top of page

6:パーソナライズレポート

あなたのレポート

※本レポートは、医師が監修したアンケート及び採点方法に基づき、Floraが独自に解説・アドバイスを記したもので、診断等の医療行為ではありません。


PMSについて


あなたのPMSスコアは一般的に比べてやや低い傾向にあります。時々私生活への影響を感じるものの、酷く影響されることはあまりないかもしれません。


しかし、PMS症状は周りの環境やストレス、摂取する食べ物によっては悪化することもあります。万が一今よりも症状が悪化した場合は、我慢せず、病院への受診をお勧めします。

PMS:月経前に起こり月経時に消えていく不快な症状が日常生活にさしつかえるほど症状がひどい場合に月経前症候群(PMS)と診断されます。

PMSスコア:PMSの大きさを6段階で評価して頂いた結果の合計を「PMSスコア」と定義しています。



あなたにおすすめのケア


PMS症状が比較的やや低いとはいえ、全くないわけではありません。そのため、PMS症状を少しでも緩和するために、生理前〜生理中はゆとりを持った生活を心がけましょう。


PMSが現れやすい生理前〜生理中は予定を詰め込みすぎないよう、また身体に必要以上の負荷をかけないように意識をすることで、PMSが軽減されるでしょう。


しかし、なかなかゆとりを持った生活も難しい場合もありますよね。そんな時は「自分を休めるための時間」を取れるようにし、自分にとって精神的にリラックス・落ち着ける環境作りをしてみましょう。例えば、お気に入りのアロマオイルを焚いたり、好きなテレビを見て笑ったり、いつもより早く寝て多めの睡眠を取るなどです。


生理痛について


あなたの生理痛スコアは一般的に比べてやや高い傾向にあります。仕事や日常生活においても、生理痛に伴う不快感や制約がある場合が多いかもしれません。


生理痛が生活ができないほどの痛みの場合は、遠慮せずに病院での受診をしましょう。また、一時的な対処法としては生理痛の症状がくる前に痛み止めを服用すると予め痛みを抑えることができます。

生理痛スコア:生理痛の大きさを6段階で評価して頂いた結果を「生理痛スコア」と定義しています。


あなたにおすすめのケア


生理痛による痛みを和らげるために、定期的な運動を行う事で、間接的に生理痛の悪化を防ぐ事ができます。筋肉を動かす事で体温の上昇や血流を良くしたりする事ができます。そのため、子宮内が温まりやすくなり、生理痛の緩和に繋がります。


運動といっても、激しい運動ではなく、軽い運動でも十分効果があります。簡単なストレッチでも身体が温まり、血流がよくなります。両手を腰にあて、左右にそれぞれ20回ずつ腰を回してみてください。この運動だけでも身体がポカポカになるでしょう。このような簡単な運動を毎日習慣にすることで、運動不足も解消され、生理痛も緩和する事ができます。


もちろん、生理痛が酷い場合は遠慮なく病院の受診をおすすめします。我慢せず、相談をしましょう。


頭痛について


あなたの頭痛スコアは比較的やや高く、生理中は頭痛の症状が継続的に起こる傾向があります。 月経に関する頭痛の可能性もあるため、生理期間中は頭痛の対策をとる意識をより一層高めた方がいいかもしれません。月経に関する頭痛の特徴としては一般的な頭痛よりも症状が長引き、痛みが強い事です。


また、一時的な対策としては頭痛薬を服用すなどもありますが、日頃からの対策で頭痛を緩和することもできます。

頭痛スコア:頭痛の大きさを6段階で評価して頂いた結果を「頭痛スコア」と定義しています。


あなたにおすすめのケア



頭痛を少しでも緩和するために、自分のストレスの発散方法を増やしてみるのも一つの方法です。


月経に関する頭痛はストレスによって悪化する場合があるため、ストレスの発散方法が複数ある方が頭痛の悪化を防げる可能性が高くなります。例えば、お気に入りのアロマオイルを焚いたり、好きなテレビを見て笑ったり、いつもより早く寝て多めの睡眠を取るなど。自分にとって精神的にリラックス・落ち着ける環境や物は何かを考えてみましょう。


bottom of page