top of page

1:パーソナライズレポート

あなたのレポート

※本レポートは、医師が監修したアンケート及び採点方法に基づき、Floraが独自に解説・アドバイスを記したもので、診断等の医療行為ではありません。


更年期について

あなたの更年期スコアは比較的やや高く、また、あなたの傾向として、特に血管運動神経系の症状に関連する症状が重いと考えられます。


あなたの傾向としては、特に腰や手足が冷えやすく、息切れ、動悸がするなどと感じる事が多いかもしれません。酷く更年期症状に生活が左右されるようであれば病院での受診を強くおすすめします。病院を受診することで、よりいきいきと生活することができ、ストレスなく快適に過ごす事ができるかもしれません。


その他にも、医師の診察を受け、生活指導、カウンセリング、薬物療法などを受けるといいかもしれません。

更年期スコア:更年期症状の大きさを0〜14段階で評価して頂いた結果の合計を「更年期スコア」と定義しています。



あなたにおすすめのケア

動悸を感じた際は、ひとまず深い腹式呼吸を行なってみて下さい。ゆっくり大きく鼻から吸い、お腹に空気をいれるようにお腹を膨らませ、時間をかけ吸った空気を吐き出してお腹をへこませましょう。何度か繰り返しながら、肩の力を抜いてリラックスします。ハンカチやティッシュにアロマオイルを1滴落としてその香りをかぎながら深呼吸するのもよいでしょう。


動悸や息切れは自律神経の乱れにより発生している可能性が高く、日頃から自律神経を整えるように意識しながら生活をするといいかもしれません。例えば、休日と平日も寝る時間や起きる時間を変えずに生活をしたり、1日3食きちんと摂るなどです。無理のない範囲で日々の生活からこのような習慣を取り入れてみましょう!


頭痛について

あなたの頭痛スコアは比較的やや高い傾向にあります。


更年期に関する頭痛の可能性もあるため、生理期間中は頭痛の対策をとる意識をより一層高めた方がいいかもしれません。月経に関する頭痛の特徴としては一般的な頭痛よりも症状が長引き、痛みが強い事です。


また、一時的な対策としては頭痛薬を服用すなどもありますが、あまりにも症状がひどい場合は、病院の受診もおすすめします。受診をすることで、頭痛の緩和に繋がる場合もあるため、生理前〜生理中はより快適に過ごせるようになるかもしれません。

頭痛スコア:頭痛の大きさを6段階で評価して頂いた結果を「頭痛スコア」と定義しています。


あなたにおすすめのケア


頭痛を少しでも緩和するために、頭痛を感じた際は安静にし、こめかみを冷やすようにしましょう。


こめかみを冷やすことで、頭痛を緩和させることができます。また、痛む箇所がこめかみではない場合は、痛む箇所を冷やすようにしましょう。また、同時に身体を安静にさせることも効果的です。座ったり、横になるなど落ち着く体勢を取れる場合は積極的にこれらの体勢をとるようにしましょう。

bottom of page