top of page

育児 症状別対処法と病院へ行く目安


以下のコンテンツはAIツールを使用しています。詳細はページ最下部をご覧ください。


症状別対処法と病院へ行く目安

症状ごとの対応と病院に行くタイミングについて、大切なお子様のために知っておきましょう!


一般的な様子が気になる時

お子様の機嫌が悪かったり、尿が出にくくなったり、泣き声が多くなったり。母乳やミルクを飲む量が減ってしまったり、食事を欲しがらなかったり、眠りが浅くて泣いてしまうことがあると、心配ですよね?そんな時は、熱を確認したり、体の変化をよく観察したりして、専門家のアドバイスを求めてみてください。生後6ヶ月未満の赤ちゃんは、症状がはっきりしなくても、念のため一度診てもらうのがいいですよ。


熱っぽい時

まずは体温計で確認しましょう。赤ちゃんの平熱は、大人よりも少し高めです。37.5度以上だと「熱がある」と考えるといいですね!39度以上や、38度でも元気がない時、他の症状がある時は、病院での診察をおすすめします。初めての熱は、突発性発疹が原因であることも多いんです。風邪のような症状がない場合、尿路感染症も考えられます。


体に発疹ができている時

熱と一緒に発疹が出る場合、感染症の可能性が高いです。様々な病気が考えられますが、早めの対応が大切です。熱がない場合でも、あせも、乳児湿疹、蕁麻疹などが考えられます。しっかりと確認して、必要であれば病院でのアドバイスを受けましょう。


鼻水や鼻詰まりが気になる時

熱があるときは、風邪の可能性が高いですね。熱がない時でも、赤ちゃんの鼻水や鼻詰まりを優しくケアしてあげましょう。スポイトなどでとってあげるのがおすすめです。部屋の湿度も大切です。困った症状が続くようであれば、病院へ行くことをおすすめします。


下痢をしている時

お子様の様子が元気で、食欲もあるならば、軽い下痢かもしれません。過度な食事制限は避け、糖分や脂肪の多い食品を避けながら普通の食事を続けてみてください。他の症状が伴う場合、ウイルス性胃腸炎や細菌性胃腸炎が考えられます。病院での診察が必要です。下痢で水分不足になるため、水分補給も忘れずに!


吐いてしまう時

授乳後の母乳やミルクを少し吐き出す場合には、大きな心配はいりません。でも、食事後にすぐに大量に吐いてしまったり、体重が増えない場合は、病院での診察をおすすめします。また、熱や下痢、発疹など他の症状と一緒に吐くことがある場合も、早めに専門家の意見を求めることが大切です。そのような場合は水分不足が心配なため、飲めるようなら少しずつ、十分に水分を与えましょう。


せきをする時

せきが続くと、お子様も辛いですよね。熱が伴う場合や、長引く場合、他の症状がある場合は、細気管支炎や肺炎などが心配なので、病院でのチェックを受けましょう。また、せきだけのときでも、痰が絡むようなせきや、呼吸が苦しそうなときは病院へ行くことをお勧めします。


オンラインでの診療はあるのか?

もちろん、大人と同じように、小児科のオンライン診療もあります!時間の節約や、他の病気の感染リスクを減らすため、気軽に利用することができます。料金も対面診療とそれほど変わらない所も多いです。また、診療するべきかどうかわからないけれど、いつもと様子が違う気がする、というようなときに気軽に利用できるチャット相談などを受け付けている病院もあるため、まずは一度調べてみてください。






お子様の症状と優しいケア方法について

風邪

お子様の風邪の症状が軽く、食事も普通に取れる場合、1~2日見守ってあげるので大丈夫です!でも、症状がひどくなったり、元気がなくなったりしたら、心配ですよね?その際は、早めに小児科に行ってみてくださいね。風邪を直接治す薬はないのですが、辛い症状を楽にしてあげる薬や、他の病気を防ぐ薬はあります。ウイルスには直接効く薬はありませんが、お子様の体が自らウイルスを克服する力を信じて、ゆっくり休ませてあげましょう。家での大切なケアとして、脱水を防ぐために、水分をこまめに取ることや、快適な環境を整えることを心がけてくださいね!


代表的な薬:

・風邪の症状を和らげる薬(例: アスベリン、アルピニー)

・病気の拡大を防ぐ薬(例: パセトシン、クラリス)


突発性発疹

突発性発疹の初めは、発疹が出るまでわかりにくいのです。でも、お子様の機嫌が良くて、水分もしっかりとれていれば、心配せずに様子を見てあげても大丈夫です!処方薬なしで自然に治る場合が多いです。ただ、何日も熱が続くと心配ですよね?その場合は、再度お医者様に相談してみてくださいね。熱で食事が進まないこともありますが、その際は、湯冷ましや薄めた麦茶などを与えてしっかりと水分を取ってあげることや、無理に食べさせずに、休ませてあげることが大切です。突発性発疹の原因であるヒトヘルペスウイルス6型・7型を抑える薬はありません。ただし、鼻水やせきなどの症状がひどい場合に、その症状を緩和する薬が処方されることもあります。突発性発疹のウイルスには抗菌薬は無効です。


百日せき

百日せきは、早めの対応が大切です。特に低月齢の赤ちゃんは重症化しやすいため、早めのケアが必要ですね。生後3ヶ月を過ぎたら、予防接種を受けてあげると安心です。せきが強くなったときや、食事をとるのが大変なときは、たくさんの水分を取ることや、食事を少しずつ与えることが大切ですよ。


代表的な薬:

・百日せきに効果的な薬(例: クラリス)


急性中耳炎

急性中耳炎のケアは、完治するまで続けることが大切です。最初は軽い症状でも、ちゃんとしたケアをしてあげないと、悪化することもあるのですよ。中耳炎の症状が和らいできたとしても、お医者様が「大丈夫!」と言ってくれるまで、治療を続けてあげましょう。痛みを和らげるためには、冷たいタオルを耳の後ろにあてることも有効です。痛みが強い場合は、鼓膜を切開して膿を出す治療をしてもらったりすることもあるんです。


代表的な薬:

・急性中耳炎やその他の症状に効く薬(例: パセトシン、カロナール)


湿疹

汗や汚れは、定期的にそっと拭き取って、お風呂の時にはやさしく洗ってあげてくださいね!

皮膚を清潔に保つため、汗や汚れをこまめにふき取り、入浴時は刺激の少ない石けんで、しっかりと泡立てて、優しく手で洗ってあげましょう。

口元を拭く時、強くこすらないでくださいね。皮膚を傷つけないよう、ぬるま湯で絞ったガーゼで、そっと汚れを拭き取ってあげてください。


頭皮に白い粉が見える時、お風呂でよく洗ってあげるだけで、すっきりしますよ!

硬くなった部分には、お風呂の時、ベビーオイルやオリーブオイルをたっぷり浸したコットンを当てて、30分ほど柔らかくしてから、石けんでしっかり洗いましょう。


もし、入浴しても硬い部分が取れない場合は、白色ワセリンや「亜鉛華軟膏」を医療用の布にしっかり塗って、対象部位に貼り、1日そのままにしてください。硬い部分が浮き上がったら、ベビーオイルを浸したコットンで優しく拭き取り、その後、石けんできちんと洗い流してください。


湿疹は、清潔に保てば3~4週間で自然に治ることが多いですよ。しかし、気になるようでしたら、医師に相談してみてくださいね。


代表的な薬:

・炎症を和らげる塗り薬(アズノール軟膏、スタデルム軟膏など)

・皮膚を守る薬(亜鉛華軟膏など)

・重症の場合、炎症を和らげる強い塗り薬(ロコイド軟膏など)


アトピー性皮膚炎

原因となる物質を取り除き、刺激の少ない生活を目指しましょうね!

治療のポイントは、スキンケアと、快適な生活環境を整えることです。

肌を刺激する物質を避け、肌にやさしいケアを続けてあげてください。入浴はぬるま湯で、石けんの泡で優しく洗って、その後、処方された薬をしっかり塗りましょうね。


薬は、湿疹の場所や症状に合わせて使います。症状が落ち着くまで、しっかりと使い、次第に弱い薬に変えていくことが大切です。自分だけの判断で中止するのは避け、医師のアドバイスをきちんと守ってくださいね!


アトピー性皮膚炎の治療は、人それぞれ異なります。効果がすぐに感じられないこともありますが、辛抱強く治療と日常のケアを続けてくださいね。大変ですが、あなたなら乗り越えられますよ!


かゆみで、無意識に体や顔をこすってしまうこと、引っ掻いてしまうことがありますよね。爪は短く切っておいて、傷をつけないよう気をつけてくださいね。


代表的な薬:

・炎症を和らげる塗り薬(アズノール軟膏など)

・炎症を和らげる強い塗り薬(ロコイド軟膏など)

・皮膚を守る薬(亜鉛華軟膏など)

・しっかり保湿するクリーム(ヒルドイドソフトクリームなど)


インフルエンザ

インフルエンザが流行している時期に、鼻水やせき、高い熱などの具体的な兆候が出た場合、インフルエンザの感染を心配する気持ち、分かります。元気で食事もできるようであれば、次の日にお医者さんに診てもらうのがよいでしょう。でも、もし体が痙攣している、頭がボーっとしている場合は、早めにお医者さんに相談してください。


どうやってインフルエンザを確認するのかというと、鼻の中から鼻水をサンプルとして取って検査します。もし熱が出ていたら熱を下げる薬や、咳が出ていればせきを和らげる薬などを使って症状を楽にしていきます。ウイルスをやっつける薬も出ることがありますよ!


家では、お医者さんからもらった薬をきちんと飲み、暖かくして、水分をたくさん取るようにしましょう。食欲がなければ、無理に食べさせなくても大丈夫です。でも、体の反応が遅くなったり、熱が続いたりするときは、もう一度お医者さんに診てもらってくださいね。


「対症療法」というのは、病気の元となる原因を取り除く特別な薬がない場合に、症状を楽にするための治療方法です。赤ちゃんの体の負担を少なくすることで、体の抵抗力や免疫で病気に打ち勝つ手助けをします。


代表的な薬:

・熱を下げる薬(アンヒバ、アルピニーなど)

・ウイルスをやっつける薬(タミフルなど)

小さなお子さんでも、お医者さんのアドバイスで特定の薬をもらうことがあります。症状が出てから48時間以内に薬を飲むと、悪化を防ぐことができるそうです。もし持病がある場合は、かかりつけのお医者さんに相談しましょう!


ヘルパンギーナ

口の中が痛くなる病気です。痛いときは、辛いものや酸っぱいものは避けて、優しい味のやわらかいものを少しずつ与えてみてください。安静にしていれば自然に治ることがほとんどですが、もし熱が高くなる、飲み物も飲めないほどのどが痛い場合は、お医者さんに診てもらってくださいね。高熱が出ても元気であれば、ぬるめのシャワーをしても大丈夫です。


代表的な薬:

・解熱鎮痛薬(アンヒバ、アルピニー、カロナールなど)


手足口病

痛みがあって食事がしにくいことがあります。そんな時は、優しい味のものを食べて、食後に湯冷ましを飲ませて口の中をきれいに保ってあげてください。

口は3~4日、手足は7~8日ほどで自然に治りますが、受診は必要です。水疱や発疹のあとが残ることはありません


プール熱(咽頭結膜熱)

特別な薬がなく、対症療法が中心です。体を無理させないようにし、辛そうなら熱を下げる薬を飲ませてあげてくださいね。目の不調のときは、目薬が使われます。のどが痛いときは、のどごしが良く胃にやさしい食事をして、たくさんの水を飲ませてあげてください。元気になったら、2日後からは保育園にも戻れるようになりますよ


代表的な薬

・解熱鎮痛薬(アンヒバ、アルピニー、カロナールなど)


ウイルス性胃腸炎

嘔吐や下痢が続くときは、水分が体から失われてしまうので、気をつけましょう!経口補水液や湯冷ましで、少しずつ、スプーン1杯ずつ水分を補給するといいですよ。食欲がないときは、無理に離乳食を食べさせる必要はありません。食べ物を欲しがるときは、おかゆやうどんなどの消化吸収がよく、水分補給もできる食事を食べさせましょう。何か心配なことがあれば、小児科を訪ねると安心できます。下痢をすると、おしりが痛くなりやすいので、座浴やシャワーをして優しく清潔にしてあげると楽になりますね。


予防のために、原因となるロタウイルスのワクチンがあります。これを受けると、高い確率で発症せず、また発症しても重症化しないことが多いです!1回目の接種の時期が早いので、早めにかかりつけの先生や小児科で尋ねてみることをおすすめします。


代表的なお薬:

・お腹を整える薬(例:ビオフェルミンやラックビー)


麻疹(はしか)・風疹

この病気には特別な薬はありませんが、対症療法の薬はあります!1週間以上熱が続いたり、せきがひどかったりするときは小児科に相談しましょう。他の赤ちゃんへの感染の心配もあるので、受診するときは事前に病院に連絡するといいですね。重い合併症のリスクもあるので、早めの予防接種は大切です。1歳になったらすぐにMR(麻疹・風疹混合ワクチン)を接種しましょう。また、予防接種の前にウイルスに接触してしまった場合も、72時間以内のワクチン接種で発症の予防や症状を軽くする効果があるため、できる限り早い受診がおすすめです。


代表的なお薬:

・熱を下げる薬や痛みを和らげる薬(例:アンヒバ、アルピニー、カロナール)

・せきを楽にする薬(例:アスベリン)


水痘(水疱瘡)

かゆみがつらいときや、水疱が気になるときは、薬で楽になりますよ!発疹が出て24時間以内に抗ウイルス薬を飲むと、発病しても症状が軽くする場合が多いため、発疹に気づいたら早めに病院で相談すると、より安心できます。あとを防止したり、傷口から細菌が入るのを防止したりするために、爪は短く切っておくのが安心です。お肌のケアも大切ですので、シャワーを浴びて優しく洗って清潔にしてあげるといいですね。予防接種もありますので、1歳を過ぎたら、お子さんの健康のために検討してみてください。


代表的なお薬:

・抗ヒスタミン薬(例:ポララミン)

・お肌を守る薬やかゆみを和らげる薬(例:スタデルム、カチリ)


細気管支炎

6か月以下の赤ちゃんがこの病気になると、入院して治療することも多いです。重症になると酸素吸入や人工呼吸器を使用することもあります。

家でのケアでは、鼻水をこまめに吸ってあげると楽になることもありますが、赤ちゃんが嫌がる場合は無理をせず、小児科を受診しましょう。痰を出しやすくするために、水分を少量ずつ何回かに分けて与えてみてください。


リンゴ病(伝染性紅斑)

お子様の頰の赤みや体の発疹、心配になりますよね?でも、7~10日くらいで自然に良くなってきますよ。もし強いかゆみや関節の痛みがある場合は、お医者様に相談し、適切な薬を処方していただくとよいでしょう。太陽の光やお風呂で発疹が増えることがありますから、直射日光は避け、お風呂はシャワーでさっと流すくらいにしてみてくださいね。発疹以外の症状がない場合、普段通りの生活を続けて大丈夫ですよ!また、発疹が出ても、感染する心配はほとんどありませんので、保育園にも通えますよ。


代表的な薬

・お子様の皮膚を守る塗り薬(例:スタデルム軟膏)


細菌性胃腸炎

お子様のお腹の調子が悪くなったら、早めにお医者様に相談しましょう。体の中の不要な細菌を排出するため、下痢がひどくても、すぐに止める薬は避け、お腹の調子を整える薬を使用します。下痢が長く続く場合や、特定の細菌の影響の場合は、それに合わせた治療が必要になりますので、しっかりとお医者様のアドバイスを受けましょう。水分不足になりやすいため、小まめに水分補給を心がけてくださいね!


感染を防ぐため、食事の際は食材をしっかりと加熱したり、調理器具は熱湯消毒をするなどして、清潔さを保ったりすることが大切です。お子様の月齢や成長に合わせて食材を選ぶことも、大変重要です。さらに、哺乳瓶やおもちゃなどお子様が口にするものは、しっかりと除菌することで、予防に繋がりますよ!


代表的な薬

・お腹の調子を整える薬(例:ビオフェルミン、ラックビー)

・細菌を対処する薬(例:ホスミシン)




Flora Bizのコンテンツは、Flora BizのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。


bottom of page