top of page

[記事配信用] 更年期の受診について





更年期症状によって体調が変化することは決して珍しくありません。更年期症状の治療法は確立されており、「更年期障害」と診断されたら多くは保険適用で治療を受けることができます。しかし、病院に行くのが怖い場合もありますよね。そのため今回は受診をする前の心構えとして、診察の流れや診療の方法、そして費用について解説します!


更年期に関する受診について

更年期の不調は「婦人科」に相談すると良いでしょう。もし耳鳴りやめまいなど、何か特定の不調が強く出ている場合は、他の病気の可能性を考えて専門の科を受診することをおすすめします。検査をして何も問題がなかった場合は、改めて婦人科に相談するのがいいでしょう。


婦人科の診察室ではどんなことをするの?

クリニックによってフローは異なりますが、基本的には以下の通りです。また、特定の医者や希望(「女医を希望したい」など)がありましたら、予約時または受付で伝えましょう!また、不安に思っていることやどのような施術に抵抗があるのかを受付や先生に伝えておくとより安心して受診をすることができますし、先生もできる範囲で寄り添いながら診察をしてくれるはずです。


問診と血液検査

更年期の検査方法はクリニックによって異なりますが、基本的には、問診、内診、超音波検査や細胞診、血液検査です。「血液検査」では採血をして、ホルモンレベルや、コレステロール値をチェックし、体にどんな変化が起こっているのかを調べます。


内診や超音波検査

大きな病気を見逃さないよう、血液検査の他に「内診」「超音波検査」なども行うのが一般的です。まずは病気がないか確認し、問題がなければ更年期の治療に移っていきます。「内診に抵抗がある」「内診があるなら行きたくない」という人は、それをクリニックに相談してみるのもいいでしょう。お腹からの超音波検査や血液検査で内診をせずに診察が可能な場合もあります。大きな病気が、受診を躊躇しているあいだに進行してしまわないように少しでも早めに検査を受けてみることが大切です!


内診って具体的に何をするの?




  1. ズボンや下着を脱いで内診台にあがります。この時は脱ぎ着しやすいスカートやゆったりとしたズボンを履いていた方がスムーズに脱ぐことができます。膝下の靴下やストッキングはそのままで問題ありません。スカートの場合は腰上にたくしあげておきましょう。

  2. 内診台に上がります。この時は基本的には内診をする先生と患者さんとの間にはカーテンがかかっており、内診中に顔を合わせることはありません。ですが、見えないのが逆に不安という方は カーテンを開けていて欲しいと先生にお伝えください!

  3. 内診台は電動で、数10cm程上がります。この時は動かず、静かに待つようにしましょう。

  4. その後、先生が指や器具を使用して内診を始めます。説明なしにいきなり挿入したりすることはありませんので、ご安心ください。

怖く感じるかもしれませんが、嫌がって力を入れてしまうとかえって痛くなることもあります。不安な場合は、看護師さんに手を握ってもらう、深呼吸をするなどリラックスをしてみましょう。


また、挿入する器具はいずれも数ミリ〜数センチ程度の大きさです。検査時に痛みがあまり無いように作られています。


オンライン診療について





実際に病院に行かなくても、オンライン診療で更年期症状を治療する方法もあります。時間がなく、忙しい方や遠方に住んでいる方にとっては便利ですね。最近ではオンライン診療を行っている産婦人科も増えてきているので、オンライン診療も更年期症状の治療をする一つの手段です。


診療の特徴としては以下の通りです:


● 婦人科専門医が診察をし、直接更年期の相談に答えてくれる

● ビデオ通話での相談、診察、処方が可能

● 処方箋を郵送してもらえる

● 日曜、祝日も受診できる


主な診察の流れとしては以下の通りです:

  1. 予約をする(専用ページから保険証、クレジットカードの登録)

  2. 当日の予約時間に診療ページまたは専用アプリを立ち上げ、接続して待機する

  3. ビデオ通話で受診する

  4. 登録をしたクレジットカードで決済

  5. 処方箋の郵送(病院によってはお薬を配送してくれるところもある)


また、オンライン診療を利用する際は以下の費用がかかることがあります:

(各クリニックによって異なります)

● 予約料

● システム使用料

● オンライン診察料

● 処方箋料


合計で2000円程かかると言われています。


いかがでしたか?受診をするのも抵抗があるかもしれませんが、更年期症状の改善や緩和を手助けしてくれるのが医療機関です。「我慢は美徳」と考えずに、少しでも生活に支障をきたすようでしたらぜひ病院を受診してみてくださいね。


Comments


bottom of page