妊活中の月経期のココロ


月経期のメンタル

月経期(生理中)ではホルモンバランスが安定していて、ホルモンの変化によるメンタルの不調は他のフェーズと比べて少ないです。しかし妊活中の方にとってはどうしても生理が来るのは悲しいことになってしまうのではないでしょうか。


妊娠において生理が果たす役割

月経期とは、妊娠周期のうち子宮内で不要となった血液を排泄し、子宮内部を綺麗な状態へと整える時期です。具体的には、以下のような変化が起きています。


子宮内部での変化が起こる

そのまま着床しなかった場合、月経期に突入します。この時、子宮内膜の血管に変化が生じ、供給されていた血液が止まります。これにより内膜の一部が壊死して剥がれ落ち、これが月経となるのです。月経期に起こる出血には、子宮内膜にある血液と子宮組織、粘膜などが含まれ、このことによって次の着床の準備が始まります。

卵胞が成長する

月経の開始とともに、卵巣内では新たな卵胞の成長も始まります。個人差がありますが、その数はおよそ3~30個ほど。月経期間中、これらのうちの1つのみが大きく成長し、主席卵胞となります。その後月経期を終え、成長を続けた卵胞が「成熟卵胞」、つまり排卵を待つ状態となるのです。


月経期には、原則として十分な栄養を摂取し、体力を回復するよう努めてください。この時期に身体をいたわることで、妊娠しやすい身体づくりのベースが作られると言っても過言ではありません。


妊活中に生理になったときのメンタルケア法

ここでは、気持ちが落ち込んだ時の解消法をご紹介します。

肩の力を抜く

妊活だからと義務的なセックスばかりになってはいませんか?妊活中でも二人の時間を楽しむようにしてください。妊活自体がストレスになっている方は、少し妊活を休憩してみるのもおすすめです。時には休憩も大切です。休憩をきっかけにリセット出来て子どもを授かることもあります。

共感しあえる仲間をつくる

妊活中は生理が来るたびに落ち込んでしまいます。そんな時は一人で悩まない状況を作る事が大切です。パートナーだけでなく身近な友人や、クリニックの妊活セミナーやSNSなど、自分の心の内を共有できる相手を見つけるのがおすすめです。

生殖心理カウンセラーに相談する

妊活や不妊治療の話題はデリケートな問題で、カップルによっても状況は大きく異なります。共感しあえる仲間が居ないという方は、生殖心理カウンセラーに相談するのもオススメです。最近はオンラインのカウンセリングもあるので、仕事をしながらでも利用しやすくなっています。カウンセリングを受ける事で解決法が見つかるかもしれません。

できるだけ笑う

笑う事はメンタルケアにとても大切です。ネガティブな口癖が気持ちを左右するように、面白い事がなくても笑う真似をするだけで脳は「楽しい」と錯覚し、気持ちがポジティブになります。パートナーと一緒にお笑い番組を見たり、面白い映画を鑑賞したり、2人でたくさん笑う事で、妊活で落ち込んだストレスを吹き飛ばしてください!笑いの力はすごいですよ。とにかく笑ってみましょう。