top of page

妊活について

以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


日本で、結婚や出産を遅くする人が増えてきたこともあり、子どもが欲しくても難しいと感じる方が増えてきましたね。そこで、疑問に思うのが「不妊」という言葉。一体どういう意味なのでしょうか?

一緒に探ってみましょう!


「不妊」とは?

-日本産科婦人科学会からの説明

日本産科婦人科学会の説明によれば、「子どもを欲しいと思いながら、特に避妊せずに1年間、普通に夫婦の関係を持っても子どもができない状態」ということです。実は昔、日本ではこの期間を2年としていたんですよ。でも、世界的な基準が1年だったので、2015年に日本も1年に合わせました。

最近は、仕事を持つ女性が増えたり、結婚を遅らせる人が増えたりして、高齢での出産が増えていますね。ですが、やはり年齢とともに子どもを授かる力が少し弱くなってくることもあります。そういう背景があるから、このような定義の変更がされたのですね。


女性が子どもを授かりにくくなる理由って?

「子どもができにくい」と一口に言っても、その理由は多岐にわたります。そして、それは女性の体の問題だと思われがちですが、実は「年齢」も大きく関わっています。特に、女性は34歳くらいを過ぎると、子どもを授かる力が少しずつ弱くなってくると言われています。


そして、病気として考えられるものもあります。 例えば、「子宮内膜症」という病気があります。これは、子宮の中の組織が子宮の外に増えてしまう病気で、近年増えていると言われています。この病気は、強い生理痛や性交痛を引き起こすことがあるため、注意が必要です!


また、「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」という病気もあります。これは、卵子がうまく育たなくなる病気で、生理が不規則になったり、肌のトラブルが起こったりします。


もちろん、男性側にも理由があることがあります。 実は、男性側の問題と女性側の問題、それぞれが約半分と言われています。男性の場合、精子の量や質に問題があることが多いです。また、性行為に関する問題や、年齢による影響も考えられます。


最後に、生活習慣との関係についてです。 コーヒーやたばこの妊活に対する影響はまだ明らかにはなっていませんが、気になる方は摂取を控えるのも一つの選択肢です。また、体重の管理も、お子さんを授かるためだけでなく、ご自分の健康のためにも非常に重要です!


不妊に関するお悩みや疑問がある場合は、専門家と相談することをお勧めします。一人で抱え込まず、専門的なアドバイスを求めてみることが、解決の第一歩になるかもしれませんね。あなたの健康と幸せを願っています!


Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。


Comments


bottom of page