top of page

11:パーソナライズレポート

あなたのレポート

※本レポートは、医師が監修したアンケート及び採点方法に基づき、Floraが独自に解説・アドバイスを記したもので、診断等の医療行為ではありません。



生理周期ごとの生産性

生理周期がどのようにあなたの生産性に影響を及ぼすかを分析しました。結果として、特に周期ごとの変化はなく、生理による生産性への影響はあまりないことがわかりました。しかし、これは短期的な計測にすぎません。実際のところ、生理が仕事に支障をきたしている可能性も十分あるため、症状がひどくなった場合は病院の受診などをおすすめします。


PMSについて

あなたのPMSスコアは前回のレポート同様、比較的低い傾向にあります。時々私生活への影響を感じるものの、酷く影響されることはあまりないかもしれません。


しかし、あなたは5時間以上の睡眠をとった時の方がPMS症状が軽いため、十分な睡眠がとれるように心がけることも大切です。


PMSは周りの環境やストレス、摂取する食べ物によっては悪化することもあります。万が一今よりも症状が悪化した場合は、我慢せず、病院への受診をお勧めします。

PMS:月経前に起こり月経時に消えていく不快な症状が日常生活にさしつかえるほど症状がひどい場合に月経前症候群(PMS)と診断されます。

PMSスコア:PMSの大きさを6段階で評価して頂いた結果の合計を「PMSスコア」と定義しています。



あなたにおすすめのケア

PMSが比較的低いとはいえ、全くないわけではありません。PMS症状はストレスを溜め込むとより悪化することがあります。


そのため、自分の心を守るためにも生理前は特に自分の心を落ち着かせる時間を多めに取ることを意識しましょう。まず、自分が精神的に落ち着く・安心するのはどういう時か?もしくはどういうことをすれば落ち着くか?など考えてみましょう。その精神的に落ち着かせることを意識的に生理前〜生理中に行うことによって、余計なストレスを溜め込まずにPMS症状にあまり左右されない生活を送ることができるかもしれません。まずは無理せず少しずつで大丈夫ですので、自分の生活の中に取り入れてみてください。

Commentaires


bottom of page