top of page

妊娠中に関する疾患まとめ

以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


妊娠中は、体が弱っている時に問題が生じやすくなることがあります。例えば、お母さんが妊娠する前から体調が悪くなることや、妊娠中に新しく体調が悪くなることもありますね?これらの問題は、お母さんの心身にとっても重要です。大切な赤ちゃんを守るために、以下の症状に気をつけてみてくださいね!


妊娠中の問題やその治療方法


①妊娠高血圧症候群

妊娠中の高血圧、これについてはご存知でしょうか?妊娠すると、血圧が上がってきてしまうことがあるんです。悪化すると合併症を引き起こし、腹痛や出血、嘔吐につながり、お母さんと赤ちゃんの健康にも影響が出てきます。でも、心配しないでください!適切なケアで、お母さんと赤ちゃんを守ることができます。妊娠中の高血圧は複数種類があり、以下のように分類されますよ。

  • 慢性高血圧:妊娠前から血圧が高い場合、この症状に分類されます。

  • 妊娠高血圧:妊娠中に血圧が初めて高くなった場合、この症状に分類されます。このタイプの場合は産後6週間以内に治ることが多いです。

  • 妊娠高血圧腎症:妊娠中に発生する高血圧でタンパク尿を伴うものがこの症状に分類されます。この症状に関しては、他の高血圧とは異なる診断および治療が必要になります。

例えば、妊娠20週以降に初めて血圧が高くなる場合、これは「妊娠高血圧」と言われます。でも、出産後には治ることが多いです!医師からの処方薬でも治療が可能なので、もし、血圧が高くなってしまったら、安静にして、必要に応じて医師の処方する薬を飲んでくださいね。


②糖尿病合併妊娠、妊娠糖尿病

また、糖尿病も妊娠中に注意が必要です。大きな症状はありませんが、この状態が続くと妊娠高血圧につながったり、お母さんと赤ちゃんの健康にも影響が出てくることがあります。もしご自身やご家族に糖尿病の方がいれば、医師としっかり相談しましょう。食事や運動、そして必要な薬をうまく活用して、お母さんと赤ちゃんの健康を守ってくださいね。


③自己免疫疾患

そして、自己免疫疾患というのも、特に女性に多い病気の一つです。これも、妊娠中は注意が必要です。症状は様々で発熱や倦怠感、筋肉痛、呼吸困難を引きこ起こすこともあります。もし心配な症状があれば、迷わず医師に相談してください。低用量アスピリンなどの投薬による治療が可能です。一緒に最善の方法を見つけましょう。


④免疫性血小板減少症

最後に、血小板が少なくなってしまう「免疫性血小板減少症」についてもお伝えします。血小板は、体の中で大切な役割を果たしています。この病気になってしまうと、血が止まりにくくなり、内出血などの症状を引き起こし、お母さんと赤ちゃんに影響が出ることがあります。でも、投薬などの適切な治療で、お二人の健康を守ることができます!少しでも病気の可能性を感じたら医師に相談しましょうね!


妊娠中は様々な体の変化や心の動きがありますね。でも、一つ一つの問題に寄り添って、最善のケアを受けることで、安心して出産を迎えることができますよ。どんな小さな心配事も、専門家と一緒に解決していきましょう。お母さんの健康と、赤ちゃんの成長を応援しています!頑張ってくださいね!


Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。

Comments


bottom of page