だるい月経期を乗り切る方法とは?


生理中になんとなく体がだるくなることはありませんか?これは月経痛の症状のひとつかもしれません。

目次

・月経痛(生理痛)の原因 ・月経痛の症状はプロスタグランジンのせい

・痛みが酷い時に考えられる病気

・月経期の倦怠感の対処法

・良質な睡眠をとる方法


月経痛(生理痛)の原因

月経痛の原因はいくつかあります。一般的には下の4つがあげられます。


子宮を収縮させるプロスタグランジン

月経痛は、生理の際に経血を押し出すために子宮が収縮する事で生じます。

子宮を収縮し、痛みを生じさせる働きを持つプロスタグランジンという物質があります。プロスタグランジンが過剰に分泌されると、子宮が強く収縮し、痛みも強く感じてしまいます。


子宮口の狭さ

若い女性や出産経験のない女性に多い理由に、子宮口が狭く経血がスムーズに外に流れないため、痛みが生じてしまうことがあります。経血を外に流すために、子宮が過剰に収縮して経血を押し出そうとするため、痛みを感じてしまうのです。この場合は、生理の回数を重ねたり出産を経験したりする事で子宮口が柔らかく広がりやすくなるため、月経痛が軽減される事もあります。


血行不良

身体が冷えたり、同じ姿勢を長時間続けたり、ストレスを発散せずに溜めてしまう事で血行不良が生じます。血行不良になると、痛みに対して敏感になります。血流の低下が続くと、筋肉や皮膚など身体の組織へ酸素が十分に届かなくなったり、また新陳代謝が悪化したりして、痛みを感じやすくなってしまいます。


ダイエット

無理なダイエットをされている方も月経痛が酷くなる可能性があります。

生理の際にはエネルギーを必要とするため、十分な栄養が摂れていないと身体が耐えられず月経痛に至るのです。


月経痛の症状はプロスタグランジンのせい


月経痛は生理の直前から生理中にかけて子宮が収縮するため、下腹部や腰に痛みを感じやすくなります。

頭痛・胃痛・吐き気・めまい・下痢なども、生理の際に放出されるプロスタグランジンが、様々な臓器の筋肉を収縮させる事で生じる月経痛の症状です。


痛みが酷い時に考えられる病気

多少の痛みは生理的な現象です。しかし、痛みが尋常ではなく、「鎮痛薬の服用回数や量が増えてきた」「鎮痛薬が効かなくなってきた」「日常生活に支障が出るほどの痛みを感じる」などのような症状がある場合は、月経困難症を疑ってください。

月経困難症を引き起こす原因には子宮内膜症子宮筋腫といった病気が隠れている場合もあります。


「生理は痛みに耐えるもの」と痛みを当たり前だと我慢していると、病気を見過ごしてしまうかもしれません。上記のような症状がある方は、婦人科に相談してみてください。婦人科に行くことはハードルが高いかもしれませんが、病気を見逃して悪化し、人生に大きな害が生じてしまうことを考えると、少しでも早く診断を受けて欲しいです。


月経期の倦怠感の対処法


倦怠感を解消するためには、以下の5点を意識し心身ともに休ませることが大切です。特に良質な睡眠が大切です。

  • 炭水化物・ビタミン・ミネラル・タンパク質・脂質の5大栄養素を意識したバランスのよい食事を心がける

  • 1日30分程度の有酸素運動やスクワットなど適度な運動を取り入れる

  • 息抜きの時間をつくりストレスを緩和させる

  • 38~40℃くらいの温度で入浴する

  • 良質な睡眠を心がけ、疲労から心身を回復させる

なかでも睡眠の向上は、成長ホルモンを分泌させ全身をメンテナンスする働きを促すためにも、見直したいポイントです。全部をいきなりやるのは難しいので、睡眠だけでもトライしてみてください。


良質な睡眠をとる方法

良質な睡眠をとるためには、体温・メラトニン・睡眠リズムの3つが重要です。どれも整えることは難しくありません。


1.体温

就寝時には、体温が上がっていると眠りにつきずらくなってしまいます。寝る前に運動などの興奮することや、熱いお湯に入るなど、体温の上昇を招く行動は控えておくと、眠りにつきやすいです。


2.メラトニン


メラトニンは、眠気を誘う「睡眠ホルモン」と呼ばれているホルモンです。強い光を見ると、人間はメラトニンの分泌を止めてしまい、眠りづらくなります。寝る前にコンビニに行ったり、スマホを見たりするとメラトニンの分泌が止まるので、出来るだけ避けましょう。


3.睡眠リズム

人間には睡眠リズムがあります。昼寝や夕方に30分以上の仮眠をとってしまうと、夜安定した眠りにつくことが妨害されてしまいます。疲れて眠い日も、少し踏ん張って22時まで耐えましょう。