top of page

妊活に効くヨガ。理由も解説!


食事や運動など、妊活中の生活習慣は気を遣うべきことが多くあります。その中でも日々の運動習慣は特に大切です。今まで運動習慣がないという方にはヨガがおすすめです。この記事では、運動習慣が大切な理由やヨガがおすすめな理由、妊活に効果があるポーズについてご紹介します。

目次

妊活には運動習慣が大切

ヨガが効果的な理由とは

ヨガを行う時の注意点

妊活に効くヨガのポーズ①合蹠のポーズ

妊活に効くヨガのポーズ②花輪のポーズ

まとめ

妊活には運動習慣が大切

日々の適度な運動は血流を良くしてくれます。血流が良くなると、卵巣に栄養が届き、妊娠しやすい体づくりができます。また、血流が良ければ排卵後の子宮内膜が着床(=妊娠につながるファーストステップ)に適した状態へ近づきやすくなります。


ヨガが効果的な理由とは

実は、運動なら何でもよいわけではありません。激しい運動は、妊活において逆効果になります。ハードな筋トレやランニングなど、 負荷が大きい運動や体を激しく動かす運動を行うと、体内に大量の活性酸素が発生し、活性酸素が卵子の老化を促す恐れがあります。また、冷たい水の中で行う水泳などは体を冷やし、血流を妨げる可能性があるためおすすめしません。


ヨガはこうしたデメリットがなく、妊活中の運動におすすめです。ヨガは自分のペースでゆっくり行うことができます。また運動の強度も激しすぎることがなく、血流促進に効果的なのでおすすめです。ポーズや難易度もさまざまあり、初心者でも比較的チャレンジしやすい運動だといえます。

ヨガにはリラックス効果があるため、心にもよい影響を与えます。精神的な要因による生理周期の乱れを予防してくれますし、ストレス解消にも効果的です。心身を整えられると心にゆとりが生まれ、生活習慣や食習慣も自然と整い、妊活力の向上につながることでしょう。


ヨガを行う時の注意点

ヨガを行う時間帯は食後を避け、朝や寝る前がおすすめです。可能であればヨガマットを用意すると、体の負担を少なく実施することができますし、床の冷えなども気になりません。

ポーズを取るときは無理にポーズを完成させようとしなくてもかまいません。体の柔軟さの程度に合わせて、自分が心地いいと感じる程度でポーズをキープしましょう。

理想は15分程度ですが、まずは1分でもよいので生活に取り入れていきましょう。


妊活に効くヨガのポーズ①合蹠のポーズ

実際に妊活に効果があるヨガのポーズをご紹介します。一つ目のポーズは合蹠のポーズです。内腿の筋肉を心地よく伸ばし、骨盤周りの血流を促すポーズの一つです。内腿の伸びを感じ、首肩の力を抜いてリラックスして行いましょう。


妊活に効くヨガのポーズ②花輪のポーズ

花輪のポーズは、骨盤底筋にアプローチできるポーズです。骨盤まわりの血流を促進することができます。また、骨盤まわりをストレッチすることで、生理不順など生理トラブルの改善にも役立つといわれるポーズの一つです。

まとめ

妊活には運動が効果的ですが、激しい運動を継続するのはかえって逆効果になることもあります。妊活中の日々の運動は血行をよくすることが重要なので、運動の種類も大切で、ヨガがおすすめです。毎日絶対にやらなければいけないと考えてしまうと、精神的な負担にもなってしまうので、自分のペースで楽しく続けていきましょう。

Comments


bottom of page