黄体期の吐き気の原因はPMSから?


生理前に感じる吐き気、PMS(月経前症候群)のひとつかもしれません。

目次

・PMSの原因

・PMSの症状

・吐き気を感じたら?


PMSの原因

PMSとはPremenstrual Syndromeの略で「月経前症候群」と呼ばれます。月経前の3~10日の間に現れる精神的・身体的な症状で、月経が始まると症状が治まったり、無くなったりします。

よく「生理前になるとイライラする」と感じる方も多いのではないでしょうか?

月経前に何らかの違和感や不調を覚える方は、およそ7~8割と言われています。

症状を感じても生活に支障が無ければ月経が近づいている「生理的な変化」と言えますが、生活に支障が出るような場合に「PMS」と呼びます。およそ2~4割の女性がPMSによって生活に支障が生じています。

PMSの原因ははっきりとは分かっていませんが、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が月経前の黄体期に急激に低下する事で、さまざまな症状が現れると言われています。

PMSは月経が始まる思春期ごろから症状が出始める場合もあり、年齢を重ねるごとに症状が強くなる傾向があります。また20代の頃には憂鬱になりやすい傾向がありますが、30代になると怒りやすくイライラする場合が多くなり、頭痛などのカラダの症状も出てきます。

PMSにも個人差があり、症状がでやすいタイプがあるようです。「律儀」「我慢するタイプ」「真面目」「完璧主義」「自分に厳しい」などに当てはまる方は注意してください。

PMSの症状

1.ココロの症状

  • 普段気にならないことでもイライラする

  • なんでもない事で泣いてしまう

  • 日中眠くて仕方がない

  • 夜ぐっすり寝た気がしない

  • ボーっとする

  • 憂鬱な気分になる

  • なんとなく不安を感じる

2.カラダの症状

  • 肌が荒れる

  • 身体がだるい

  • 胸が張る

  • むくみ

  • 腹痛

  • 頭痛

  • 腰痛

3.生活上の変化

  • 家事や仕事がはかどらない

  • 集中力の低下

  • 興味や意欲の減退

  • 過食

  • 甘い物が食べたくなる


吐き気を感じたら?

吐き気を感じる場合は、安静にして楽な姿勢で横たわり、気持ちを落ち着かせます。

お腹をゆっくりとマッサージして胃の動きを落ち着けるのも効果があるでしょう。

睡眠不足を感じる場合は、1週間ほど規則正しい生活をすることも大切です。

「今すぐ吐き気を抑えたい」という場合は、膝の少し下にある「足の三里」というツボや、手を握った時に人差し指と中指が当たる部分に当たる「労宮」というツボを押しても効果が期待できます。


このほか、よく噛んで食べることで胃酸の過剰分泌を抑えたり、胃にやさしい物を食べることで胃をガードしたりしてください。

暴飲暴食や刺激物を過剰に食べるのは避けましょう。