妊活と忙しい毎日の両立をしよう!効率化3選!


「妊活」は体力的にもスケジュール的にも負担がかかるため仕事と両立するのは大変です。

「病院に行って排卵日を予測してタイミングを取って…」と忙しい毎日とどう両立すれば良いのか不安になられる方も多いのでではないでしょうか。

ここでは、忙しい毎日と妊活を効率よく両立する方法を紹介していきたいと思います。

目次

・妊活ってやることが多い!

・ただでさえ忙しい毎日と両立したい

・健康面への妊活アプローチにおける効率化

妊活って意外とやることが多い!

「妊活」にはどんなことが含まれるのかを紹介します。

  • 生活習慣の見直し…栄養バランスの取れた食事、適度な運動、良質な睡眠、喫煙習慣の見直し

  • 基礎体温の計測…基礎体温をグラフに書き込み排卵日を予測する(タイミング法)

  • 通院…生活習慣の見直しやタイミング法を行っても妊娠できない場合、専門の医療機関で不妊治療を受ける

ただでさえ忙しい毎日と両立したい

「妊活」と聞くと「タイミング法」が有名ですね。病院に行って排卵日を確認して……と聞くと妊活を始めるのにとまどう方もいるかもしれません。

ただでさえ仕事や家事にと忙しい中、妊活のために通院するとなると仕事の調整も必要になります。

しかし「妊活」の基本は「生活習慣」です。夜型の人は朝方に切り替える。栄養バランスが偏らない食事を意識する。湯船につかって体を温めるなど、健康的な生活を心がけることから始めてみるのがオススメです。

その中で適度な運動を取り入れるなど、無理のない範囲でできることから始めてみてください。

妊活の最大の敵はストレスと言われています。

お互いに妊活がプレッシャーになってしまわないように、パートナーとのコミュニケーションも大切にしてください。

スキンシップを取るだけでなく、一緒に映画を観たり、ドライブに出かけたり、夫婦の時間を楽しむことがストレス緩和に繋がります。

健康面への妊活アプローチにおける効率化

<食事>

妊活中に取り入れて欲しい「鉄」「タンパク質」を摂取できる「ひじきと大豆のおにぎり」がオススメです。

電子レンジで加熱したひじき、大豆、人参を温かいご飯と混ぜ合わせておにぎりにした簡単レシピです。味付けには醤油とお砂糖、酒を少々加えてください。

冷凍して保存しておくと、食べたい時にすぐ食べることができます。

<運動>

妊活中の運動は血流をアップさせることが目的になります。毎日の生活の中に少しだけ運動を取り入れてみてください。

例えば「いつものペースより少し早めに歩く」「できるだけ階段を使う」「電車内ではつま先立ちをする」などです。

余裕がある方は入浴後にストレッチをすることで、さらに血流アップに繋がります。

<通院スケジュールを決める>

仕事をされている方は通院のために仕事を休まなければならないため、しっかりと通院スケジュールを確認しておいてください。

通院が必要な方は職場の理解も必要になります。職場の理解が得られれば、通院のスケジュールも組みやすくなりますので相談してみてください。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

「妊活」は通院だけではありません。日々の生活の意識を少し変えるだけでも「妊娠しやすいカラダ作り」に繋がっていきます。

妊活で最も大切なのは「ストレスを溜めない」こと。そして「パートナーとのコミュニケーションを大切にする」ことです。

パートナーと一緒に楽しみながら食事や運動を取り入れてみてください。