生理前の異常な眠気、なぜ起こる?



生理前になると、集中力が続かなかったり、いつもと同じ睡眠時間でも日中眠気を感じたりすることはありませんか。眠気は生理前〜生理中まで続き、あまりの眠さに仕事に支障がでる方もいます。生理前に眠気を感じる症状は、月経前症候群(PMS)の一つです。


異常な眠気は体のアラームです。リフレッシュや過眠を取り入れ、体と上手く付き合いましょう。



異常な睡眠を感じるメカニズムの説明


生理前になると眠気を感じるのは体温・自律神経・GABA・セロトニンが影響し、睡眠の質が低下しているからです。


原因1:生理前は体温が高くなるため

女性の体温は女性ホルモンの影響を受けやすく、月経の周期(月経・卵胞期・排卵期・黄体期)によって体温は変化します。排卵後から月経(黄体期)に向け女性ホルモンのうち「プロゲステロン」の分泌量が増加します。すると、体温が平熱の0.3℃〜0.6℃ほど上がるのです。


体温と睡眠は深い関係にあります。黄体期はプロゲステロンが基礎体温を上昇させ、睡眠中も基礎体温を高く保つため、眠りの質が低下し、日中に眠気を感じやすくなります。



原因2:自律神経が乱れるため

自律神経には緊張しているときに働く「交感神経」と、リラックスしているときに働く「副交感神経」があります。自律神経と女性ホルモンはお互いに影響を受けやすく、どちらかがバランスを崩すと、もう一方もバランスが崩れてしまいます。


睡眠中に働くのは、リラックス効果のある副交感神経です。しかし月経に向けエストロゲンの分泌量が減少すると、交感神経が優位に働きやすくなります。すると体と心の緊張状態が続き寝つきが悪くなるため、日中に眠気を感じやすくなります。



原因3:GABAが減少し緊張やストレスを感じやすくなるため

GABAはアミノ酸の一種で、人の脳内に存在します。緊張やストレスを緩和させ、脳の興奮を鎮静させる働きや、睡眠の質を高める働きがあるといわれています。


しかしGABAは、プロゲステロンの影響を受けやすく、月経一週間前にプロゲステロンが減ると同時にGABAも減少します。不安な気持ちは睡眠を妨げ、日中に眠気を誘うのです。



原因4:セロトニンの分泌量が減少するため

セロトニンとは、「しあわせホルモン」と呼ばれる脳内ホルモンです。脳がストレスを感じるとセロトニンを分泌し、自律神経のバランスを整えようとします。さらに、睡眠を促す「メラトニン」のもとになる物質で、質のよい睡眠には欠かせない物質です。


しかし、黄体期はセロトニンの分泌量も減少します。そのため、リラックスして深い睡眠がとれず、日中に眠気を感じやすくなります。



月経前過眠症について説明


月経前に異常な睡眠を感じたら「月経前過眠症(月経関連過眠症)」と呼ばれるPMSの一種かもしれません。月経前に眠れなくなる症状を「月経前不眠症」、日中に異常な眠気を感じる症状を「月経前過眠症」といいます。


一般的な月経前過眠症の場合、月経の約1週間前から日中に強い眠気を感じるようになり、月経が始まると眠気が緩和するでしょう。気分の落ち込みやイライラ、下腹部通などほかのPMSの症状が強い方ほど日中に強い眠気を感じやすい傾向があります。


強い眠気が2日以上続き、この状態が1年以上継続していると月経前過眠症と診断されます。


生理前過眠症のソリューションとして低容量ピルも!



月経前過眠症の治療は、まずはカウンセリングと生活指導です。もし診断により、日常生活に支障をきたすほどの症状と判断されれば、「排卵抑制法」で治療します。月経前過眠症は女性ホルモンの変化により発症するため、排卵を抑制し女性ホルモンの変化をなくし症状を改善する治療法です。治療薬として使われるのは低用量経路避妊薬(低用量ピル)を使用します。


使用には条件があり、妊娠を希望している方を含めて使えない方もいます。月経前に異常な眠気を感じるようであれば、一度主治医に相談してみましょう。