top of page

産後の運動について



以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


約1年間、小さな命と一緒に体を共有した後、自分らしい気持ちを取り戻したい、運動をしたい!と感じるのは、当然のことだと思います。素晴らしいことに、特に問題なく出産を経験した場合、思っているよりも早く優しい運動を始められるかもしれません!


出産後、いつから運動をしてもいいの?

「出産後、いつから運動を再開してもいいのでしょうか?」と、疑問を持っている人もいると思います。もちろん、元気だと感じても、無理をせずに自分のペースで動くことが大切です!一般的には出産から6〜8週間後がおすすめですが、スムーズに出産が進んだ場合は、その直後からゆっくりと運動を開始しても大丈夫ですよ。ただ、具体的な運動の方法やタイミングについては、産院や病院の先生と相談するのがベストです。

最初は、ゆっくりと始めるのがオススメです!出産後、できるエクササイズはたくさんあります。何をどう始めるか、迷ったら医療の専門家にアドバイスを求めてみてくださいね。


経腟分娩後に試せる5つのエクササイズ

①深呼吸とお腹の引き締め

出産後、最初はゆったりとした深呼吸から始めてみましょう。寝ているときでも、座っているときでも、立っているときでも大丈夫です。どんなときでも、リラックスした状態で行えるんですよ!

息を深く吸ってお腹をふくらませ、息を吐きながらお腹の中心を引き締めましょう。お腹をぐっと引く感じで、背骨の方へと向かって力を入れるイメージです。そして、リラックスして息を吸い、お腹を膨らます。この動作を1日3回、10回ずつ繰り返しましょう。これで、お腹の筋肉がじわじわと鍛えられていくんですよ!


②骨盤を傾ける

次に、骨盤を傾ける運動を行ってみましょう。これは、出産後のお腹周りの筋肉をゆっくりと鍛えるのに最適な方法です。安心してください、痛みを感じるようなことはありません。 寝転んで、膝を90度に曲げて立ち、足を床にしっかりと置きます。そして、お腹の力を使ってゆっくりとお尻を持ち上げましょう。少しの間、その位置をキープ!この位置を10 秒間保持してから放します。10回繰り返します。時間をかけて最大20回繰り返します。

大切なのは、無理をしないこと。自分のペースで進めてくださいね。


③サイドプランク

通常のプランクエクササイズは、産後のカラダには少し難しいかもしれません。でも、サイドプランクなら、体に優しく効果的! 横向きに寝て、膝を曲げ、肘(まっすぐ伸ばさず曲がっていても大丈夫です。)で上半身を支えながら、体を持ち上げる動作から始めましょう。10〜15秒間押し続けてから、15秒間放します。3回繰り返します。60秒間その位置を維持できるようになるまで続けてください。反対側でも同じ手順を実行します。 無理せず、自分の体が許す範囲で大丈夫。少しずつ力がついてきたら、足を持ち上げたり、回数を増やしたりするなど次のステップに進んでみてくださいね!


④ブリッジ

こちらも体に優しいエクササイズです。仰向けに寝転がったまま、足を立て、お尻を持ち上げるだけ。10〜15回繰り返し、1分間休憩してから、さらに10〜15 回繰り返します。これで、骨盤周りの筋肉がしっかりと鍛えられますよ。 力を入れ過ぎず、リラックスしながら行ってみてください。ゆっくり地道に行いましょう。


⑤ベビーリフトスクワット

これは、赤ちゃんと一緒にできるエクササイズです。赤ちゃんを抱っこしながらスクワットをするだけで、お母さんの体力アップと、赤ちゃんとのスキンシップにもなりますよ!手順は次の通りです!


  1. 赤ちゃんを両手で前に抱きます。

  2. 足を腰幅より少し広めに開き、つま先を少し外側に向けて立ちます。

  3. 息を吸いながら腰を曲げ、膝が曲がり始めたらお尻を後ろに押します。

  4. 低い椅子に座るかのようにしゃがむときは、背筋を真っ直ぐに保ち、背骨が左右前後に曲がらないようにします。同時に赤ちゃんを抱き上げます。

  5. 立った姿勢に戻ります。

  6. 10回繰り返します。

一緒に楽しみながら、健康的な毎日を送りましょう。


帝王切開をされた場合

帝王切開の回復には時間が必要です。上記の5つのエクササイズは、医師から許可をもらった場合にのみ行ってください。多くの場合、出産後6週間以上経ってからこのようなエクササイズができるようになります。 無理をせず、医師のアドバイスをしっかりと守りながら、自分のペースでエクササイズを取り入れていくことが大切です。お身体を大切になさってくださいね。


まとめ

赤ちゃんとの新しい生活を始め、体型の変化が少し気になることもあるかと思います。でも、あなたの体は、本当にすごいことを成し遂げたのです!だから、焦らず自分のペースで、健康を意識した生活を楽しんでください。適切な食事や運動のしかたを見つけながら、自分を大切にする時間を持ちましょう。

運動や健康に関する情報を探す際には、専門家のアドバイスがとても役立ちます。上記の情報も、一つの参考としてくださいね。そして、具体的な疑問や不安があれば、医療の専門家に相談することを忘れずに。あなたの健康と幸せを心から応援しています!



2.妊娠中の体重を元に戻すための15のヒント

新しいママたちの中には、赤ちゃんを迎えた後の体型に少し気を使う方もいるかもしれませんね。でも大丈夫!私たちが体重を元に戻すための15のヒントをお伝えします。


出産後のあなたのカラダの変化

赤ちゃんを迎えると、体が少し変わるのは当たり前のこと。具体的にはどんな変化があるのでしょうか?妊娠中にあなたの身体を守ってくれたホルモンが、出産後もいろいろな役割を担っています。そのホルモンの働きの結果身体にいろいろな変化が起きます。その変化の多くはすぐに元に戻りますが、中にはなかなか元に戻らないものもあります。でもそれもすべて素敵な母親になるための過程です!

新しいママたちは、お腹のラインや腰回り、ふっくらしたお腹などの変化を感じることがあります。それはみんな共通の経験です。実は、出産後にちょっと体重が増えることもあるんです。

中には、「腹直筋離開」という状態を経験する方や、骨盤の筋肉が少し弱くなってしまうことも。そういったことの結果で、ちょっとした尿もれなど様々なことを経験するかもしれません。

でも心配しないでください!出産後の体重を戻す方法はあるんです。 出産後は、新しい生活が始まってわくわくする時期。でも、昔の体型を取り戻したいと思うこともあるでしょう。そのためのヒントをいくつか紹介しますね。


①現実的な目標を設定する

無理なく、体を大切にしながら少しずつ減量を進めることが大切です。急いで体重を落とそうとせず、自分のペースでゆっくりと進めていきましょう!母乳をあげるママは、食事の量やバランスにも気を付けて、赤ちゃんにも良い影響を与えるように心掛けてくださいね。


②パートナーや家族のサポートを受ける

一人で体重を減らすのはなかなか難しいことです。減量の目標についてパートナーと話し合い、二人でお菓子を食べる回数を減らすようにしたり、健康的な食事を一緒に取り入れたりするのもいいかもしれません。

また、赤ちゃんとベビーカーを引いて一緒に散歩に行くなど、一緒にリラックスしたり運動したりできる活動もあります。一緒に頑張ると、もっと楽しいし、励みにもなりますよね!サポートしてくれる人と、健康的な食生活や運動を共有してみては?


③優しくバランスの良い食事を楽しむ

食事を楽しむことも大切です。無理な食事制限をするとリバウンドなどの可能性があり、あまり効果的とは言えません。バランスの良い食事を心がけることが大事です。小さな食事や、健康的なスナックを取り入れるのもおすすめ!

また、食事を抜くと後で食欲が増す可能性もあるので、食事(特に朝食)は抜かないようにするといいでしょう。


④野菜や果物をたくさん摂る

食事の選び方が分からない時、ちょっとした変更から始めるのがおすすめです。そして、多くの野菜や果物を食べることは、健康や母乳の質にもいいことだと言えます!おすすめの食品は、以下のようなものです。


・低脂肪のヨーグルトやチーズ

・全粒のパン

・新鮮な魚

・低脂肪のお肉

・いろんな豆

・色々な種やナッツ

・玄米

・オレンジ

・たまご

・菜野菜


⑤産後に食べてはいけないものを知る

新しいママとして、健康的な食事の選び方が自分や赤ちゃんのためにとても大切です。ただ、健康的な食べ物を食べるだけでなく、出産後に食べてはいけないものも知っておく必要もあります。赤ちゃんを産んだ後は、疲れて睡眠不足になるため、不健康な食べ物を食べたくなることもあります。出産後に避けるべき食品は次のとおりです。


・飽和脂肪酸(例:バター、ラードなど)

・砂糖

・甘い飲み物

・加工食品

・揚げ物

・アルコール

・塩辛い食べ物


⑥ちょうど良い量の食事を心がける

食事の量を適切にコントロールすることが、体重を整える秘訣です!外食時には、多すぎると感じたら次の日のお昼ごはんに持ち帰るのもいいですね!


⑦食事前に水を飲む

水をたくさん飲むことは、食欲が満たされ新陳代謝が促進されるためとても健康的と言えます。食事前に1杯の水を飲むことで、食事の量を適切に保つ手助けになります。1日に1〜2L の水を飲むのが良い基準ですが、無理はしないようにしましょう。


⑧食事の選び方を工夫する

お菓子の選び方も大切です!甘いお菓子の代わりに、フルーツやナッツを選ぶと、体に良い成分を取り入れることができますよ。

また、アルコールはカロリーが高いので、控えめにすると体重管理に役立ちます。特に甘いドリンクは、高カロリーなので注意が必要ですね。体に優しい飲み物(水など)で代替するようにしましょう。


⑨いつ運動を始めるべきかを知る

もしかしたら産後に運動をしたくなるお母さんもいるかもしれません。それはとても健康的で素晴らしいことです!しかし産後すぐに運動をすると怪我をすることもあります。合併症のない経膣分娩の場合は、出産後数日から軽い有酸素運動(ウォーキングなど)を始められるかもしれません。

ただし、帝王切開をした場合や出産時に裂傷を負った場合は、数週間待つ必要があります。帝王切開で出産された方は産後運動をいつ開始するかについて積極的に医師に相談するといいでしょう。

妊娠中はおなかの筋肉が伸びるため、妊娠後のおなかのエクササイズは特にデリケートで、安全に行うまでには長時間待つ必要があります。まずは地道な栄養管理などから始めましょう。


⑩継続的な運動をする

継続的な運動をすると、産後の体重減少が期待できます!どんな運動を選ぶかは、あなたの好みや得意なことによるかもしれませんね。でも、運動を始める第一歩は、あなたの健康にとってとても重要です。出産後は、体を大切にして、ゆっくりと回復する時間を持ってくださいね?医師のアドバイスに耳を傾けて、安全に運動を再開してください。

ウォーキングやヨガのようなやさしい運動から始める新しいママも多いです!運動をするときは、バランスの良い食事と、しっかりとした休息を忘れずに!体を労わることも大切ですね。


⑪ストレッチを取り入れる

ストレッチを取り入れると、体が軽くなりますよ!たまに、筋肉が固くなったり、痛みを感じたりすることもあるかもしれません。でも、ストレッチをすることで、その痛みや固さを和らげることができます。筋肉がリラックスすると、気分も良くなりますよね?ヨガやケーゲル体操などもオススメ!


⑫パーソナルトレーナーやフィットネスクラスを検討する

一人で運動を始めるのは、少し勇気がいるかもしれませんね。そんな時は、トレーニングの先生やフィットネスのクラスを利用すると、もっと楽しく頑張れるかも!?水泳やヨガ、エアロビクスなど様々な運動で利用することができるため、近くで利用できそうな施設や人を探してみてもいいかもしれません。


⑬毎日の活動を増やす

日常の小さな活動も、体にいい影響をもたらします!エレベーターの代わりに階段を使うだけでも、カロリーを燃焼できるんです。子供と公園で遊ぶのも、楽しく体を動かせる絶好のチャンスですよ!


⑭睡眠を十分にとる

産後のお母さんは睡眠が足りないことがあるかもしれません。でも、しっかり休むことで、体重減少にも役立つんです!一晩の睡眠時間が7〜8時間ほどだと健康的です。睡眠をしっかり取ることで、健康にも良い影響があります。赤ちゃんが寝ている間に昼寝や、必要に応じて友達や家族を頼るようにしましょう!


⑮忍耐力を持つ

産後の体重減少は、少し時間がかかるかもしれませんね。でも、大切なのは焦らず、自分のペースで続けること。私たちはあなたの努力を応援しています!自分の体を大切に、健康を守ってくださいね。


まとめ

これら15のアドバイスが、新しいお母さんのための参考になれば嬉しいです。医師や栄養士との相談を通じて、あなたに合った体重管理の方法を見つけてくださいね。



3.帝王切開後にできる運動、できない運動

出産後、運動を始めたいと思うとき、色々な気持ちや心配事があるかもしれませんね?だって、出産は一人ひとり異なる経験ですから。安全に、そしてあなたのペースで回復するための運動や、もう少し待った方が良い運動について、一緒に考えてみましょう!


帝王切開とは

最近では、帝王切開での出産が増えてきています。2018年のデータでは、全世界の出産の21%が帝王切開でした。驚きですよね!でも、帝王切開は一般的になったとはいえ、大きな手術であることに変わりはありません。だから、十分な回復時間が必要です。


帝王切開後の運動について

帝王切開の後、運動を再開するのは膣分娩よりも少し待つべきです。無理をせず、自分のペースで回復してくださいね。無理をすると、体に負担がかかってしまうことも。大切なあなたの体を思いやりながら、運動を始めましょう。

いつ運動を再開しても良いか気になりますよね?帝王切開で出産した場合、産後6週間以上経った後、医師に相談した上で運動を再開するのがベストです。大切なことは、あなたの体の回復を第一に考えることです。

出産は大きな出来事です。だから、運動を再開するときも無理をせず、ゆっくりとしたペースで始めることが大切です。例えば、歩くなどのゆっくりとした運動から始めるのもいいでしょう。少しずつ体を動かすことで、気分も上がるかもしれません。

そして、医師の承認を得て運動を再開した後も、徐々に通常の運動に戻ることをおすすめします。帝王切開後の運動は、妊娠前とは少し違うかもしれませんが、それは全く問題ありません。大切なのは、自分のペースでゆっくりと進めることです。


帝王切開後の初めの6週間の運動

帝王切開後の初めの6週間は、激しい運動は避けるようにしましょう。そこで、以下のようなやさしい運動を試してみてはいかがでしょうか?


歩く:立ち上がって動き回れるようになったら、すぐに家の外に出て、周辺を数回歩いてみましょう。少し歩くだけでも、気分がリフレッシュされるかもしれません。

骨盤底筋運動(ケーゲル体操):これは、骨盤の筋肉を鍛える運動です。妊娠中にやっていた方も多いかもしれませんね。詳しい内容についてはインターネットで調べることや、flora内の記事で確認してみてください!

良い姿勢を心がける:背筋を伸ばして、背中をまっすぐにして、リラックスすることで、体の負担を減らすことができ、腹筋を鍛えることにもつながります。

軽いストレッチ:帝王切開の傷跡に負担をかけないように首、肩、腕、脚を伸ばすストレッチを行いましょう。無理せず、体を伸ばしてリラックスしてくださいね。

帝王切開後の腹部運動について

帝王切開後、腹部運動を再開する前に、腹筋に 2.7 センチ以上の隙間ができる腹直筋離開と呼ばれる状態になっているか確認することが大切です。


腹直筋離開のチェック方法

  1. 背中を平らにし、膝を曲げて床に横たわります。

  2. 首を持ち上げ、人差し指と中指を使っておへその上と下の腹筋を触ります。

  3. 2本の指の間の距離が2.7cm以上ある場合、腹直筋離開が発生している可能性があります。この状態になっている場合、一般的な腹筋運動やプランクを行う前に、医療提供者に相談することをおすすめします。


この状態は、妊娠中に筋肉が伸びることで起こることがあります。腹筋を鍛えるときは、ゆっくりと、そして優しく始めることをおすすめします。

出産後に特にお腹を小さくするためのエクササイズを探している場合は、体幹を鍛えながらもお腹を膨らませない筋力を鍛えるエクササイズを行うようにしましょう。最初はクランチ、腹筋運動、通常のプランクなどは避けてください。


オススメの帝王切開後の腹部運動

医療提供者の許可を得た後に、腹筋を強化するためにできるいくつかのエクササイズを以下にまとめました。


● 骨盤を傾ける:これは、出産後のお腹周りの筋肉をゆっくりと鍛えるのに最適な方法です。安心してください、痛みを感じるようなことはありません。 寝転んで、膝を90度に曲げて立ち、足を床にしっかりと置きます。そして、お腹の力を使ってゆっくりとお尻を持ち上げましょう。少しの間、その位置をキープ!この位置を10 秒間保持してから放します。10回繰り返します。時間をかけて最大20回繰り返します。大切なのは、無理をしないこと。自分のペースで進めてくださいね。

● サイドプランク:通常のプランクエクササイズは、産後のカラダには少し難しいかもしれません。でも、サイドプランクなら、体に優しく効果的! 横向きに寝て、膝を曲げ、肘(まっすぐ伸ばさず曲がっていても大丈夫です。)で上半身を支えながら、体を持ち上げる動作から始めましょう。10〜15秒間押し続けてから、15秒間放します。3回繰り返します。60秒間その位置を維持できるようになるまで続けてください。反対側でも同じ手順を実行します。 無理せず、自分の体が許す範囲で大丈夫。少しずつ力がついてきたら、足を持ち上げたり、回数を増やしたりするなど次のステップに進んでみてくださいね!

● 壁座り:このエクササイズは腹筋だけでなく足腰の筋肉を鍛えることもできます。やることは簡単!壁にゆっくり座るだけです!壁から少し離れたところに立ち、壁に背中を向けます。壁にもたれかかり、膝を90度の角度で曲げて座ります。お腹と骨盤の筋肉をできるだけ意識して動かし、その姿勢を保ちます。5回繰り返します。こちらも自分のペースでゆっくりと行ってくださいね!

帝王切開後の骨盤底筋エクササイズ

産後のエクササイズの中でも、特に骨盤底筋を大切に鍛えることが大切です!

妊娠中は、お腹の中で赤ちゃんを守っている骨盤底筋に大きな圧力がかかるんです。さらに、手術で赤ちゃんを迎えるためにいろいろな動きがあるので、その筋肉や臓器が疲れてしまいます。だから、その部分を優しく鍛えることがとても大切です。

帝王切開出産後に、こんなエクササイズをやってみるのはどうでしょう?


● ケーゲル体操: トイレを途中で止める感じで、どんな筋肉を使っているのか感じてみてください!その筋肉を使って、ゆっくりと収縮させて5秒間キープしてからゆっくりと解放します。これを10回、一日に数回試してみてくださいね。

● スクワット:足をちょっと広げて立って、ゆっくり膝を曲げていきましょう。ちょうど座る感じですね!太ももが地面と同じ高さになったら、そこでちょっと待って、ゆっくり戻ります。この動きを15〜20回続けてみてください。

● ブリッジ:これは、おしりと骨盤の筋肉を鍛えるのにとてもいいエクササイズです。マットの上に寝て、膝を曲げて足を床につけて、おしりを持ち上げてみましょう。ゆっくり上げて、数秒キープしてからゆっくり下ろします。これを10〜15回やって、ちょっと休んでからもう一セットやってみてくださいね。


腰を鍛えるエクササイズ

妊娠や出産は、腰にも大きな負担がかかるもの。そんな腰を優しく鍛えるための方法をいくつか紹介します。

産後すぐは、重いものを持つことや、激しい運動は控えてくださいね。そして、体の中心や骨盤の筋肉を大切に鍛えることを心がけましょう。 姿勢を良くして、背筋を伸ばして座ることを意識してください。 仰向けで寝るのは避けて、横になって膝の間にクッションを入れると、腰が楽になりますよ。 既に紹介したブリッジ運動は、腰を鍛えるのにとても効果的です!

さらに、腰をほぐすエクササイズとして、腰をゆっくりとねじる動きもオススメです。マットに寝転んで、膝を曲げたまま、ゆっくりと片方の方向に下げていきましょう。そのままちょっとキープして、ゆっくりと戻って、反対側もやってみてくださいね。


帝王切開後の有酸素運動

産後の体型を整えたいなら、有酸素運動はあなたのお友だちです!でも、ゆっくりと始めるのがコツです。

最初の4〜6ヶ月間は、軽い有酸素運動を試してみてはどうでしょう? 次の運動が特におすすめです!


● 散歩

● 水中での運動

● サイクリング

● エアロバイク


少しずつ体力がついてきたら、運動のレベルを上げていくことができますよ。


コンプレッションウェアの導入

コンプレッションウェアは、帝王切開の傷跡が治るまで保護する良い方法です!タイツ、ショーツ、コルセットの形で提供され、圧力が腹部の筋肉と腰をサポートし、手術からの回復に伴って血流を増加させます。産後の運動が不安な方はコンプレッションウェアを導入してみてもいいかもしれません!静脈瘤などの予防にもつながりますよ。

帝王切開後に避けるべき運動

ここまで帝王切開後にできる運動を紹介してきましたが、中には帝王切開後には避けるべき運動もあります。活発で衝撃の強い運動や特定の腹筋運動を再開するには、体が回復するまでに数か月かかります。ゆっくりと回復を待ちましょう。

帝王切開後数か月間は、次のようなトレーニングを避けるようにしてくださいね。

● シットアップやクランチなどお腹を膨らませる腹筋運動や、フロントプランク、レッグレイズ、自転車など腹壁に負担がかかる運動

● 縄跳び、スクワットスラスト、ジャンピングジャック、プライオメトリックエクササイズなどのジャンプを伴うエクササイズ

● 短距離または長距離の走り

● ボディスカルプティング、ズンバ、キックボクシングなどの激しいエクササイズ

● 帝王切開の傷跡を引っ張ったり、圧迫したりする運動

● 痛みを引き起こすあらゆる運動


アドバイスとして帝王切開後の運動を始めるとき、一番大切なのは、自分の体を大切にすることです。痛みや不快感がある場合は、無理せず、休んでください。そして、医師のアドバイスに従って、運動を再開してくださいね。また、産後の運動はマタニティブルーや産後うつの軽減にもつながることがあります!リフレッシュのためにも産後に運動を取り入れてみるといいでしょう。

まとめ

あなたが帝王切開で出産したとしても、運動は再開できます。大切なのは、無理せず、自分のペースで進めること。そして、医師のアドバイスに従うことです。あなたの回復を応援しています!頑張ってくださいね。



4.ケーゲル体操について知ろう!

ケーゲル体操は、私たちの体の中心部にある骨盤底筋を元気にするための運動です。簡単に言うと、お腹の中の大切な器官を支えてくれる筋肉を鍛える運動です。この運動をすることで、おしっこがもれることを予防したり、おならやうんちのもれを避ける助けになったり、さらには愛する人との大切な時間をより楽しむこともできるんですよ!産後の骨盤底筋のエクササイズとしても最適です!

ケーゲル体操の素晴らしい効果

私たちの骨盤底筋は、普段気にせず生活していると忘れがちです。しかし、年を重ねると、この筋肉が少し弱くなってきます。それにより、骨盤の中の器官が下がってくることがあるんです。この状態を骨盤臓器脱(POP)といいます。 POPになる要因としては以下のようなものが挙げられます。


● 妊娠

● 経腟分娩

● 骨盤にかかわる手術(帝王切開など)

● 遺伝

● 頻繁に笑ったり咳をしたりすること(骨盤内臓器が圧迫されることにつながります)


POPを防ぐためには、ケーゲル体操が効果的!ちなみに、男性もケーゲル体操ができます。これによって、おしっこやうんちのもれの悩みを解消することや、愛する人との大切な時間をさらに充実させることができるんです!

優しく始めるケーゲル体操の方法

まず、トイレでおしっこをしようとする時、一度出し始めたら止めてみてください。そこで感じる筋肉が骨盤底筋です! でも、注意してくださいね。トイレの時に毎回これを続けるのはおすすめしません。感染症になるリスクがあるからです。 初めはゆっくり、3秒間筋肉を締めて、3秒間リラックス。これを10回繰り返してみてください。10回を1セットとして、1日2〜3回行うようにしましょう。毎日少しずつ続けることで、体が慣れてきますよ。お仕事の合間や、テレビを見ながらでもできるので、生活に取り入れやすいです!

助けを求めることも大切

もし、ケーゲル体操の方法がわからない場合や、うまくできないと感じたら、専門家に相談してみてください。彼らはきっと親身にアドバイスをしてくれるはずです。また、特定のツールを使って、より効果的に運動をする方法もあるので、知識を増やしてみるのも良いですね!

ケーゲル体操の結果について

続けていると、数週間や数ヶ月でその効果を実感できる方も多いです。しかし、もし効果が感じられない場合や、不安がある場合は、再度専門家に相談してみてください。


ケーゲル体操を行う際の注意点

この運動はとても有益ですが、注意も必要です。特に、トイレ中に行ったり、過度に行ったりすることは避けましょう。また、定期的に続けることが大切です。もし疑問や心配事があれば、いつでも医師にご相談くださいね。あなたの健康や安全を第一に考えて、正しい方法でケーゲル体操を楽しんでください!

まとめ

以上がケーゲル体操についての説明でした!ケーゲル体操は産後の運動としても最適です。ですが、無理をせず自分のペースでゆっくりと行うことが大事です!困ったことが出てきた場合や、結果が実感できなければ無理に続けず、医師に相談しましょう!あなたの回復を応援しています!頑張ってくださいね。



5.産後ヨガのメリット

出産を終えたばかりの皆さま、本当にお疲れ様でした!身体も心もきっと疲れていることでしょう。産後のヨガは、そんなあなたを優しくサポートします。このヨガは、身体の回復と心の安らぎのためのもの。心と体のストレスを減少させる助けとなりますよ。

産後、少し時間が経ったらヨガを始めることができますが、体調や状態に合わせて始めてくださいね。


産後ヨガって?

産後ヨガは、身体に負担をかけない優しいヨガです。出産後の体にはいろいろな変化がありますよね?このヨガは、そんな身体の回復をサポートします。特に出産後の3ヶ月間、その効果を感じられることでしょう。


産後ヨガにはこんな素敵な効果があります!


● 心が安らぐ

● 不安や落ち込みが減少

● イライラや怒りが和らぐ

● 元気を感じる

● 体の緊張が和らぐ

● リラックスできる


産後ヨガを試してみるべき理由

ヨガは、心と体のバランスを整えるためのもの。新しい命の誕生、それは大きな変化ですよね?産後ヨガは、その変化を乗り越えるための一助となります。心も体もリフレッシュして、赤ちゃんとの新しい生活を楽しむお手伝いをします。


出産後に気持ちが沈むこと、様々な感情が高ぶることもあるかもしれません。そんな時、産後ヨガは心のサポートとなります。もし、強い気分の変動や、赤ちゃんとの絆づくりに不安を感じてしまうこと、普段とは違う食生活や睡眠の変化、以前まで楽しんでいたことへの興味喪失などの症状を感じたら、専門家に相談することをおすすめします。あなたの気持ちを理解してくれる人が必ずいます!


ただ、産後ヨガを始める時は、無理をしないことが大切です。あなたのペースで、ゆっくりと始めてください。痛みや違和感を感じたら、無理せずに休むことも大切ですよ。


産後ヨガの流れの1例を以下にまとめました。それぞれのポーズの詳細についてはインターネットでポーズの名前を検索して調べてみてください。


  1. 深呼吸で心と体をリセット

  2. お腹に大きく息を吸い込み、体幹を意識する

  3. 猫と牛のポーズで腰を伸ばす

  4. チャイルドポーズでお腹を引き締め、血流を促進する

  5. 壁に脚を上げるポーズで体をリセット

  6. 産後ヨガ用の亡骸のポーズで体を休める


また、赤ちゃんと一緒にヨガもおすすめです!赤ちゃんとの絆を深める時間として、また新しいママ同士の交流の場としても楽しめますよ。


安全にヨガを楽しむためのポイント

産後ヨガは、体をゆっくりと動かし始める方法の一つです。ただし、無理をしないように気をつけてくださいね。特に、妊娠中にお腹が大きくなった影響で、体の一部が変わっているかもしれません。そういった部分を強く動かす前に、ゆっくりと筋肉を伸ばしていくことが大切です。


産後ヨガを始める前に、医師や専門家と相談することも大切です。安全にヨガを楽しむためのポイントを以下にまとめました!


● あなたの体調とペースに合わせてヨガを進めてください。

● 体の違和感や痛みを感じたら、無理せずに休むこと。

● 産後の変化を理解し、体に無理をかけないようにすること。

● 専門家のアドバイスを受け入れること。


まとめ

産後ヨガは、心と体のバランスを整える素晴らしい方法の一つです。新しい生活を楽しむためのサポートとしてヨガを始めてみてはいかがでしょうか?安心・安全に楽しむために、体調や感じる違和感に注意しながら、ゆっくりと始めてくださいね。新しい生活を全力で楽しむためのサポートとして、ヨガは最適です!



6.産後マッサージのメリット

出産、本当にお疲れ様でした!これからは愛らしい赤ちゃんのお世話が始まりますね!しかし、自分自身のことも大切にしてくださいね。妊娠中は体がたくさんのことを乗り越えてきました。少しの休息とゆったりとした時間を取って、自分を大切にすることも大切ですよ!

産後マッサージは、心も身体もリフレッシュさせてくれるすばらしいものです。もしも、出産で悲しい経験をされた方も、このマッサージが体の回復をサポートしてくれますよ。

もっと産後マッサージの詳細や、注意点などについて知りたい方は、どうぞ読み続けてくださいね!

産後マッサージとは?

マッサージは、心も体もリラックスさせる素敵な方法として、長い間愛されてきました。産後マッサージは、新しいママをサポートして、心地よい回復を促進してくれます。

出産後のマッサージの効果をいくつかご紹介しますね!


筋肉をほぐす:産後マッサージは、筋肉をほぐして心地よくさせてくれます。深いマッサージや優しいタッチ、どちらも選べるので、あなたの好みに合わせて選んでくださいね!

痛みを和らげる:出産後の疲れや筋肉痛などのあなたの痛みを産後マッサージは和らげてくれます。

ホルモンのバランス:出産後、女性のホルモンバランスは大きく乱れます。マッサージはそんなホルモンバランスを整え、気分を整えます。

腫れを和らげる:妊娠中に増えた体液を、マッサージでリンパの流れや血液循環を促進することで効果的に処理することができます。

心地よい睡眠:赤ちゃんのお世話は大変ですよね。マッサージは、疲労を和らげ、より良い睡眠のためのお手伝いをしてくれます。

授乳をサポート:産後マッサージは母乳の分泌をサポートしてくれると言われています。赤ちゃんのためにも、ぜひ試してみてくださいね。


新しいママをサポートするためのマッサージ

出産の後、多くの女性が「ベビーブルー」という心の変化を感じることがあります。不安や悲しみ、体の変化など、いろいろなことが気になる時期です。他にも産後うつや筋肉痛など心身ともに疲労する時期でもあります。

しかし、マッサージはそんな新しいママをやさしく包み込み、元気を取り戻すお手伝いをしてくれます。専門家が、心地よく回復するための方法を教えてくれるでしょう。

産後マッサージの受け方

出産後のマッサージは、出産後12週間以内に受けるのがおすすめです。安心して、自分の体を任せられる専門家に相談してみてくださいね。

もちろん、何か気になることや心配事があれば、医師にも相談することをおすすめします。

産後マッサージの注意点

マッサージは血流を良くする効果がありますが、いくつかの点で注意が必要です。特に高血圧や妊娠中毒症、最近の手術や負傷など、何か気になることがあれば、事前に医師と相談してくださいね。また、マッサージを受ける場所を選ぶ際には、清潔で、信頼のおけるセラピストがいる場所を選んでください。

まとめ

産後マッサージは出産による様々な疲れを癒してくれます。新しいママのための時間、心も体もリフレッシュするマッサージを、ぜひ体験してみてくださいね!



 

参考文献

  1. Dr. Anna Targonskaya,.15 Tried-and-true Tips to Lose Pregnancy Weight Fast and for Good.Flo.20181102.https://flo.health/being-a-mom/adjusting-to-motherhood/weight-and-body-image/tips-to-lose-pregnancy-weight,(20231025)

  2. Natalia Viarenich, MD.5 Exercises to Reconnect with Your Body After Vaginal Delivery.Flo.20210311.https://flo.health/being-a-mom/adjusting-to-motherhood/weight-and-body-image/exercises-after-normal-delivery,(20231025)

  3. Dr. Anna Targonskaya,.Exercise After Cesarean Delivery: What Is and Isn’t Safe.Flo.20211126.https://flo.health/being-a-mom/recovering-from-birth/postpartum-problems/exercises-after-cesarean-delivery,(20231025)

  4. webMD.Kegel Exercises.webMD.20220811.https://www.webmd.com/women/kegels-should-i-do-them,(20231025)

  5. webMD.Benefits of Postpartum Yoga.webMD.20230423.https://www.webmd.com/baby/benefits-postpartum-yoga,(20231025)

  6. webMD.Benefits of Postpartum Massage.webMD.20230419.https://www.webmd.com/baby/benefits-postpartum-massage,(20231025)

 

Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。




bottom of page