生理痛対策をしよう

月経期は出血が始まってからとまるまでのいわゆる生理の期間を指します。

生理のときは過度に疲れる運動などは避け、十分な栄養と睡眠をとり安静にすることが何よりも大切です。

痛みを和らげるためにも身体、特に下腹部を温めることがおすすめです。


生理痛が来る予感がしたら、痛み止めを飲むことも対応策のひとつとして有効です。

痛み止めは正しい飲み方をすれば、害のあるものではなく、飲むと薬が効きにくくなるということもありません。


自分での体調管理だけでなく、時には薬にも頼りながら、快適な生理ライフを送りましょう。