top of page

女性に特有の病気・症状・治療法まとめ

以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


乳がんは、多くの人が経験する可能性があります。しかし、今日ではたくさんの治療方法やサポートが存在しています。大切なのは、早めに気づき、治療を始めること。このページでは乳がんについての説明と、その対処法やその他の疾患の例をご紹介します。


乳がんとは?

乳がんは、私たちの胸の中にできるがんで、主に乳管から発生します。でも、ごくまれに、乳の小葉からも発生することがあります。


どうやって気づけるの?

乳がんの一番のサインは、胸にしこりができることです。自分で胸を触って気づくこともありますよね!また、胸にくぼみができたり、乳頭が荒れたり、胸の形が左右で違って見えたり、乳頭から何か出てきたりすることも。ご自身の体の変化には、気を付けてみてくださいね!


乳がんの治療について

乳がんの治療は、大きく分けて、手術、放射線治療、薬での治療があります。そして、ご自身が感じる辛さや不安を減らすための、緩和ケアやサポートも提供されています。


乳がんの治療では、手術で病気の部分をしっかりと取り除くことが基本です。手術後、その部分を詳しく調べて、次のステップを考えることも大切です。


治療の選び方は?

治療は、病気の進行具合やタイプ、そしてご自身の体の状態を考慮して選ばれます。そして、ご自身の希望や生活の状況、年齢も考慮されます。治療についての不安や疑問は、医師に気軽に相談してくださいね!


①手術

乳がんの治療は、手術によってがんを切除することがほとんどです。主な手術には、「乳房部分切除術」と「乳房全切除術」があります。身体の状態によって手術の選択肢が変わることがありますので、専門家と積極的に相談してくださいね!


②放射線治療

放射線治療は、病気の部分に強いX線を当てて、がん細胞を小さくしたり、なくす方法です。他の手術と併用して行われることもあります。安心してください、専門家の方々がしっかりサポートしてくれますよ!


③薬での治療

薬での治療には、再発を予防するものや、がんを小さくするものなど、さまざまな目的があります。どんな薬が自分に合っているかは、専門家と相談しながら決めていきましょう!


④緩和ケア/支持療法

緩和ケアや支持療法は、乳がんの治療と並行して、心や体の辛さを和らげるためのサポートです。いつでも受けることができるので辛いことがあれば医師に相談しましょう。病気の治療だけでなく、ご自身の心のケアも大切にしてくださいね。


⑤リハビリテーション

リハビリテーションは、体の回復力を高め、できるだけ体を動かし続けることで、体調を良くしていくための方法です。毎日の中で簡単にできる運動もあるので、医師と相談して行ってみてくださいね!


他の部分に広がってしまった場合は?

乳がんは、他の部位に広がることもあります。そういうときは、専門家と相談しながら、最善の治療方法を選びましょう。


再発した場合の治療について

乳がんが再発することも考えられます。再発した場合も、最新の治療方法や新しい治療薬があるので、専門家と相談しながら治療を進めていきましょう。



<その他の病気の例>

子宮内膜症

子宮の中の子宮内膜が、卵巣や腹膜などに移動してしまう病気です。月経の時に、痛みや出血が増えたり、貧血や不妊の原因になることもあります。薬や手術を使っての治療が考えられます。完全に治すことは難しいですが、症状は軽減できます!手術を行う場合はお近くの総合病院を利用するといいでしょう。


子宮腺筋症

子宮の筋肉の中に、子宮の中の子宮内膜が入ってしまう病気です。同じく、月経の痛みや出血が増えることがあります。こちらも、薬や手術で治療をします。安心してください、症状の軽減は期待できますよ!


子宮筋腫

子宮にできるしこりのこと。不妊や流産の原因になることも。早く気づくために、定期的な健診が大事です!外来で簡単に診察できるので、月経の際の痛みや出血が増えたりした場合は気軽に検査を受けてみましょう。大きくなる前に、治療を始めることができれば、より安心ですね。


子宮腟部びらん

これは病気ではありませんが、子宮がんと間違えやすいので、定期的な検診を受けてくださいね。症状としては、心当たりのない出血や陰部の痛み、黄色い粘り気のあるおりものが出ることなどがあります。症状が強い場合は、手術や薬で治療します。


子宮頚管(けいかん)ポリープ

子宮に小さなイボができること。心当たりのない出血が主な症状です。大きくなってしまう場合や、出血が多い時は、治療が必要になってきます。


子宮下垂、子宮脱

主に更年期以降の女性に起こります。子宮が通常よりも下に降りている状態のことで尿もれや頻尿などが主な症状です。尿のトラブルや、違和感があれば、治療を検討しましょう。


子宮頸がん

子宮の入り口付近にできるがんのことです。検査がしやすい反面、治療が難しいので早期発見が大切です。症状としては心当たりのない出血やおりものの増加、生理の期間が長引くことなどがあります。症状がない時期でも、定期的な検診で発見することができます。


子宮体がん

子宮の中で胎児を育てる部分にできるがんのことです。こちらも早期発見が大切です。症状としては出血がある場合は、すぐに検診を受けてくださいね。


卵巣がん

卵巣にできる悪性のしこり。初期には気づきにくいですが、進行するとお腹が痛くなったり、膨らむことがあります。早めの診断と治療が大切です。


卵巣のう腫

卵巣に、液体や脂肪のようなものがたまることがありますね。気づきにくいことが多いですが、大きくなるとお腹のあたりで感じることがあるかもしれません。腹痛や腰痛、頻尿、便秘なども症状の一つです。心配ですよね!一緒にしっかり検査して、対応を考えましょう。大きさや状態によっては、取り除くことも考えられますが、患者様の気持ちを考慮します。


卵巣機能不全

ストレスや、ダイエット、激しい運動などで、卵巣の力が弱くなることがあります。それで、月経の周期や排卵が乱れることもあります。これは、誰にでも起こることがありますので、ご心配なく。症状として、月経が不規則になったり、頭痛やイライラすることなどが挙げられます。血液検査をして、必要であれば薬での治療を行います。


子宮付属器炎

卵管や卵巣が炎症を起こす病気です。症状としては高熱やお腹の下の部分が痛むこと、おりものが増えることが気になるかもしれませんね。治療は薬での治療や、場合によっては手術が考えられます。


膣炎・外陰炎

膣や外陰部が細菌などに感染し炎症が起こる病気です。症状としては患部のかゆみや痛み、赤みなどがありますね。おりものの検査でチェックできるので気軽に検査してみましょう。治療は膣錠などの適切な薬で治療します。


外陰掻痒症

外陰部がかゆくなること病気です。原因としては、細菌の感染やアレルギーなど様々なものが考えられますが、おりものの検査をして、薬を用いた適切な治療をしましょう。


外陰潰瘍

性器の周りに痛みを伴う傷ができ、1~2週間で再発と治癒を繰り返します。治療は薬を用いて行います。


不妊

もし、妊娠を望んでいて、2年以上なかなかうまくいかない場合は不妊治療が必要です。医師に相談しましょう。


月経前症候群(PMS)

月経が始まる前に、体や気持ちに変化を感じること、ありますよね。それは多くの場合PMSです。肩こりや腰痛、腹痛などの身体的な症状や、メンタルが不安定になったり、無気力になったりする精神的な症状があります。漢方薬や薬による治療が可能です!ただ他の病気の可能性もあるので、症状や月経周期を記録することが大切です。


月経不順

月経のリズムがいつもより長くなったり短くなったりする症状です。ホルモンのバランスが関係しているかもしれません。ホルモン検査を行い、必要に応じて薬で治療を行うことができます。


更年期障害

年齢とともに、身体的、精神的な症状を感じることが増えるかもしれません。症状としてはのぼせや発汗、腰痛、食欲不振やイライラしたり抑うつ状態になったりすることがあります。困った時は、お薬を使っての治療も考えてみてはいかがでしょうか。


性感染症

性的に接触したことで、病気になってしまうことも。気づきにくいことが多いですが、放っておくと後々困ることもあります。おりものやデリケートゾーンに気になる症状があれば、どんな小さなことでも気軽にご相談くださいね。一緒にしっかりと対応しましょう!


女性の体は、とても繊細です!年齢を重ねるごとに、ホルモンのバランスが崩れ、さまざまな症状や病気が起こることもあります。それぞれの症状や状況に合わせて、最適な治療を受けることが大切ですよ。


Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。

Comments


bottom of page