生理前に食べすぎてしまう原因とは?


生理前はついつい食べ過ぎてしまうことはありませんか?それは生理前に見られるホルモンバランスの変化の影響かもしれません。


目次

・生理前の黄体期は過食になりやすい

・過食を防ぐリラックス方法

・過食を防ぐためのおすすめの食べ物

・過食を防ぐリラックス方法


生理前の黄体期は過食になりやすい

黄体期とは、排卵が終わってから次の月経が開始するまでの期間を指します。この時期には、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量をプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が上回り、女性の体に様々な不調を及ぼします。

図①過食を防ぐための規則正しい食事、おすすめの食べ方

止まらない食欲を無理やり抑えるのはストレスを感じ、食べ過ぎたときは罪悪感を覚えます。どうしても食欲が止まらない方は、食べるものや食べ方を工夫し、満腹感を得られるようにするとよいでしょう。以下3つの方法をぜひ実践してみてください。



  1. 水分を吸収して膨らむ水溶性食物繊維(海藻系)を積極的にとる。

  2. よく噛んでゆっくり食べて、満腹中枢を刺激する。

  3. 1回の食事量を減らし食事の回数を増やして空腹感を感じないようにする。

それでも食欲が抑えられないときは、高タンパク質・低脂質・低糖質で、さらに食物繊維が豊富な食べ物がおすすめです。納豆や豆腐、ゆで卵やキャベツ、鶏むね肉などを積極的に取り入れましょう。


過食を防ぐリラックス方法



食欲が増加したときは、適度な運動やストレッチをしてゆっくり過ごしましょう。有酸素運動や自律神経を整えるヨガを取り入れるのもおすすめです。交感神経が作用し、一時的に空腹になりにくい状態になります。


またゆっくりぬるめのお風呂に入ったり、お気に入りのアロマで心身を癒やしたり、体をリラックスさせると、セロトニン(幸せホルモン)が分泌されやすくなります。セロトニンは食欲にブレーキをかける効果があります。


この記事を参考にしながら、無理のない範囲で対策しましょう!

黄体期に豊富に分泌されるプロゲステロンは、妊娠しやすい状態を作るために体内へ水分や栄養をため込みやすくする作用を担っています。


更に、プロゲステロンが増加することで、食欲を調節するホルモンであるインスリンの効果が弱まってしまいます。すると正しく満腹感が得られず、食事量は足りてるのに、空腹を感じてしまうことがあります。このように、黄体期には食欲のコントロールが難しくなる理由があるため、過食に繋がる人が多いようです。


過食を防ぐためのおすすめの食べ物

止まらない食欲を無理やり抑えるのはストレスを感じ、食べ過ぎたときは罪悪感を覚えます。どうしても食欲が止まらない方は、食べるものや食べ方を工夫し、満腹感を得られるようにするとよいでしょう。以下3つの方法をぜひ実践してみてください。

  1. 水分を吸収して膨らむ水溶性食物繊維(海藻系)を積極的にとる。

  2. よく噛んでゆっくり食べて、満腹中枢を刺激する。

  3. 1回の食事量を減らし食事の回数を増やして空腹感を感じないようにする。

それでも食欲が抑えられないときは、高タンパク質・低脂質・低糖質で、さらに食物繊維が豊富な食べ物がおすすめです。納豆や豆腐、ゆで卵やキャベツ、鶏むね肉などを積極的に取り入れましょう。


過食を防ぐリラックス方法

食欲が増加したときは、適度な運動やストレッチをしてゆっくり過ごしましょう。有酸素運動や自律神経を整えるヨガを取り入れるのもおすすめです。交感神経が作用し、一時的に空腹になりにくい状態になります。


またゆっくりぬるめのお風呂に入ったり、お気に入りのアロマで心身を癒やしたり、体をリラックスさせると、セロトニン(幸せホルモン)が分泌されやすくなります。セロトニンは食欲にブレーキをかける効果があります。


この記事を参考にしながら、無理のない範囲で対策しましょう!