top of page

赤ちゃんのための手軽な指でつかむ食べ物の提案

以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


赤ちゃんが自分で食べ物を噛むようになると、特別な栄養が必要ですね!フルーツや野菜、たんぱく質、健康的な糖分を含んだバランスの良い食事を、初めての食事として選んであげることは大切です。8~10ヶ月の赤ちゃんのための食べ物は、むせずに安心して食べられるよう、柔らかくてちょうどいい大きさが最適ですね。そして、これらの食べ物は、母乳やミルクと一緒に取り入れることで、赤ちゃんの栄養をしっかりサポートできます!


固形食を始めると、赤ちゃんがぐっすり夜通し眠るのを助けてくれるかもしれません。そして、ママやパパにもほんの少しの休息の時間を持たせてくれます!指でつかむ食べ物を与えることは、赤ちゃんの手先の動きを伸ばすのにも役立ちます。


「赤ちゃんはいつから指でつかむ食べ物を食べることができるのでしょう?」と疑問に思うかもしれませんね。赤ちゃんが自分でしっかりと座ることができるようになったら、食べることができます。反対に赤ちゃんがまだしっかりと座れない場合、食べるのはまだ早いかもしれません。


母乳やミルクだけの赤ちゃんは、ピューレ状の食べ物から、徐々に少し固めの食べ物へと移行していく必要があります。それから、柔らかい指でつかむ食べ物に進めていくと良いでしょう!


8ヶ月の赤ちゃんには、オートミールやパスタ、キヌアなど、少しずつ新しい食材を試してみてください!


指でつかむ食べ物の簡単な提案として、野菜や果物は、赤ちゃんの元気な成長のためにおすすめです!


クイックで簡単なレシピとして、サーモンケーキや蒸しブロッコリー、野菜とオートミールのパンケーキは、大人も一緒に楽しめるメニューです!


簡単な指でつまめるレシピ

大人も美味しく食べられるフルコース料理を求めるのであれば、サーモンケーキと蒸しブロッコリーを準備してみてください:


サーモンケーキと蒸しブロッコリー

l 新鮮なサーモン 100g

l 溶き卵 1つ

l ディル、塩、コショウ 適量

l パン粉 25g

l 小さく切ったブロッコリー

ブロッコリーを除くすべての材料をボウルで混ぜ合わせます。手を使って小さく丸めます。190度のオーブンで15分、または十分に火が通るまで焼きます。ブロッコリーを柔らかくなるまで蒸して、添えて食べてください!


かぼちゃとオートミールのパンケーキ

l マスカルポーネまたはクリームチーズ 250g

l キューブ状に切ったかぼちゃ 1/2

l パプリカ 1/2

l トマトピューレ 小さじ1

l オリーブオイル 少量

l 調理済みオートミール 200ml (約1カップ分)

ブレンダーで材料を完全に混ぜ合わさるまでピューレ状にします。パンケーキの形に成形し、175度のオーブンで焼くか、フライパンでパリッと仕上げるように焼いてください。ギリシャヨーグルトのディップや新鮮な果物と一緒にお召し上がりくださいね。


もし、料理が得意でない場合でも心配いりません!多くのスーパーマーケットには、赤ちゃん用の指でつかむ食べ物が置いてあります。


最後に、赤ちゃんが新しい食べ物を食べる時は、常に見守ってあげて、むせたり、アレルギーの兆候がないか確認しましょう。



 

参考文献

  1. Glow GPT.A Complete Guide: Safely Introducing Solid Foods to Your Baby.Glow GPT.20230524.https://glowing.com/webcontent/2023/05/24/a-complete-guide-safely-introducing-solid-foods-to-your-baby,(20231025)

  2. Dr. Anna Targonskaya.Easy Finger Food Ideas For Your Baby: a Comprehensive List.flo.20191113.https://www.google.com/url?q=https://flo.health/being-a-mom/your-baby/baby-health-and-safety/easy-finger-food-ideas-for-your-baby&sa=D&source=editors&ust=1698211107646916&usg=AOvVaw3iLhtWDdrYPuIPsNVl4fTw,(20231025)

 

Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。


Comments


bottom of page