top of page

妊娠中の栄養

以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


①妊娠中の飲み物は?

この記事では、妊娠中に楽しく飲める安心な飲み物や、注意しなければいけない飲み物についてお伝えします。

妊娠中の食事についての情報を探していると、食べるものに気をつけることが多いですよね?でも、飲み物についても同じくらい気になりますよね?妊婦さんのためのおすすめの飲み物や注意点は、一体どんなものなのでしょうか?

妊娠中に何を飲むか、気をつけるべきかについて考えるとき、たくさんの疑問が浮かびますよね。例えば、妊娠中にお水以外で飲めるものは何でしょうか?朝のコーヒーは飲んでも大丈夫でしょうか?ソーダやエナジードリンクはしばらくお休みすべきなのでしょうか?

私たちは皆、水分補給の大切さを知っていますが、妊娠中は特にその大切さが増しますよね。そんな妊婦さんのための最適な飲み物を見つけるお手伝いとして、私たちは丁寧に研究し、専門家にもアドバイスをいただきました!

妊娠中に安全に飲めるものは何でしょう?

妊娠中の飲み物について考えると、やはり水が一番大切ですね!お水は私たちの生活に欠かせないものです。私たちの体は水分でできているので、自分でしっかりと補給してあげる必要があります。ただ、一人ひとり適切な水分量は異なります。

専門家によれば、「必要な水分量は人それぞれ。妊婦さんは、毎日8から12カップ分の水を飲むことをおすすめします。」とのこと。そして、妊娠後期になっていくと、その量も変わるかもしれません。

「なぜ妊娠中にたくさんの水を飲む必要があるの?」と思いますよね。実は、水分はあなたと赤ちゃんのためにとっても大切。専門家によると、「水は、赤ちゃんを守る羊水を作ったり、消化を助けたり、体内の栄養を運んだり、体の不要なものを排出するのに役立つんです。」とのことです。

そして、もし体がもっと水を欲しているなら、喉の渇きや尿の色で知らせてくれるそうです。脱水のサインとして、尿の色をチェックするのもいい方法です。もし透明や淡い色なら大丈夫。暗い黄色なら、もう少し水分を摂る必要があるかもしれませんね。

殺菌処理された牛乳

牛乳も妊婦さんにおすすめの飲み物です!牛乳は、カルシウムが豊富で、赤ちゃんの骨や歯の発育をサポートします。そして、ママの骨や歯も健康に保ちます。妊娠中に牛乳を飲む特別なタイミングはありませんが、夜寝る前に飲むと、よく眠れるかもしれませんね。

炭酸水

炭酸水には驚くべき効果が隠れていることを知っていますか?炭酸水は、妊婦さんにとって安全な飲み物とされ、初期の吐き気を和らげるお手伝いをしてくれるかもしれません。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは妊娠中に飲むのに良いと思われがちですよね。しかし、専門家の助言によれば、「ミネラルウォーターも安全ではありますが、毎日の主な水分源として頼りすぎると、体に良くない影響があるかもしれません」とのことです。

ジュースとスムージ

ジュースやスムージを飲むのも、妊婦さんには良い選択です。特に、ビタミンCをたっぷり含む柑橘類のジュースやスムージは、とても有益ですね!でも、専門家は「適量を守って飲むことが大切」と言っています。実際、果物そのものを食べる方が、多くの栄養を摂取できるそうですよ!

まとめると、妊娠中に飲むものを選ぶ際、専門家の助言を思い出して、適量を守り、ラベルをしっかりチェックすることが大切ですね。安全と健康を最優先に、妊婦さんも楽しい食生活を送ってくださいね!

―――――――――――――――――――――――――――――――――

② 妊娠中に意識したい食生活

妊娠中の栄養は、お腹の中の赤ちゃんの成長を支える大切なものですね!妊娠前と比べると、毎日約300カロリー多く摂取することが必要です。双子の場合は、さらに多く、毎日600カロリー増が良いでしょう。

妊娠初期には、吐き気や嘔吐を感じることがあるかもしれません。そんな時でも、バランスの良い食事を意識してみてくださいね。

妊娠中の食事で大切なポイント

いろいろな食べ物を取り入れて、必要な栄養をしっかりと摂取しましょう。甘いものや油っぽいものは少しだけにしてくださいね。

繊維がたくさん入っている食べ物、例えば、全粒粉のパンや野菜、果物を増やしてみましょう!繊維は自然の食べ物から取るのがおすすめですが、サプリメントでもOKです。ただ、サプリメントを使うときは、少しずつ増やして、お腹の調子を見ながら進めてくださいね。繊維を摂るときは、水分も忘れずに!

タンパク質

は、体の中で鉄分を助ける働きがあります。特に、肉や鶏肉、魚などの動物の食材からのものがおすすめです。健康のために、脂肪が少ないものを選びましょう。

脂肪

オリーブ油やナッツなどが良いですね!

ビタミンやミネラル

ビタミンのサプリメントもお役立ちですよ。お医者さんに相談して、適切なものを選んでくださいね。

カルシウム

毎日1,000-1,300ミリグラム必要です。乳製品やカルシウムが多い食べ物を増やしてみてくださいね!

鉄分

毎日27mgがおすすめです。赤身の肉やほうれん草などから摂れますよ!

赤ちゃんの脳や神経を育てるのに、ヨウ素も必要です。毎日220マイクログラムが良いでしょう。ただ、多すぎると良くないので、上限は1日1,100 mcgまでにしてくださいね。

葉酸

赤ちゃんの健康のためにとても大切です。毎日0.64 mgがおすすめです。

妊娠中に避けた方が良いもの

アルコールやカフェイン

カフェインの多い飲み物や食べ物も注意が必要です。人工甘味料や化学添加物も避けると良いですね。

妊娠中には複合炭水化物

複合炭水化物は、お腹の中の赤ちゃんが元気に成長するためのエネルギーを提供してくれるんですよ!さらに、お腹の調子を整えて便秘を防ぐ助けにもなりますね。

どんなものが複合炭水化物に含まれるのかと言うと、果物や野菜、オートミールや玄米、全粒のパンやパスタなどが挙げられますよ!

「低炭水化物」のダイエットは妊娠中にはちょっと心配…。

最近、低糖質ダイエットやケトダイエットのようなものが注目されていますね。しかし、妊娠中はそういったダイエットは控えた方がいいかもしれません。なぜなら、そういったダイエットをしていると、赤ちゃんに影響が出る可能性があるからです。例えば、葉酸という大切な栄養素が含まれる食品を取り入れることが難しくなります。

あなたの健康やお腹の赤ちゃんのことを考えて、最適な食事を選ぶことが大切ですね。不安や疑問があれば、専門家に相談してみるのもいいかもしれませんよ!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

③ 妊娠中の日々の食生活

妊娠という特別な時期には、あなたの体とお腹の中の赤ちゃんの体を守るために、食事の選び方が大切になってきますね!妊娠前、妊娠中、そして妊娠後、この三つの時期がとても大切です。でも心配しないでくださいね。箱や袋入りの食品や外食も、適切に選べば大丈夫!ちょっとしたガイドラインを参考に、バランスの良い食事を心がけてみましょう。

妊娠中には、つわりなどの影響で食事が沢山食べられない場合もあると思います。そのような時には、以下のようなものを一日数回少量ずつに分けて摂取すると良いでしょう。

・新鮮な果物や野菜を5回分(色鮮やかなオレンジ色や緑色のものも忘れずに!)

・全粒粉のパンやシリアルを6回分

・脂肪分が少ない牛乳や乳製品を3回分

・肉や魚などのたんぱく質を2〜3回分

・水をたくさん、コップ8杯分は飲む

とってもシンプルで、気軽に取り入れやすい食事のポイントですよね!妊娠中の方は体調や状態に合わせて、食事の時間や量を調整することができます。早朝のつわりが辛い方は、夜の食事をしっかりと。でも、胃の調子が悪いと感じたら、朝をしっかりと食べて夜は軽めに。大切なのは、自分の体を大切にすることです!カフェインは控えめにし、アルコールやタバコは避けることをおすすめします。健康的な妊娠のため、禁酒が最善の選択ですね。

体重のこと

妊娠中の適切な体重増加は、赤ちゃんの健康を守るためにも大切です。赤ちゃんが元気に育つための適切な体重増加を目指しましょう。ただし、増えすぎると、出産後の体型戻しも大変ですよね。少しずつ、ゆっくりと増やしていくことを心がけてください。

栄養の大切なポイントとして、「葉酸」もお忘れなく!食事から十分な栄養を摂るのは当然大切ですが、特に妊娠の初期には葉酸が必要です。この葉酸は、赤ちゃんの健康な成長をサポートしてくれる大切な栄養素です。

そして、出産後の食事も忘れずに。赤ちゃんが計画通りに、または突然のサプライズとしてやってきた場合でも、しっかりと栄養を摂り続けることが大切です。いつでも、新しい命のための準備をしておく心構え。素敵なママへの第一歩ですね!





 

参考文献

  1. Flo.Drinks for pregnant women: What can you drink while pregnant, and what should you avoid?.Flo.20221101.https://flo.health/pregnancy/pregnancy-lifestyle/nutrition-and-weight/drink-during-pregnancy,(20231025)

  2. WebMD.What to Eat When Pregnant.WebMD.20230929.https://www.webmd.com/baby/eating-right-when-pregnant,(20231025)

 

Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。

Comments


bottom of page