生理中のココロ



見出し

・生理中(月経期)のメンタル症状

・生理中の気分の変化を安定させる方法


生理中(月経期)のメンタル症状


月経期(生理中)ではホルモンバランスが安定していて、メンタルの不調は他のフェーズと比べて少ないです。しかし生理痛や腰痛等の体の不調が現れやすいため、身体的な不調からくる精神的な疲労や気分の浮き沈みが表れるかもしれません。


生理中の気分の変化を安定させる方法

上記でも述べた通り、生理中は生理痛やその他の身体的な症状から伴う精神的な症状が表れることがあります。以下では生理中の気分を安定させる方法を紹介します。また、気分の変化により生活に支障をきたす場合は産婦人科を受診することをお勧めします。


・入浴をする

生理中は入浴を避ける人も多いかもしれませんが、

お風呂に浸かることにより心身共にリラックスすることができます。身体を温めることで生理痛の緩和も期待することができ、さらには血行促進することで手足のむくみや冷えの解消にも繋がります。お気に入りのバスボムやバスソルトなどと一緒に入浴するのもいいかもしれません。


・アロマやお香の香りに包まれる

香りの力を借りて、リラックス効果を高めましょう。香りには心身ともに影響を与えてくれる効能があるため、自身の症状に合ったものを選んでお好きな場所や部屋をリラックス空間に変えちゃいましょう。

・ストレッチをする

ストレッチは身体の緊張している筋肉をほぐすことができ、血行を促進するためむくみや冷えの緩和にも繋がります。そして、リラックス効果も期待できるため睡眠の質を高めたりすることもできます。生理痛に悩まされている人は骨盤周りのストレッチをすると生理痛緩和にも繋がります。


・瞑想やジャーナリングをして気分を落ち着かせる

生理中は気分が落ち込んで考えすぎてしまうこともあるでしょう。そのような時には瞑想やジャーナリングを取り入れて自分の頭の中にある考えを落ち着かせ、整理をさせましょう。瞑想は寝る前や、ジャーナリングは日記アプリなどを使用して習慣化させるようにすれば日頃からも感情の整理がしやすくなります。