top of page

更年期に関する疾患まとめ

以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


更年期とは何でしょう?

「閉経」とは、卵巣の働きが次第に減って、最終的に月経が止まることを言います。月経が来ない月が1年以上続いたら、その1年前を「閉経」と呼ぶんですよ。日本の女性の平均的な閉経の年齢は50歳くらいですが、人それぞれで、40歳台前半で閉経する方もいれば、50歳台後半での方もいますね!

閉経前後の10年間を「更年期」と言います。この時期に出るいろんな体の変化の中で、他の病気と関係ないものを「更年期症状」と呼びます。そして、その中で日常生活に影響が出るくらいの症状を「更年期障害」と言います。そんな更年期障害についてこの記事では紹介していきます!


更年期障害が起きる原因って?

女性ホルモンが少なくなることが一つの大きな原因です。でも、加えて、年齢や体の変化、過去の経験や性格、そして職場や家庭の人間関係など、いろいろなことが関わってくるんです。


具体的にはどんな症状が出る?

症状は3つの大きなグループに分かれます。


①体が温かくなる症状

ほてったり、顔が赤くなったり、急に汗をかいたりする症状です。


②身体的な不調

めまいや、心臓がドキドキする感じ、胸の圧迫感、頭痛、肩のこり、背中や腰の痛み、関節の痛み、体が冷えたり、手足がしびれること、疲れやすさなどがあります。


③心の変化

気分が下がったり、やる気が出なかったり、ちょっとイライラしたり、感情が不安定になったり、寝付けないことも。


更年期障害の特徴は、こんなにたくさんの症状が出ることです。でも、他の病気との違いをしっかり確認することが大切です。


治療方法は?

更年期障害の原因は複雑ですから、まずはしっかりと問診を受けることが大事です。そして、生活の見直しや、心のケアをすることが考えられます。それでも良くならない時には、薬を使うことも考えられますね。

薬による治療の種類は大きく3つです。


①ホルモン補充療法

これは、ホルモンの減少を補う治療です。特に、体が温かくなる症状に効果的ですが、その他の症状にも効くことが知られています。飲み薬、貼り薬、塗り薬など様々な種類があり、医師や専門家と相談しながら最適な治療法を探すことが大事です。


②漢方薬

体全体のバランスを整える効果があります。更年期の方に対しては、「婦人科三大漢方薬」とも呼ばれる当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・加味逍遥散(かみしょうようさん)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が主に用いられます。冷え性や貧血症状の方は当帰芍薬散、不安や不眠などに悩まされている方は加味逍遙散、のぼせや腹部などの圧迫感を感じる方は桂枝茯苓丸がおすすめです!


③心の薬

心の症状が強い時には、心を落ち着かせる薬が使われることもあります。抗うつ薬・抗不安薬・催眠鎮静薬などが主に用いられます。例えば、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)などの新規抗うつ薬は副作用も少なく、ほかのカラダが温かくなる更年期症状にも効果があります。


女性の平均寿命が長くなっている現代、更年期は人生の中間点です。この時期の変化を、信頼する産婦人科医と協力して乗り越え、次の人生を楽しく、元気に過ごす手助けをしましょう!


Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。

ความคิดเห็น


bottom of page