top of page

育児に関する疾患まとめ

以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


子育て中に疲れやストレスを感じること、ありますよね?

それは、心のサポートや安らぎの時間が不足しているからかもしれません。24時間、子供のために働くと、休む時間がなくなって「終わりが見えない」と感じることもあるはずです。育児中のストレスには様々な原因があります。そして、たまには体のサインとして病気の兆候が現れることも。どんなことに気を付けるべきか見てみましょう!


子育てでストレスが溜まるとどうなる?

子育て中の忙しさに、自分が疲れていることに気づかない時もありますよね。以下のような症状がある時は限界を感じている証拠です。自分にも同じような症状がないかチェックしてみてください!

  • 我慢できないほどイライラしてしまう

  • 考えがネガティブになる

  • 無気力、無関心になる

  • 眠れなくなる

  • 食べることが楽しくなくなる、食べすぎてしまう

  • 子どもが気にならなくなる

物を投げたり、ちょっとしたことで怒ったりしてしまいませんか?逆に「もうだめだ」「私がいけない」「良い母親ではない」と自分を責めてしまうことも。それも一つの症状です。

また、いつもは好きなことが楽しくなくなったり、何もせずに1日が終わってしまったりする人もいます。きれいにしていた部屋が散らかってしまっても、それはあなたのせいではありません!

そして、体は疲れていても眠れない、食べることが楽しくなくなるなど、色々なサインが現れます。子どもがかわいく思えなくなることもあるかもしれません。


休むことや家族との協力、それが一番のストレス解消方法です!

でも、もしストレスだけで片付けられない時は、病気が関係しているかもしれません。どんな病気が考えられるでしょう?


<症状>

(1)もしかしたら愛着障害かも?

お母さんか子供、どちらかが愛着障害になっている可能性が考えられます。

愛着障害というのは、小さい頃に家族との深い絆がうまく築けなかったことで、気持ちのコントロールが難しくなることを指します。


(2)愛着がうまく築けていない場合の特徴は?

愛着障害には以下のような特徴があります。

  • 簡単に傷つく

  • 他人を警戒する

  • 怒ると話し合いが難しくなる

  • 物事をはっきりさせたがる

  • 自分を過度に責める

  • 他人への気配りが難しい

  • ちょっとしたことで人の注意を引きたくなる

これらの特徴は子どもの時に現れることが多いですが、大人になっても続くこともあります。

子どもがこのような特徴を持つ場合、子育ては少し大変かもしれません。


お母さん自身がこれらの特徴を持っている場合、子育ての中での気持ちのコントロールが難しく、子どもに厳しくなってしまうことも。でもこれらの症状はあなたのせいではありません。


(3)愛着障害から他の病気が出ることも

愛着障害から、自分に自信を持てなくなることがあるかもしれません。そのストレスから以下のような病気が出ることも考えられます。

  • うつ病

  • 不安障害

  • 境界性パーソナリティ障害

  • 適応障害

これらは一例です。もし気になる点があれば、専門家に相談することをおすすめします。


愛着障害の対処方法は?

どこに相談すれば良いか、どうしたら良いか、一緒に考えてみましょう。


<対処法>

(1)どこで相談する?

心の問題には、心の専門家に相談することをおすすめします。心療内科や精神科、カウンセリングの受診に行くのがいいでしょう。


心理検査やこれまでの生活の話を聞いてもらい、一緒に考えてみることが大切です。


(2)どうやって治す?

子どもの愛着障害には、遊びを通してのセラピーが効果的です。また、ペアレントトレーニングや漢方薬などの新しい治療法も開発されてきています。


子どものケースでも大人のケースでも自分にとっての安全基地を作ることが大切です。

そのため、大人の愛着障害には、人とのコミュニケーションによって、幼少期に不足したきずなを形成することが効果的です。親やパートナーや友人に積極的に相談するようにしましょう。


まとめ

子育ては一人で頑張らなくても大丈夫。家族や友人、地域のサポート、専門家と一緒に、子育ての楽しさを取り戻しましょう!


Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。

Comentários


bottom of page