top of page

1:パーソナライズレポート

あなたのレポート

※本レポートは、医師が監修したアンケート及び採点方法に基づき、Floraが独自に解説・アドバイスを記したもので、診断等の医療行為ではありません。


更年期について

あなたの更年期スコアは比較的やや高く、また、あなたの傾向として、特に血管運動神経系の症状に関連する症状が重いと考えられます。


あなたの傾向としては、特に腰や手足が冷えやすく、息切れ、動悸がするなどと感じる事が多いかもしれません。酷く更年期症状に生活が左右されるようであれば病院での受診を強くおすすめします。病院を受診することで、よりいきいきと生活することができ、ストレスなく快適に過ごす事ができるかもしれません。その他にも、医師の診察を受け、生活指導、カウンセリング、薬物療法などを受けるといいかもしれません。


また、あなたは7時間以上の睡眠をとった方が更年期症状が軽いということがわかりました。そのため、できる限り7時間以上の睡眠を心がけるといいでしょう。忙しくて睡眠時間を十分にとることが難しい場合もあるかと思います。その場合は少しでも睡眠の質を向上するために寝る前に身体を温めたり、ブルーライトを避けるなどしてみましょう。

更年期スコア:更年期症状の大きさを0〜14段階で評価して頂いた結果の合計を「更年期スコア」と定義しています。



あなたにおすすめのケア

あなたの更年期スコアは比較的高いため、セルフケアを行なってもあまり効果を感じることがないかもしれません。そのため、病院での適切な治療を強くおすすめします。


更年期症状は実は婦人科で治療をすることが可能です。主な治療法としては、「ホルモン補充療法」や「漢方」、「抗不安剤」、「カウンセリング」などです。病院ではあなたに合った適切な治療法を提案してくれるため、是非受診をしてみてください。ただ、忙しくて受診がなかなかできない方もいるかと思います。そのような時はオンライン受診や夜間の受診が可能な病院もあるため、活用をしてみてください。



頭痛について

あなたの頭痛スコアは比較的やや高く、生理前〜生理中に頭痛の症状が継続的に起こる傾向があります。月経に関する頭痛の可能性もあるため、生理期間中は頭痛の対策をとる意識をより一層高めた方がいいかもしれません。月経に関する頭痛の特徴としては、一般的な頭痛よりも症状が長引き、痛みが強い事です。


また、あなたは5時間以上の睡眠をとっていた方が頭痛の痛みが少ないということがわかりました。そのため、生理前や生理中は極力多くの睡眠をとれるよう心がけるといいでしょう。


一時的な対策としては頭痛薬を服用するなどもありますが、継続的に使用をすることでかえって頭痛を引き起こしたり、副作用で食欲不振や胃もたれなどの消化器症状を引き起こす可能性もあります。そのため、あまりにも症状がひどい場合は、病院の受診を強くおすすめします。受診をすることで、頭痛の緩和に繋がる場合もあるため、生理前〜生理中はより快適に過ごせるようになるかもしれません。

頭痛スコア:頭痛の大きさを6段階で評価して頂いた結果を「頭痛スコア」と定義しています。


あなたにおすすめのケア

頭痛スコアが比較的やや高い傾向にあるため、少しでも頭痛の誘発を防ぐために毎日首周りの運動を実践してみましょう。

腕や肩を回す癖をつけることで、首周りの筋肉がほぐされて頭痛を予防することができます。頭痛の発生時はこの運動を控え、なるべく頭痛が起こる前にこの運動を意識的に行なってみましょう。

Hozzászólások


bottom of page