top of page

13:パーソナライズレポート

あなたのレポート

※本レポートは、医師が監修したアンケート及び採点方法に基づき、Floraが独自に解説・アドバイスを記したもので、診断等の医療行為ではありません。


PMSについて


あなたのPMSスコアは一般的に比べて非常に高い傾向にあり、生理前〜生理中にかけて私生活への影響を多く感じているかもしれません。


特にあなたの傾向としては身体症状が重く、疲れやすい、だるい、寝すぎるなどと感じる事が多いかもしれません。酷くPMSに生活が左右されるようであれば病院での受診を強くおすすめします。


また、PMSは周りの環境やストレス、摂取する食べ物によっては悪化することもあるため、生理前〜生理中はより一層自分の精神的・身体的な変化に着目をして過ごすといいでしょう。

PMS:月経前に起こり月経時に消えていく不快な症状が日常生活にさしつかえるほど症状がひどい場合に月経前症候群(PMS)と診断されます。

PMSスコア:PMSの大きさを6段階で評価して頂いた結果の合計を「PMSスコア」と定義しています。



あなたにおすすめのケア


PMSを少しでも緩和するために、正しい栄養を摂りましょう。


PMSはカルシウムやビタミンB6、鉄分などの栄養素を摂取することにより、症状が緩和することがわかっています。日頃から乳製品や魚介類・肉類、レバーや卵黄などを意識的に摂取するようにするといいでしょう。


また、PMSが非常に強いため、病院への受診もおすすめします。受診をする事で、より専門的な対処方法を知る事ができるため、日々の暮らしがより楽になる可能性があります。


遅くまで開いている病院もあるため、ぜひ受診してみてください。


生理痛について


あなたの生理痛スコアは一般的に比べてやや高い傾向にあります。仕事や日常生活においても、生理痛に伴う不快感や制約がある場合が多いかもしれません。


生理痛が生活ができないほどの痛みの場合は、遠慮せずに病院での受診をしましょう。また、一時的な対処法としては生理痛の症状がくる前に痛み止めを服用すると予め痛みを抑えることができます。

生理痛スコア:生理痛の大きさを6段階で評価して頂いた結果を「生理痛スコア」と定義しています。


あなたにおすすめのケア


生理痛による痛みを和らげるために、定期的な運動を行う事で、間接的に生理痛の悪化を防ぐ事ができます。筋肉を動かす事で体温の上昇や血流を良くしたりする事ができます。そのため、子宮内が温まりやすくなり、生理痛の緩和に繋がります。


運動といっても、激しい運動ではなく、軽い運動でも十分効果があります。簡単なストレッチでも身体が温まり、血流がよくなります。両手を腰にあて、左右にそれぞれ20回ずつ腰を回してみてください。この運動だけでも身体がポカポカになるでしょう。このような簡単な運動を毎日習慣にすることで、運動不足も解消され、生理痛も緩和する事ができます。


もちろん、生理痛が酷い場合は遠慮なく病院の受診をおすすめします。我慢せず、相談をしましょう。

bottom of page