top of page

月経期に来る吐き気への対処法とは?


生理の時に吐き気を感じる方は多いのではないでしょうか?今回は、生理中に吐き気がする仕組みや、よくある疑問、その対処法などについてご紹介していきます!

目次

・生理中に吐き気がするのはなぜ?

・生理中の吐き気、妊娠の可能性はある?

・生理中の吐き気が酷い時に考えられる病気

・吐き気を感じたらどうする?


生理中に吐き気がするのはなぜ?

生理中の吐き気がするのは、プロスタグランジンというホルモンの分泌量が増加するためです。

プロスタグランジンには、生理中に経血をスムーズに流すために子宮の収縮運動を大きくさせる作用があります。これに加えて、プロスタグランジンは、胃や腸の働きを活発にする働きがあります。プロスタグランジンの働きにより胃や腸が異常収縮しするため、吐き気や気持ち悪さを感じることがあるのです。

プロスタグランジンは、経血がスムーズに流れ出ていれば、分泌量はそれほど多くなりません。しかし、冷えで子宮周辺が血行不良となったり、ホルモンバランスが乱れていたりして、経血の流れが滞っていると体がもっと子宮を収縮させようとして、プロスタグランジンがより多く分泌されるようになります。

このように、生理中に吐き気があったり、嘔吐してしまったりする人は、プロスタグランジンが過剰に分泌されていると考えられます。


生理中の吐き気、妊娠の可能性はある?

本当に生理が来ているのであれば妊娠に必要な子宮内膜が経血として排出されてしまうので、妊娠している可能性はありません。ただし生理だと思っていた出血が「排卵出血」や「着床出血」などの不正出血の場合もあります。この場合、妊娠の可能性もあります。

生理中にいつもは感じない吐き気を感じたとき、妊娠の可能性を確かめるためには、まず基礎体温をチェックしてみてください。基礎体温は、朝目覚めたとき、身体を動かさず寝たままの状態で検温することで確認することができます。基礎体温は、排卵前は低温期、排卵後は高温期という二相に分かれます。基礎体温は生理の開始とともに低温期となることが特徴の1つです。

その出血が本当に生理であれば、上のグラフのように高温期から低温期へとすでに移り変わっているはずです。もし出血中も高温期が続いているならば、生理ではなく不正出血である可能性、つまり妊娠している可能性もあります。その場合は生理開始予定日から1週間を過ぎたタイミングで、妊娠検査薬を使って調べてみてください。


生理中の吐き気が酷い時に考えられる病気

生理の度に吐き気を感じたり、生理中の吐き気が酷かったりするときは婦人科系の病気が隠れている恐れがあります。


子宮内膜症

「子宮内膜症」は、子宮内膜が子宮以外の場所にできてしまう病気です。吐き気や嘔吐を感じる人が25%程度いるという結果もあります。


月経困難症

子宮内膜症などの疾患がみつからない場合でも、吐き気がひどくて日常生活に支障をきたしている場合は、「月経困難症」と診断されることもあります。月経困難症は子宮の収縮運動を大きくさせるプロスタグランジンの過剰分泌が原因と考えられています。これをプロスタグランジンの生成を抑える薬の服用や、低用量ピルの服用で排卵を抑えるなどして治療を行います。


吐き気を感じたらどうする?

①空腹にならないようにする

生理の時は具合の悪さから食欲が低下し、食事のバランスが崩れてしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、空腹になることで吐き気が強くなることが多いので、できるだけ空腹状態にしないことを意識しましょう。生姜やミントは吐き気を抑えるのに効果的な食べ物のためおすすめです。

②ツボを押す

「今すぐ吐き気を抑えたい」という場合は、膝の少し下にある「足の三里」というツボや、手を握った時に人差し指と中指が当たる部分に当たる「労宮」というツボを押しても効果が期待できます。

この他にも、

・安静にして楽な姿勢で横たわり、気持ちを落ち着かせる

・お腹をゆっくりとマッサージして胃の動きを落ち着ける

・十分な睡眠をとる 

などしてみてください。

bottom of page