top of page

月経過多


​以下のコンテンツはAIツールを使用しています。ページ下部の免責事項をご覧ください。

月経過多とは、何でしょうか?

月経過多は、月経期間中の出血が非常に多いか、または長引くことを意味する言葉です。多くの女性は、生理中にたくさんの出血やつらい痛みを感じますが、月経過多は皆さんが思っているより一般的ではないのです。

月経過多を経験していると、少なくとも1日の間、1時間ごとにナプキンを変える必要が出てきます。また、痛みが強すぎて普段の生活が難しくなることもあるんですよ!

こんな重い生理は、体のちょっとした不調から起こることもあり、他の健康の問題にも影響することがあるので、心配ですよね。もし、1時間ごとにナプキンを変えるような状態が続くなら、お医者さんに相談してみるのが良いと思います。きっと、アドバイスやサポートをしてくれるでしょう!

月経過多の症状について

一部の女性は、生理が始まったときからずっと多量の出血を経験しています。一方、他の女性は、普通の生理が数年や数十年経った後で、突然多く出血するようになることもあります。 何か変だなと感じたら、お医者さんに相談するのは大切ですね!とくに初めての問題の場合、放置すると貧血などの問題に繋がることも。貧血になると、体がだるくなったり、息が切れやすくなったりします。

月経過多を経験している方は、以下のような症状が現れることがあります:

  • 1日以上、1時間ごとにナプキンを変える

  • 夜中にもナプキンを変える必要がある

  • 出血が多すぎて、2枚のナプキンを同時に使う

そして、こんな症状もあるかもしれません:

  • 痛みが強すぎて好きなことをやめる

  • 大きな血の塊が出る

  • 1週間以上続く生理

  • 体がだるい、息が切れやすい

  • 生理以外の時にも出血がある

  • 生理が止まった後(閉経後)も出血が続く

月経過多の原因と注意点

生理のときの出血がとても多くなる原因は色々と考えられます。たとえば、体の中の女性ホルモンのバランスが崩れることや、子宮の中に良性の腫瘍ができること、避妊の方法として使う子宮内デバイス(IUD)の影響、または妊娠に関する問題など、さまざまな要因が考えられます。

特に、子宮外妊娠や流産といった妊娠に関連する問題や、子宮や卵巣のがん、さらには出血が止まりにくい体質なども、多くの出血の原因となることがあるので、気をつけましょう! また、一部の薬や他の健康問題、例えば子宮内膜症や甲状腺の問題、骨盤の炎症や腎臓や肝臓の病気なども、生理の出血が多くなる要因となり得ます。

月経過多の診断について

お医者さんは、あなたの体のことや症状についてたくさん質問してくると思います。そして、体のチェックや、超音波検査、血液検査などをして、原因を突き止めることができます。これらの検査を通じて、最適な治療法やサポートが受けられるようになります。

月経過多の治療について

月経過多の治療は、その原因に応じて変わってきます。たとえば、ホルモンのバランスを整える薬を使う場合や、出血を止める薬、痛みを和らげる薬などが処方されることがあります。

また、特定の原因が見つかった場合、その原因に合わせた治療が必要となることも。例えば、良性の腫瘍が原因の場合、それを取り除く手術が必要になることもあります。

何か変だなと感じたら、早めに医師に相談することをオススメします。放置すると、さまざまな健康問題の原因となることもあるので、早めの対応が大切です!

まとめ

月経過多は、多くの女性が経験することではないかもしれませんが、それでもたくさんの女性がこの問題に悩まされています。もし、何か変だなと感じたら、すぐに医師に相談しましょう。自分の体を大切に、健康的な生活を送るためのサポートを受けることが大切です!

 

参考文献

  1. Mary Anne Dunkin.“Menorrhagia (Heavy Period)”. WebMD. 2022.8.24. https://www.webmd.com/women/heavy-period-causes-treatments , (2023.10.15)

 

​floraのコンテンツは、floraのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。専門家による医学的助言を求めるのを遅らせたり無視したりしないでください。AIシステムは急速に進化しており、機械学習の確率的な性質を考慮すると、このシステムを使用すると、状況によっては、出力が不正確、不完全、または実在の人物、場所、事実を正確に反映しない場合があります。出力の正確性については、利用者の使用ケースに応じて、人間の目による確認も含めて評価する必要があります。ここで提供される情報に基づいて、あなたやあなたの子供、またはその他の人の健康に関する決定を下す前に、資格のある医療提供者に相談することを強くお勧めします。



Comentários


bottom of page