top of page

更年期で経験する症状とは?

以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


更年期症状について

個人差はありますが、50歳前後の年齢で閉経を迎え、この閉経の時期をはさんだ前後10年間(一般的に45〜55歳頃)を更年期といいます。

年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下し、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌が急激に減少することでホルモンのバランスが崩れ、心身にさまざまな不調をもたらすのです。


ただ、更年期の症状はエストロゲンの減少だけでなく、心理的な要因(仕事や家庭環境など)も複雑に関与するため、個人差が激しく、全身のあらゆる箇所にあらわれます。


閉経前と閉経後での違いは?

閉経前

卵巣がまだ月経を調節し、卵巣ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の分泌が変動的であるため、症状は不規則で予測が難しいことがあります。


閉経後

卵巣が月経を停止し、卵巣ホルモンの分泌が大幅に減少するため、症状はより一貫したものとなり、重症度が増すことが一般的です。


しかし、個人によって症状は異なり、閉経前から閉経後にかけての遷移期にも症状が変動することがあります。更年期の症状は個人差が大きく、一般的な傾向に従うことはあっても、全ての女性に当てはまるわけではありません。症状がどのように現れるかは個人の生活スタイル、遺伝子、健康状態などに影響を受けます。医師と相談し、適切な治療法や対処法を見つけることが重要です!


更年期の症状、具体的には?

更年期症状は身体的症状と精神的症状に分けることができます。日本人女性に多く見られる症状を以下に記載したので、ご自身に当てはまるか確認してみてください!


身体的症状

  • 頭痛

更年期症状と関連する頭痛として代表的なものには片頭痛と緊張型頭痛があります。


「頭の片側だけガンガンと激しく脈を打つように痛い」「体を動かすと痛みが酷くなる」などの痛みの場合は片頭痛の可能性があります。原因としては、エストロゲンの減少が明らかな誘因の1つとして考えられています。

片頭痛はエストロゲンの「ゆらぎ」が激しい閉経前に悪化し、エストロゲンの変動が抑まる閉経後には軽快します。月経に関連する頭痛症状のある方は、閉経前に片頭痛が悪化するリスクが高いと言えます。


「長時間同じ姿勢でいると頭がキューッと痛くなる」「肩こりと一緒に頭も痛くなってくる」などの痛みの場合は緊張型頭痛かもしれません。この種類の頭痛が発症する原因としては、疲労や長時間同じ姿勢でいることによる血流の低下とされています。閉経後に症状が変わらない、または悪化したと訴える女性が多いですが、エストロゲンの影響については未だ不明な点も多いです。


  • 肩こり、腰痛、背中の痛み

肩周辺が痛んだり、こわばったり、だるくなったりする症状で、肩だけでなく首から背中にかけての部分にも症状が表れやすくなります。肩がずしっと重い感じや腰の痛みが強くなったり軽くなったりなどの症状を経験することがあるでしょう。

肩こりは、肩甲骨から首の間の筋肉が緊張して、血行が悪くなり、乳酸などの疲労物質が筋肉の中に溜まることで生じます。


腰痛も、腰の骨に負担がかかり、血行が妨げられ乳酸が溜まって生じます。

また、骨格がゆがんで神経を圧迫することで、痛みが出る場合があります。


さらに、女性は男性に比べて、肩の周りの筋肉や腰の周りの骨を支える筋肉が弱いために、症状が出やすいのです。特に更年期以降では加齢による筋骨格系の老化と様々なストレスなどの社会的背景から肩こりが増加すると考えられています。


  • ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)

閉経前から多くなり、女性の6割程度が経験するといわれ、そのうち日常生活に支障を来すほど重症になるのは1割程度と考えられています。症状としては、2~4分間持続する熱感と発汗を自覚し、脈拍が増加します。ほてりや発汗は顔面から始まり頭部・胸部に広がり、顔面のほてりや発汗のみの場合もあります。


エストロゲンの減少によって、血管の収縮や拡張をコントロールしている自律神経が乱れることによって起こります。ホルモン以外の原因としては、暖かい部屋でのドライヤーの使用などが誘因(トリガー)となることもあります。辛いときは医師に相談しましょう!


精神的症状

  • イライラ感

更年期になると、以前は気にしなかったことやちょっとしたことにイライラしたり、怒りやすくなるなど、感情のコントロールが難しくなることがあります。些細な出来事に腹が立ったり、突然焦燥感にかられたりするでしょう。


セロトニンは、神経伝達物質の1つでストレスホルモンと言われるノルアドレナリンをコントロールし、精神を落ち着かせ、「幸せホルモン」とも呼ばれています。

セロトニンの生成に関わる女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、セロトニンが不足し、感情がコントロールできずにイライラするようになります。また、社会や家庭での様々なストレスにより、自律神経のバランスが崩れることも要因となります。どうかご自身を大切にして生活してくださいね。


  • 憂うつ感

更年期の症状として、うつ症状や不安症状が出現します。

症状としては以下のようなことがあげられます:

  • 物事に対してほとんど興味がない、または楽しめない

  • 気分が落ち込む、憂鬱になる、または絶望的な気持ちになる

  • 疲れた感じがする、または気力がない

  • 寝つきが悪く途中で目が覚める、または逆に眠りすぎる

更年期による卵巣機能の衰退は、エストロゲン減少により視床下部・下垂体の機能に変調を来し、自律神経症状をはじめ、内分泌系や免疫系の失調症状、精神神経症状などを引き起こします。また、更年期は女性にとって心理・社会的にも不安定で様々な環境の変化に直面します。そのため、全年齢を通して最もストレスを受けやすい時期と言われています。

多くの女性はこのような様々な変化を受け入れ葛藤を自分で処理していきますが、一部の女性ではこれらの喪失感から自己評価が低下し、抑うつ気分、病的不安が引き起こされやすくなります。一人で悩まず、辛いときには周りの人や専門の医師に助けを求めてくださいね。


更年期症状は身体的にも、精神的にも不調をもたらし症状と上手く付き合うのにしばらく時間がかかるかもしれません。私生活や働く上で支障が出る場合は婦人科を受診しましょう!1人で悩みを抱えずに、医療機関に助けを求めることも大切です。


Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。


Comments


bottom of page