生理が来てもがっかりしないで!妊活中のメンタルケア

監修:産婦人科医 髙嶋啓一先生

妊娠を望む方は誰しも生理が来るたびに落ち込んでしまいますよね。生理前の不調を妊娠初期の症状と照らし合わせてドキドキしたり、1日でも生理が遅れると検査薬を買いに行こうかとソワソワしたり…。期待した分、生理が来た時のがっかり感はとても辛いものがあります。「自分だけ妊娠しない」なんて不安になっている方は、この記事を読んで上手にメンタルケアして、リラックスした状態で妊活に臨んでください。

メンタルケアとリラックスはとても重要です。それだけで子供を授かる人もいます。


妊活中は精神的ストレスを溜めず、すぐ解消しましょう!

妊活中に感じるストレスの要因とは

妊活中に感じる精神的ストレスには、様々な要因があります。女性の場合は「生理が来る事の精神的ストレス」が挙げられますが、男性の場合は「妊活のプレッシャー」がストレスとなっている方が多く居ます。

またパートナーとの「子供が欲しい」と言う気持ちの温度差が、妊活のストレスとなる場合もあり、不妊治療の場合は経済的な問題や仕事との両立に悩まされている方が多いのが現状です。


精神的なストレスは妊活にどんな影響をもたらすのでしょうか。


【女性の場合】

通常であれば卵子はホルモンの指令で成長し、順調に育った卵子が排卵されます。しかし、過度なストレスは排卵に必要なホルモンの分泌を妨げ、「排卵障害」を引き起こす可能性があります。

試験の前や就職で環境が変わった時、生理がこなくなったという経験をされた方はいらっしゃいませんか?ストレスが排卵に影響を及ぼしている状態と言えます。

ストレスにより自律神経が乱れると、受精卵を子宮に着床しやすくするのに重要な黄体ホルモンの分泌も妨げ、子宮内膜が十分に厚くなる事ができず、「着床障害」を引き起こす場合があります。

過度なストレスが排卵や着床に影響します。よく笑って、睡眠不足にならないようによく寝ましょう。


【男性の場合】

女性だけではなく、男性の感じるストレスも不妊のリスクを高める要因です。

妊活だけではなく、仕事や人間関係の疲れからストレスが溜まってしまうと、テストステロンというホルモンの分泌が低下してしまいます。テストステロンが十分に分泌されないと「精子の数の低下」「精子の運動率の低下「精子の質の低下」が引き起こされます。

また男性の場合、プレッシャーやストレスが心因性ED(勃起障害)を引き起こす可能性があり、不妊の原因となります。

女性の皆様、パートナーが過度にストレスを感じると、精子の障害や勃起障害になります。楽しく仲良く妊活しましょう。


辛くなったらどうする?メンタルケアの方法

ここでは、気持ちが落ち込んだ時の解消法をご紹介します。



肩の力を抜く

妊活だからと義務的なセックスばかりになってはいませんか?妊活中でも二人の時間を楽しむようにしてください。妊活自体がストレスになっている方は、少し妊活を休憩してみるのもおすすめです。時には休憩も大切です。休憩をきっかけに英セット出来て子どもを授かることもあります。


共感しあえる仲間をつくる

妊活中は生理が来るたびに落ち込んでしまいます。そんな時は一人で悩まない状況を作る事が大切です。パートナーだけでなく身近な友人や、クリニックの妊活セミナーやSNSなど、自分の心の内を共有できる相手を見つけるのがおすすめです。


生殖心理カウンセラーに相談する

妊活や不妊治療の話題はデリケートな問題で、カップルによっても状況は大きく異なります。共感しあえる仲間が居ないという方は、生殖心理カウンセラーに相談するのもオススメです。最近はオンラインのカウンセリングもあるので、仕事をしながらでも利用しやすくなっています。カウンセリングを受ける事で解決法が見つかるかもしれません。


できるだけ笑う

笑う事はメンタルケアにとても大切です。ネガティブな口癖が気持ちを左右するように、面白い事がなくても笑う真似をするだけで脳は「楽しい」と錯覚し、気持ちがポジティブになります。パートナーと一緒にお笑い番組を見たり、面白い映画を鑑賞したり、2人でたくさん笑う事で、妊活で落ち込んだストレスを吹き飛ばしてください!笑いの力はすごいですよ。とにかく笑ってみましょう。


まとめ

ストレスの本来の役割は「心や体を外的な影響から守る」事です。ストレスを感じること自体は悪いことではありません。ストレスを感じるのはあなたが、頑張っている証拠。ストレスを感じていると気づいたら、肩の力を抜いて、笑って、リラックスすればよいのです。上手にメンタルケアを行いながら妊活しましょう。

 

監修者プロフィール

髙嶋啓一 (Takashima Keiichi) 先生

産婦人科専門医

大阪教育大学附属高校から1年同志社大学を経て奈良県立医大卒業。産婦人科専門医。健康に良いことが大好きで、大学時代は西日本医科学生総合体育大会で個人1位。一時期、心の健康を専門にすることも考えるが、生命の誕生、妊娠、出産、育児の喜びに優るものはないと産婦人科医になる。