟内への挿入により、不正出血を引き起こすこともあります。不安な場合はまずは腟外刺激用のグッズを購入し、腟内への刺激を避けるようにしましょう。

妊娠をしていても、性欲はありますし、逆に減少することもあります。一番大切なのはご自身の体調と向き合い、パートナーともコミュニケーションを取りながら性生活を送ることです!無理なく、快適な性生活を送ってくださいね。



 

参考文献

  1. WebMD.What Are Sex Positions During Pregnancy?.WebMD.20221213.https://www.webmd.com/sex/sex-positions-during-pregnancy,(20231025)

  2. Jessica Timmons.Masturbating While Pregnant: Is It Safe?.healthline.20160711.https://www.healthline.com/health/pregnancy/masturbation,(20231025)

  3. Emma O'Regan-Reidy.Can You Use a Vibrator While Pregnant?.The Bump.20230127.https://www.thebump.com/a/can-i-use-a-vibrator-while-pregnant,(20231025)

 

Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。

Comments


bottom of page