便が緩くなる原因や対処法を解説!



「下痢」または「下痢症」は、通常の便よりも水分量が多い軟便あるいは粥に似た水様の「下痢便」出て、排便回数も増えてくる状態です。理想的とされる便の水分量70-80%に対して下痢便は水分量90%を超えます。

目次

・下痢の種類

・下痢のメカニズム

・下痢の原因を特定するには?

・下痢の予防法とストレス由来の下痢の対処法


下痢の種類

下痢には主に次の三種類があります。



上記以外に、長期的に慢性化する下痢もあります。


下痢のメカニズム

下痢の基本的なメカニズムは、腸の働きが異常な状態になるというものです。

腸は通常、「ぜん動運動」という運動により、内容物を消化して水分量を適切に調整し、肛門側に送ります。ところが、この「ぜん動運動」が自律神経のはたらきに影響をうけて過剰に活発化したり、腸の水分調節機能に異常をきたすと、便中の水分量が増加し、下痢便になるのです。

直接的な原因は食あたりや下剤の投与、ストレスなどが多く考えられますが、慢性化した下痢の場合は神経性、他の病気の一部、薬物の副作用による腸内の炎症といった原因も考えられます。


下痢の原因を特定するには?

下痢の原因の見分け方は、下痢がいつ発症したかによってある程度分かります。 たとえば、特定のものを食べたときにだけ下痢が起こる場合は食べ物由来の可能性があります。発熱や吐き気を伴い、下痢に血が混じる場合は病気の可能性があるので、至急病院を受診してください。出勤前などストレスを強く感じるときだけ下痢になる場合や、下痢以外に症状が出ない場合、体重減少がない場合は、ストレス性の可能性があります。


下痢の予防法とストレス由来の下痢の対処法

下痢を予防するには、刺激物や体に負担となるものを食べ過ぎないことが重要です。

たとえば、「飲みすぎた場合に下痢をする」というときは、アルコールを控えましょう。

また、日本人は欧米人に比べて「乳糖不耐症」の患者さんが多い傾向です。

乳製品を食べるとお腹が緩くなる場合は、乳糖不耐症の疑いがあるので、乳製品を控えてください。


このほか、旅行中など特定のときに下痢になりやすい場合は、下痢止めを持参したり変わったものを食べなかったりすることで、下痢を予防できます。

ストレスを感じると下痢をする場合は、一度病院を受診して医師に相談してください。

下痢になってしまったら、脱水を防ぐためにも常温の水を飲み、下痢が収まるのを待ちましょう。

そして、消化の良いおかゆなどの食べ物を少しずつ食べてください。脂肪分が多いものや刺激物は避けましょう。