仕事中のつらい生理に効く応急処置や制度活用



目次

・生理痛で仕事に支障が出る女性は多い

・急な生理痛にちょっと効く応急措置

・眠気にはツボ押しも効果的

・思い切って生理休暇を使おう

・生理に負けずに輝こう!

生理痛で仕事に支障出る女性は多い

生理痛が仕事に支障をきたす女性は多くいます。Floraと日生との調査によると生理痛と


急な生理痛にちょっと効く応急措置

仕事中に生理痛になってしまった!次の会議にはどうしても出たい!そんな時に、ちょっとだけ、生理痛を楽にする方法もあります。


実は生理痛の原因のひとつには骨盤内の血行不良があると言われています。

背中を丸めた姿勢は自然と力も入ってしまうため、骨盤周囲の血流が悪くなってしまいます。骨盤を立てることで血流の流れを改善し生理痛が和らぐ効果が期待できます。

また、長時間同じ姿勢でいることも血行不良の原因になります。

可能でしたら一度立ち上がったり、軽いストレッチを行うことがオススメです。


また、カイロなどを使って体を温めるようにしましょう。

冷えが原因で血行が悪くなり、生理痛の原因になってしまいます。

お腹だけではなく、温めると生理痛に効果的な場所は他にも多くあります。

(1) 首:体全体を温める

(2) 仙骨:下半身の血流を良くする

(3) 足の付け根:下半身の血流を良くする

眠気にはツボ押しも効果的

生理中や生理前にはどんなに寝ても、眠気に悩まされることはありませんか?

日中の眠気には30分程度の軽い昼寝を取ることが有効ですが、会議中などにはそうもいかないはずです。

そんな眠気にはこんなツボがおススメです

晴明(せいめい):左右の目頭の上で、かつ少し鼻寄りにあるツボ

太陽(たいよう):こめかみからすこし目じりに寄ったツボ

風池(ふうち):くびの後ろにある、髪の生え際あたりにあるくぼみ

思い切って生理休暇を取ろう

仕事でベストなパフォーマンスをするためには、体調不良のときにはしっかり休養を取ることも大切です。

労働基準法では「生理時の就労が著しく困難な女性」のために生理休暇という制度があり、生理痛がひどいときに休暇をとることは労働者の権利となっています。

基本的には口頭で申請することができ、医師による診断書などは必要ありません。


しかしまだまだ生理休暇や生理自体への理解が社会全体で進んでおらず、申請へのハードルが高いかもしれません。

そんなときは、最初から生理休暇を申請するのではなく、生理による不調を相談してみるとよいかもしれません。生理痛が辛い、ということ自体を理解してもらえるのではないでしょうか。


上司の理解が得にくい場合は、医師による診断書を提出することも有効です。生理痛は医師も認める辛い病気なんだということを証明できます。


また人事労務などに相談することも有効です。生理休暇は法律に定められている制度であり、企業が断ることはできません。


生理に負けずに輝こう!

女性活躍が進んでいるとはいえまだ、生理などの女性ならではの不調への理解は得にくいのが悲しい現状です。

生理に負けず、自分の最大のパフォーマンスを発揮できるようにしましょう!