top of page

5:パーソナライズレポート

あなたのレポート

※本レポートは、医師が監修したアンケート及び採点方法に基づき、Floraが独自に解説・アドバイスを記したもので、診断等の医療行為ではありません。


PMSについて

あなたのPMSスコアは前回同様、比較的低い傾向にあります。

時々私生活への影響を感じるものの、酷く影響されることはあまりないかもしれません。ただし、これまでのあなたのアンケートの回答を見ると、生理中はPMSスコアが強くなる傾向にあります。


PMSは周りの環境やストレス、摂取する食べ物によっては悪化することもあるため、生理中はより一層自分の精神的・身体的な変化に着目をして過ごすといいでしょう。


また、万が一今よりも症状が悪化した場合は、我慢せず、病院への受診をお勧めします。

PMS:月経前に起こり月経時に消えていく不快な症状が日常生活にさしつかえるほど症状がひどい場合に月経前症候群(PMS)と診断されます。

PMSスコア:PMSの大きさを6段階で評価して頂いた結果の合計を「PMSスコア」と定義しています。



あなたにおすすめのケア

PMSが比較的低いとはいえ、全くないわけではありません。そのため、PMS症状の緩和やストレスの改善に良いとされる有酸素運動を行うことをおすすめします。


推奨する有酸素運動は、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどです。これらの運動を1回20分〜1時間、週3回行うだけでも効果があるため、生活の中に運動時間を取り入れてみるのはいかがでしょうか。PMS症状が軽くても、定期的に運動をすることで健康増進や精神的なストレスに最適です。


生理痛について

あなたの生理痛スコアは前回のレポート同様、比較的低い傾向にあります。


仕事や日常生活においても、生理痛に伴う不快感や制約がほとんどないでしょう。ただし、生理痛は急に悪化する場合もあります。その場合は、遠慮せずに病院での受診をしましょう。また、一時的な対処法としては痛み止めの服用もおすすめです。

生理痛スコア:生理痛の大きさを6段階で評価して頂いた結果を「生理痛スコア」と定義しています。


あなたにおすすめのケア

生理痛による違和感を少しでも未然に防ぐために、生理前〜生理中は温かい飲み物を飲んだり、断熱素材の入った洋服を着て身体を温める意識をしてみましょう。


身体の冷えは身体中の血行を悪くさせます。それにより、子宮の筋肉が硬く凝り固まり、生理痛の悪化に繋がるのです。特に生理前〜生理中は意識的に下腹部や腰回りを温め、血行を促すようにしましょう。特に、以前配布させていただいた「腹巻きインナー」は簡単に身体を温めることができるため、引き続きご活用ください!


また、半袖などを着ている場合でも空調により身体が冷える場合があります。その際は、薄い長袖のジャケットなどを持ち歩き、体温調節できるようにしましょう。

Comments


bottom of page