top of page

セクシュアルハラスメントとは


以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


セクシュアルハラスメントとは、何だと思いますか?

セクハラとは、私たちが「性的嫌がらせ」と言うものを指す言葉ですね。

例えば、「髪の毛や肩を突然触ること」や「愛人になってほしいと強く言うこと」などの不快に思う言動がこれに当たるでしょう。こんな言動が、言った人にとっては冗談のつもりでも、もし相手が傷ついたと感じたら、セクハラだと思われることもあるんです。


「セクハラ」という言葉には、きちんとした法律の定義があります。そして、もし自分が被害を受けたと感じたら、訴えることも考えられるでしょう。企業の皆さんも、「こんなことを言ったり、したりしたら、問題になるかもしれない」ということを一緒に理解し、気をつけていきましょうね!


セクハラの定義

セクハラ問題が生じた場合、男女雇用機会均等法の定義に従って判断されます。3つのポイントがあるため、一緒に確認していきましょう!


「職場」で行われたものである

「職場」とは、普段仕事をする場所のことを指します。でも、仕事関連の他の場所でも、業務を遂行する場所であれば、これに該当することがありますね。例えば取引先や宴会、出張先などがあります。


「労働者」の意に反するものである

そして、「誰が被害を受けたのか」も重要です。「労働者」というのは、正社員だけでなく、バイトやパートの方も含まれています。もし派遣の方が被害を受けた場合、派遣先事業主も、自社の従業員がセクハラ被害を受けたときと同じように対応しなければなりません。


「性的な言動」である

最後に、「どんな言動だったのか」も考える必要がありますね。

「性的な言動」とは、立場や性別に関係なく、様々なことが該当するのです。例えば、デートにしつこく誘うことや、不用意な接触をはじめとして、性的な画像を見せたり配布したりすることもこれに含まれます。


セクハラの種類とは?

セクハラという言葉は聞いたことがあると思いますが、実は大きく「対価型」と「環境型」の2つに分かれているのをご存知でしたか?


対価型セクハラって何?

対価型セクハラは、簡単に言うと、性的な言動から自分を守ろうとしたことで、仕事上の不利益を受けることをさします。具体的には、給料が減ったり、仕事を辞めさせられたりすることも。考えられないことですよね?


具体的には、こんな場面が考えられます。

・仕事の出張中、車の中で突然触られた。それを嫌がったら、仕事のポジションが下げられた。

・仕事の上司に、無理やり付き合うことを求められ、それを断ったら、仕事上で不利益な異動が命じられた。


環境型セクハラって何?

環境型セクハラは、「自分の意に反するような不快な言動が続いて、仕事に集中できなくなること」です。これも、とても大変なことですよね。そんな経験をされたことがある方には、心からの共感と激励を送ります!


例としては、こんな場面が考えられます。

・上司から何度もデートに誘われるため、仕事に行くことがしんどくなってきた。

・仕事の中で、自分の髪や肩、腰を触られて、それが気になって仕事に集中できない。


それでは、このようなセクハラが職場で起こってしまったとき、どう判断するか、少し詳しく見てみましょう!


セクハラに直面したとき、どう対処すればいいのでしょうか?

セクハラはとても難しい問題で、黙っていたくないと思われるかもしれませんね。そんな時、最初に考えられるのは、会社の中での相談窓口や、あなたが心から信頼できる上司への相談かもしれません。


相談窓口には、会社の人が対応してくれる場合や、専門家が外部から来てくれる場合があるようです。そして、男性や女性専用の相談員がいることも!会社によって、少しずつ違いがあるようですが、決定的な問題だけでなく、「なんだか変だな」と感じる小さなことでも、相談してみても大丈夫ですよ。


もし上司に相談する場合、その上司との関係が大切ですね。なぜなら、過去には、上司の対応がうまくいかず、さらなるトラブルが起きたこともあるからです。信頼できる上司を選ぶポイントは、3つもあるんですよ。


一番大切なのは「口が固い人を選ぶこと」です。間違った人選をすると、セクハラの細かい内容が会社中に広まってしまうこともありますからね。実際、ある会社では、セクハラ行為をした方について、社員のほとんどが知っていたことがあったそうです被害に遭われた方だけでなく、行為をした方のプライバシーも守ることが大切です。

2つ目のポイントは「権限がある人を選ぶこと」です。行為をした方にセクハラを止めてもらうためには、その方よりも立場が上の人を選ぶことが重要です。直接の上司でなくても大丈夫ですよ。

3つ目のポイントは、「性別に関係なく、男女平等の考えを持っている人」を選ぶことです。

これらを考えながら、困ったときに相談できる人を、普段から見つけておくと良いですね。


会社に相談できる場所がなかったり、上司や窓口に話しても状況がよくならないときは、労働局や労働基準監督署という公的なところで相談できます!どこに行けばいいのか、公式のホームページでチェックしてみてくださいね。


そこでの相談では、悪いことをした人や会社が法律に反していないか、教えてくれたり、アドバイスがもらうことができます。そして、被害にあった人に対して、不利になるようなこと(例えば解雇や異動など)を会社がしてはいけないという決まりもあるため、安心して利用できます。


でも、これだけでは解決しないことも…。その場合、法的な手段をとることも考えられます。裁判は訴える側にもリスクがあります。このような状況を避けるためにはどうしたらいいのでしょうか?


行動しても何も変わらないときや、仕事に集中できないほどのストレスを感じたとき、新しい職場を探すのも一つの選択肢です。そして、辞めるときには、セクハラが原因だということをちゃんと伝えて、「会社の都合での退職」としてもらうと、失業時のサポートが得やすくなります!


大変な経験をしてしまったあなたへ、心からのエールを送ります!一緒に、より良い方向へ進める方法を見つけましょう!



Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。


Comentarios


bottom of page