生理の時のつらい腰痛を和らげる方法とは?


生理のときに腰が痛くなってしまうのは、月経痛の症状のひとつかもしれません。

目次

・月経痛(生理痛)の原因

・月経痛の症状

・生理痛が酷いときに考えられる病気

・腰痛の予防法

・腰痛になってしまったら?


月経痛(生理痛)の原因

月経痛の原因はいくつかあります。一般的には下の4つがあげられます。


子宮を収縮させるプロスタグランジン

月経痛は、生理の際に経血を押し出すために子宮が収縮する事で生じます。

子宮を収縮し、痛みを生じさせる働きを持つプロスタグランジンという物質があります。プロスタグランジンが過剰に分泌されると、子宮が強く収縮し、痛みも強く感じてしまいます。


子宮口の狭さ

若い女性や出産経験のない女性に多い理由に、子宮口が狭く経血がスムーズに外に流れないため、痛みが生じてしまうことがあります。経血を外に流すために、子宮が過剰に収縮して経血を押し出そうとするため、痛みを感じてしまうのです。この場合は、生理の回数を重ねたり出産を経験したりする事で子宮口が柔らかく広がりやすくなるため、月経痛が軽減される事もあります。


血行不良

身体が冷えたり、同じ姿勢を長時間続けたり、ストレスを発散せずに溜めてしまう事で血行不良が生じます。血行不良になると、痛みに対して敏感になります。血流の低下が続くと、筋肉や皮膚など身体の組織へ酸素が十分に届かなくなったり、また新陳代謝が悪化したりして、痛みを感じやすくなってしまいます。


ダイエット

無理なダイエットをされている方も月経痛が酷くなる可能性があります。


生理の際にはエネルギーを必要とするため、十分な栄養が摂れていないと身体が耐えられず月経痛に至るのです。


月経痛の症状はプロスタグランジンのせい

                 ー図①ー          

月経痛は生理の直前から生理中にかけて子宮が収縮するため、下腹部や腰に痛みを感じやすくなります。

頭痛・胃痛・吐き気・めまい・下痢なども、生理の際に放出されるプロスタグランジンが、様々な臓器の筋肉を収縮させる事で生じる月経痛の症状です。


痛みが酷い時に考えられる病気

多少の痛みは生理的な現象です。しかし、痛みが尋常ではなく、「鎮痛薬の服用回数や量が増えてきた」「鎮痛薬が効かなくなってきた」「日常生活に支障が出るほどの痛みを感じる」などのような症状がある場合は、月経困難症を疑ってください。

月経困難症を引き起こす原因には子宮内膜症子宮筋腫といった病気が隠れている場合もあります。


「生理は痛みに耐えるもの」と痛みを当たり前だと我慢していると、病気を見過ごしてしまうかもしれません。上記のような症状がある方は、婦人科に相談してみてください。婦人科に行くことはハードルが高いかもしれませんが、病気を見逃して悪化し、人生に大きな害が生じてしまうことを考えると、少しでも早く診断を受けて欲しいです。


腰痛の予防法

                 ー図②ー

腰痛は、座り仕事や立ち仕事を長時間行っている人であれば、誰でも発症する可能性があります。特に、運動不足だったり無理な姿勢を長時間続けていたりすると、腰痛が発症しやすくなるので要注意です。


・筋トレをする

腰痛を予防するには、腹直筋・腸腰筋・腰方形筋といった3つの筋肉を鍛えることがおすすめです。仰向けに寝て膝を立て、ゆっくりと状態を起こす腹筋や、腹ばいに寝て両肘を立て、限界まで状態を起こしてその姿勢を5秒キープするストレッチなどを行うと筋肉を鍛えられます。


・体を動かす

長時間同じ姿勢を取らず、たまには体を動かすのも効果的です。

筋力不足の場合はコルセットを締めて補助機能とするのもいいでしょう。


・姿勢を意識する

正しい姿勢も腰痛予防には効果的です。

猫背や出っ尻は、腰痛の原因になるので背筋をまっすぐ伸ばして首から腰にかけて自然とS字を描くような姿勢を取りましょう。

座っているときは、お尻が背もたれに密着するように深く腰掛けて背筋を伸ばしてお腹を引っ込めてください。

重いものを持つときは、膝をついて腰を落とし、中腰にならないようにして持ち上げましょう。


腰痛になったら?

腰痛になった場合、椅子に座ったまま腰を左右に捻ったり、四つん這いになって息を吐きながら背中を丸めたり伸ばしたりしてください。

何をやっても腰痛が治まらない場合や、重いものをもったときに激しい痛みが走った場合などは病院を受診してください。