top of page

生理前の尿の量は増える?減る?



生理前になるとトイレに行く回数が増えることはありませんか?逆に人によっては尿の回数が減ることもあります。実は生理前にはどちらも起こりうるのです。

生理前の尿が増える理由


一つの理由は、ホルモンバランスの変化です。月経周期は、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンによって調節されていますが、このホルモンは周期を通して変動しています。排卵までの数日間、エストロゲンのレベルが上がると、腎臓がより多くの水分を保持するようになります。そして、月経直前になると、エストロゲンが急激に減少し、腎臓から余分な水分が放出され、尿量が増加する。


また、尿量の増加は、骨盤内の血流の変化と関係しているという説もあります。子宮が月経の準備をすると、膀胱を圧迫するため、尿意を感じる頻度が高くなることがあります。さらに、この時期のホルモンの変化により、骨盤内の血管が拡張して血流が増加し、尿量が増えることもあります。


また、水分摂取量の変化が尿量に影響することが研究で明らかになっています。女性は月経前や月経中に、腹部膨満感やけいれんなどの症状を緩和するために、より多くの水分を摂取する傾向があります。このような水分摂取量の増加は、それに伴って尿量も増加させる可能性があります。


これらの説に加え、腎臓の水分バランス調整能力に影響を与える稀な疾患である糖尿病性消耗性疾患や、月経周期が不規則で水分貯留を引き起こすホルモン疾患である多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)など、月経前に尿量が増加する原因となるいくつかの病気が存在することもわかっています。


月経前の尿量の増加は一般的に正常とされていますが、尿の回数や量の変化で過度なものや異常と思われるものがあれば注意することが大切です。排尿痛、排尿困難、喉の渇きが激しいなどの症状がある場合は、医療機関に相談し、基礎疾患がないかを除外する必要があります。


結論として、月経前の尿量の増加は、ホルモンの変化、骨盤内の血流の変化、水分摂取量の変化の組み合わせによって引き起こされると考えられます。これはほとんどの女性にとって月経周期の正常な部分ですが、尿の回数や量の変化に注意を払い、異常な症状がある場合は医師の診察を受けることが大切です。

生理前の尿が減る理由

月経前に尿量が減少する理由のひとつは、月経周期で起こるホルモンの変化によるものです。具体的には、月経までの数日間、体内ではプロゲステロンというホルモンが多く分泌されます。プロゲステロンには利尿作用があり、体内の水分の排泄を増加させることが知られています。この体液排泄の増加は、尿量と尿回数の減少につながる可能性があります。


月経前の尿量の減少には、ホルモンの変化のほかに、他の要因も関係している可能性があります。そのひとつが、月経周期に関わるホルモン様物質であるプロスタグランジンの分泌量の増加です。プロスタグランジンは、子宮の平滑筋を収縮させる作用があり、体内の水分の貯留や尿量の減少につながる可能性があります。


現在の研究では、月経前の尿量の減少には、ホルモンの変化とプロスタグランジンの産生がともに関与しているという考えが支持されています。Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism誌に掲載された研究では、研究者は月経周期を通じて14人の女性の排尿パターンを調査しました。その結果、月経周期の黄体期(排卵後、月経前に起こる時期)では、卵胞期(排卵前に起こる時期)に比べ、尿量が有意に減少していることがわかりました。研究者は、黄体期における尿量の減少は、プロゲステロンとプロスタグランジンの産生が増加するためと考えられると結論付けています。


Journal of Women's Healthに掲載された別の研究でも、同様の結果が得られています。この研究では、研究者は58人の女性の月経周期を通じた排尿パターンを調べました。この研究では、月経期と月経後に比べて、月経前の段階では尿量が有意に少ないことが判明しました。また、月経前期の方がプロゲステロン濃度が高かったことから、ホルモンの変化が尿量の減少に寄与しているとの考えも支持されたという。


結論として、月経前の尿量の減少は、ホルモンの変化とプロスタグランジンの生成の組み合わせによるものと思われます。尿量の減少は月経周期の正常な一部ですが、女性は自分の排尿パターンに注意を払い、重大な変化があれば医療機関に報告する必要があります。場合によっては、尿量の減少は、尿路感染症や腎臓病などの基礎疾患の兆候である可能性もあります。


尿量を安定させるには?

頻尿に悩まされている方は利尿作用のあるカフェイン入りの飲み物をできるだけ避けることも重要です。コーヒーやお茶などをできるだけ避け、なるべくノンカフェインのものを選ぶようにしましょう。

反対に尿の量や回数が減っている方は水分を多くとるようにしましょう。


長期的に尿量を安定させるためには、ホルモンバランスの乱れを整えましょう。自律神経を整えることでホルモンバランスを調整することが出来ます。自律神経を整えるためには一朝一夕にはいかず規則正しい生活を送ることが大切です。


食事で改善

毎日の食事でも、ホルモンバランスを整えるための心がけをしてみましょう。


大豆食品全般

大豆の中に入っている大豆イソフラボンが女性ホルモンの1つであるエストロゲンと同じ働きをしてくれます。

オススメは納豆での摂取です。納豆1パックで1日の納豆1パックで1日の必要量を満たすことができ、発酵していることにより吸収率がアップします。

マグロやカツオ

マグロやカツオに多く含まれるビタミンB6は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの代謝に働きかけます。

ナッツ類

アーモンドなどのナッツ類に含まれるビタミンEはは脳下垂体や卵巣に働きかけてホルモンの分泌をコントロールします。また血液循環の改善にも効果があります。

アボカド、卵

これらに含まれるパントテン酸にはストレス緩和作用のある副腎皮質ホルモンの合成・促進に関与しています。


睡眠で改善

寝る1-2時間前にぬるめのお風呂にゆったりとつかることで、体温がちょうど下がるタイミングで眠りにつくことができます。

また夜ご飯は就寝の3時間前までには取るようにしましょう。胃の中に食べたものが入っていると、消化のために胃腸が働き続けて十分な睡眠が確保できなくなってしまいます。

寝る直前には脳を覚醒させないようにテレビやパソコン、スマホの液晶画面を見ることは避けるようにしましょう。


ヨガで改善

ヨガは深く呼吸をしながら、様々なポーズを取ります。

様々なポーズを取ることで、凝り固まった筋肉をほぐすことができ、それによって血管が解放され、そこで疲労物質も一緒に流されます。

元気なカラダと心には、ストレスも溜まりにくくなります。


コメント


bottom of page