top of page

産後に関する疾患まとめ


以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。

産後、ママたちの身体はたくさんの変化を経験しますね!どんなことが起こるのでしょうか?そして、どう対応するのが良いのでしょうか?


子宮復古不全(悪露など)

産後の子宮は、元のサイズに戻るのに少し時間がかかることがあります。血のような分泌物が続くことも。もし、血の固まりが出る(悪露)などの心配な症状が続く場合、安心のために専門家に相談しましょう。


膀胱炎、腎盂炎

産後は、おしっこのトラブルも気をつけたいポイントですね。清潔に保つことと、おしっこをためすぎないようにしましょう!もし、おしっこした後に残尿感や痛み、発熱や腰の痛みを感じることがあれば、お医者さんに相談しましょう。


乳腺炎

時々、おっぱいが詰まったり、乳首からの感染でおっぱいが痛くなることがあります。乳首を清潔にし、傷つけないようにするケアで、予防しましょう!しこりができたり、高熱が出たりするなどの何か変わった症状があれば、専門家に相談することをおすすめします。


恥骨のゆるみ

出産の際、骨盤が開いたりすることがあります。少しの間、ゆっくり休むことで、徐々に良くなりますよ!


痔、脱肛

出産時に力んでしまうことで、痔になりやすくなります。便秘や下痢で悪化することがあるので健康的な食生活や、冷え対策を心がけましょう。


妊娠高血圧の後遺症

妊娠中に高血圧のトラブルを経験した方は、産後も注意が必要です。次回の妊娠のためにも、定期検診を受けたり、食事や生活を整えるなどしっかりとしたケアを心がけましょう。


産褥熱

出産時に小さな傷ができることがありますが、その傷から細菌に感染することによって発熱などの症状を招くことがあります。清潔に保つことで、安心して過ごせますよ!


産後うつ病

赤ちゃんが生まれた後の数週間や数カ月にわたって、心がとても重く感じる状態を指します。この大切な時期にこんな気持ちになるのは、本当に大変ですね。


もし、以前にうつ病の経験がある場合は、産後うつ病になるリスクが少し高まります。心がとても沈んでしまったり、突然涙が出たり、怒りやすくなったりすることがありますね。日常のことが辛くなり、赤ちゃんに対する気持ちが冷めてしまうことも。赤ちゃんが生まれてから2週間以上、このような気持ちが続く場合、心の専門家と相談することをおすすめします。


多くの方には、心のケアや薬の治療が助けとなることが多いです。さらに、赤ちゃんが生まれて3日以内に感じるちょっとした悲しみは「マタニティーブルー」と呼ばれるもので、多くのお母さんが経験します。その気持ち、大丈夫ですよ!ほとんどの場合、2週間ほどで自然と落ち着くものです。


産後うつ病は、その気持ちがもっと深刻で、日常生活に困難を感じることが多いです。お母さんたちの中で、約10~15%の方がこのような状態になることがあります。とても稀ですが、さらに深刻な「産後精神病」という状態も知られています。


産後うつ病の症状

心がとても沈む、涙が止まらない、怒りやすい、とても疲れる、よく眠れない、頭痛がする、何にも興味を持てなくなる、などがあります。日常生活が辛く感じることや、赤ちゃんに対して過度に心配すること、自分が赤ちゃんのお世話をできないと感じることもあります。こんな気持ちになると、自分を責めてしまうこともあるでしょう。でも、あなたは一人ではありません。大丈夫です!


お父さんも、こうした状態になることがあります。夫婦間の関係にも影響が出ることがあるので、お互いの気持ちを理解し合うことが大切です。


治療を受けないと、この状態が数カ月から数年も続くことがあります。過去に経験がある方は、再度同じような気持ちになることもあります。心のケアや薬の治療がおすすめされます。運動やマッサージ、特定のサプリメントも気持ちを和らげる助けとなります。


とても稀ですが、「産後精神病」という状態では、専門の病院での治療が必要となることもあります。赤ちゃんと一緒に過ごせるような環境がいいですね。


授乳をしているお母さんは、薬を飲む前に必ず医師と相談してください。多くの薬は授乳中でも安心して使えるものです。


何よりも、あなたの気持ちは大切です。家族や友人、専門家のサポートを受けて、少しずつ前向きな気持ちを取り戻してください。あなたは素晴らしいお母さんです!


Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。



bottom of page