top of page

3:パーソナライズレポート

あなたのレポート

※本レポートは、医師が監修したアンケート及び採点方法に基づき、Floraが独自に解説・アドバイスを記したもので、診断等の医療行為ではありません。


あなたの生理周期ごとの生産性

生理周期がどのようにあなたの生産性に影響を及ぼすかを分析しました。結果として、特に周期ごとの変化はなく、生理による生産性への影響はあまりないことがわかりました。しかし、これは短期的な計測にすぎません。実際のところ、生理が仕事に支障をきたしている可能性も十分あるため、症状がひどくなった場合は病院の受診などをおすすめします。


更年期について

あなたの更年期スコアは比較的やや低く、更年期症状に悩まされていないかもしれません。

ただ、あなたは7時以上の睡眠をとっている方が更年期症状が軽いため、可能であれば十分な睡眠が取れる様に日頃から意識をしてみましょう。また、十分な睡眠をとることで現在感じている精神的・身体的な悩みが緩和されるかもしれません。


今は一切更年期症状がないと感じていても、この先更年期症状が出てくる可能性もあります。今から更年期症状予防として、無理のない範囲でできることをしてみましょう!

更年期スコア:更年期症状の大きさを0〜14段階で評価して頂いた結果の合計を「更年期スコア」と定義しています。



あなたにおすすめのケア

あなたの更年期スコアは比較的やや低いですが、更年期症状の悪化を未然に防ぐために運動を習慣化させることを意識しましょう。具体的には、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を週に数回行いましょう。最初は無理をせず、週1回など回数を少なくして負担のない運動から始めてみましょう。運動をすることで、ストレスや不安感などを和らげることができるため、是非行ってみてください!


PMSについて

あなたのPMSスコアは、比較的低い傾向にあります。時々私生活への影響を感じるものの、酷く影響されることはあまりないかもしれません。ただし、更年期症状と同様に、あなたは7時間以上の睡眠をとっている方がPMS症状が軽い傾向にあります。


PMSは周りの環境やストレス、摂取する食べ物によっては悪化することもあります。万が一今よりも症状が悪化した場合は、我慢せず、病院への受診をお勧めします。

PMSスコア:PMSの大きさを6段階で評価して頂いた結果の合計を「PMSスコア」と定義しています。


あなたにおすすめのケア

PMSが比較的低いとはいえ、全くないわけではありません。PMS症状はストレスを溜め込むとより悪化することがあります。そのため、自分の心を守るためにも生理前は特に自分の心を落ち着かせる時間を多めに取ることを意識しましょう。


まず、自分が精神的に落ち着く・安心するのはどういう時か?もしくはどういうことをすれば落ち着くか?など考えてみましょう。その精神的に落ち着かせることを意識的に生理前〜生理中に行うことによって、余計なストレスを溜め込まずにPMS症状にあまり左右されない生活を送ることができるかもしれません。まずは無理せず少しずつで大丈夫ですので、自分の生活の中に取り入れてみてください。


生理痛について

あなたの生理痛スコアは比較的低い傾向にあります。仕事や日常生活においても、生理痛に伴う不快感や制約がほとんどないでしょう。ただし、他の症状と同様に、7時間以上の睡眠をとっている時の方が生理痛の痛みが軽いということがわかりました。


また、生理痛は急に悪化する場合もあります。その場合は、遠慮せずに病院での受診をしましょう。一時的な対策としては痛み止めを服用するなどもありますが、継続的に使用することでかえって頭痛を引き起こしたり、副作用で食欲不振や胃もたれなどの消化器症状を引き起こす可能性もあります。そのため、あまりにも症状がひどい場合は、病院の受診も強くおすすめします。

生理痛スコア:生理痛の大きさを6段階で評価して頂いた結果を「生理痛スコア」と定義しています。


あなたにおすすめのケア

生理痛を少しでも未然に防ぐために、生理中はできるだけカフェインや身体を冷やす食べ物、そしてアルコールは避けるようにしましょう。これらの食べ物は血管収縮を促す作用があり、生理痛が強くなってしまいます。生理痛があまり強くない方でもこれらの食べ物を継続的に摂取することによって生理痛が悪化してしまう可能性もあるため、注意をしましょう。

頭痛について

あなたの頭痛スコアは比較的やや低いですが、生理前〜生理中に頭痛の症状が継続的に起こる傾向があります。


月経に関する頭痛の可能性もあるため、生理期間中は頭痛の対策をとる意識をより一層高めた方がいいかもしれません。月経に関する頭痛の特徴としては一般的な頭痛よりも症状が長引き、痛みが強い事です。


一時的な対策としては頭痛薬を服用するなどもありますが、継続的に使用することでかえって頭痛を引き起こしたり、副作用で食欲不振や胃もたれなどの消化器症状を引き起こす可能性もあります。そのため、あまりにも症状がひどい場合は、病院の受診も強くおすすめします。受診をすることで、頭痛の緩和に繋がる場合もあるため、生理前〜生理中はより快適に過ごせるようになるかもしれません。


あなたにおすすめのケア

あなたは頭痛スコアが低い傾向にありますが、今後も頭痛が発生しないわけではありません。

そのため、頭痛を未然に防ぐ方法として大豆製品、ひじき、ワカメなどの海藻類を摂取してみましょう。これらの食材に含まれるマグネシウムやビタミンB2は頭痛を予防する作用があるため、日頃から意識的に摂取してみてはいかがでしょうか。


Commentaires


bottom of page