top of page

乳児期の病気について、みんなが知っておきたい基本情報


以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


赤ちゃんはいつから病気になることがあるのでしょうか?

一番よく聞く風邪について考えてみましょう。赤ちゃんは生まれた時に、ママからたくさんの愛と共に、免疫ももらっています!そのおかげで、生後6ヶ月ぐらいまでは風邪をひきにくいのです。素晴らしいことですね!また、麻疹や風疹、おたふくかぜについては、ママがしっかりと免疫を持っていれば、赤ちゃんも安心して過ごせます。しかし、百日咳や結核は注意が必要です。周りからうつることもあるので、大切な赤ちゃんを守るために、しっかりと予防しましょう。水痘も、気をつけてあげてくださいね。


先天性の病気とはどんなものがあるのでしょうか。

たとえば、首の一部にしこりがある斜頚や、股関節の位置が通常とは異なる先天性股関節脱臼、胃の出口が狭くなっている症状などがあります。心配ですよね。でも、大丈夫!乳児健診でしっかりとチェックしてもらえるので、定期的に受けてあげてください。何か気になることがあれば、遠慮せず小児科で相談することをおすすめします。


アレルギー体質、気になりますよね?

家族の中にアレルギーを持っている人がいると、赤ちゃんも同じ体質を持っていることがあるのです。アレルギーが原因の病気としては、アトピー性皮膚炎などがありますが、特に乳児期は注意が必要です。心配な症状があれば、医師に相談してみましょう。


感染症はどこからうつるのでしょうか?

赤ちゃんはほとんど家で過ごすので、家族からの感染が多いです。大切な赤ちゃんを守るために、手洗いやうがいをしっかりと行いましょう!もし、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合、学校や保育園からの感染も考えられます。予防接種を早めに受けて、安心して過ごしてあげましょう。


いつもと様子が違う時

大切な赤ちゃんが、いつもと違う様子を見せたら、気になりますよね。症状としては、発疹や鼻水、せき、嘔吐、下痢などが考えられます。でも、一番大切なのは、ママやパパの感じる「いつもと違う」サインです。赤ちゃんの様子に気づいたら、早めに医師に相談しましょう。生後6ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんは、熱が出ないまま病気を発症していることがあり、特に注意が必要です。赤ちゃんのことを考え、一緒に健やかな成長を応援しましょう!



乳幼児期にかかりやすい病気

乳幼児期に、お子様がかかりやすい病気について、親御様に優しく情報をお伝えいたします。一緒に、お子様の健康を守っていきましょう!


風邪

風邪ウイルスによるものですね。熱や鼻水、せきなどが主な症状ですが、ときどき下痢も起こることがあります。熱が出ることも、出ないことも。でも大丈夫、体がウイルスを乗り越える力を持っているので、症状は3~4日で良くなることが多いです!もし食欲があれば、ミルクや離乳食をあげて大丈夫ですよ。特に、熱やせき、下痢があるときは、しっかりと水分補給をしてあげてくださいね。


突発性発疹

赤ちゃんたちがよくかかる病気です。風邪症状もなく突然38~40度ぐらいの高熱が出ることもあります。熱は数日で下がり、その後に小さな発疹が出ることも。38.5度以上の場合は熱性けいれんを起こすこともあります。熱は3~4日で下がり、その後2~3日間全身に赤い細かい発疹が出ます。生後4ヶ月ごろにかかる赤ちゃんもいます。


百日せき

この病気は、特に3種混合ワクチンの接種が済んでいない1歳未満の赤ちゃんがかかりやすいです。初めは軽いせきや鼻水から始まりますが、3週間ほどするとしつこいせきが出ることがあります。「コンコンコン」とせきが続いたあと「ヒュー」という音をたてることがあります。咳の症状が長引いていると感じたら、早めに受診することをおすすめします!


急性中耳炎

風邪のときにかかりやすいです。鼻やのどについた細菌が中耳に入り込んで炎症を起こします。お子様が耳を触ったり、泣き出したりすると、そのサインかもしれません。横になっている方が痛みを強く感じるため、痛みを和らげるためには体を起こしてあげると良いでしょう。


湿疹

生後2ヶ月ごろから多くなります。頬に赤いブツブツができたり、白いフケのようなカサカサができたり、離乳食が始まると口の周りや手のひらに出ることもあります。お子様のお肌にできやすいものです。塗り薬をきちんと塗ることできれいなお肌を取り戻せることが多いので、早めに受診して処方してもらうのがおすすめです。


アトピー性皮膚炎

ほっぺたやおでこにかゆみの強い発疹が出ることが特徴です。家族にアレルギー体質の人がいる場合、早めに医師の意見を聞くことをおすすめします。食べ物が原因とは限りませんので、無理な食事制限は避けてくださいね。


インフルエンザ

インフルエンザウイルスが原因の病気です。カゼに似ていますが、咳や鼻水などがなく、高熱や関節痛、のどの痛みが現れるのが特徴です。乳幼児は合併症のリスクがあるので、早めの受診をおすすめします。ワクチンもありますので、ご相談ください!


ヘルパンギーナ

夏の間に乳幼児ちゃんが特にかかりやすい病気、それが「ヘルパンギーナ」ですね。急に高い熱が出ることがあり、のどの奥の部分に小さな水泡ができることも。それが潰れると痛みを伴い、赤ちゃんは食事やミルクを受け付けなくなることがあります。お子さまが不機嫌になったりしたら、心配ですよね?小さなお子様の場合、脱水にならないように気をつけてあげてくださいね。


手足口病

5歳までのお子さまに多い「手足口病」。これも夏に出やすい病気の一つです。口の中や手のひら、足の裏などにかゆみを伴わない水泡が現れることが特徴的です。軽い熱も出ることがありますが、大抵の場合は1週間程度で回復することが多いです。ただ、まれに重い合併症を引き起こすこともあるので、何か気になる症状が見られたら、お医者様に見てもらうのが良いですね。


プール熱(咽頭結膜熱)

乳幼児に多い夏風邪です。この病気は、発熱が4~6日ほど続くことが特徴的です。また、のどが腫れて痛むことや、目が充血することもあります。昔はプールの水から感染したことが多く、そのためこの名前がついたのです。特効薬はないので、大切なのは安静にしてあげること。そして、感染力が強いので、家族との感染を避けるために、タオルなどの使用物を分けてあげることも大切ですね。


ウイルス性胃腸炎

ウイルスが原因で、お腹が痛くなる、下痢や嘔吐などの症状が出る病気です。心配なのは脱水ですね。大切なのは、たくさんの水分と優しい食事をとること!ワクチンがありますが、整腸剤や吐き気止めなどを使って対処します。


麻疹(はしか)・風疹

麻疹は高い熱と赤い発疹が出る病気で、風疹は「三日ばしか」とも呼ばれます。どちらも感染すると大変なので、1歳になったらすぐにワクチンでしっかりと予防しましょう。特に、妊婦さんが感染すると対峙が先天性風疹症候群になる可能性もあるので、気を付けてくださいね!


新型コロナウイルス感染症

免疫のない赤ちゃん世代の子どもたちは、保護者からの感染が多いため、大人の予防がとても大切です!周りの大人がワクチンを受けて、お子様をしっかりと守ってあげましょう!


水痘(水ぼうそう)

赤い発疹が全身に広がり、かゆみが出てくる病気です。2~3日で水泡に変化して全身に広がり、その後かさぶたとなります。冬から春にかけて流行し、乳幼児がよくかかります。心配ですよね?でも、ワクチンがあって、1歳から3歳未満の子は無料で受けられるので、是非活用してください!


細気管支炎

主に2歳未満の子がなることが多い病気です。細気管支(気管支の先端)に炎症が起こり、発熱や鼻水、咳などの風邪症状がでます。新型コロナウイルスの流行以降、1年中地域ごとに流行しており、2歳未満の乳幼児に良く見られます。また、特に生後6か月未満の赤ちゃんは注意が必要ですので、早めに医者に相談してください。


りんご病(伝染性紅斑)

赤い発疹が現れ、りんごのように頬が赤くなる病気です。腕や太ももにもレース状の発疹が出ることもあり、数週間残ることもあります。発疹以外の症状が出ることはないのですが、妊婦さんに感染しないよう気を付けてください。


細菌性胃腸炎

この病気は、ウイルスよりも少し強い細菌が原因です。発熱や嘔吐、下痢などを引き起こし、腹痛や高熱などの症状が出る場合もあります。ウイルス性胃腸炎よりも重要化することが多いため、気を付けてくださいね。


Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。


Comments


bottom of page