top of page

生理が問題の兆候を示すとき


​以下のコンテンツはAIツールを使用しています。ページ下部の免責事項をご覧ください。

生理が非常に重いとき

お身体、大変なときですね!

生理は、毎月の中であまり気持ちの良い時期とは言えないことも多いでしょう。たくさんの女性たちは、身体の中で小さな変化が起きるとき、ちょっとした違和感や痛みを感じますよね?でも、大丈夫!通常、この違和感は1〜2日で自然に和らぐものです。


けれど、中にはとても痛くて、起き上がるのも大変だと感じる方もいるのです。本当につらいですよね?


この痛みがある生理のことを、簡単に「月経痛」と言います。そして、この痛みは時々、お腹の痛みだけでなく、下痢、吐き気、嘔吐、頭痛、または腰の不快感などと一緒にやってくることがあります。


時々、この痛みの原因は、生理そのものかもしれません。でも、ちょっとした体の病気やトラブルが原因であることもあります。そのようなとき、お医者さんはいろいろな検査をして、あなたを助けてくれます!


痛みを和らげるためには、薬が役立つこともあります。非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、痛みを和らげるだけでなく、生理中に子宮を収縮させるための化学物質であるプロスタグランジンの生成を体が防ぐので、役立ちます。医師は、経口避妊薬を服用するか、IUDを取得するようにおすすめする場合があります。これらはまた、生理の痛みを減少させるのに役立ちます。筋腫や子宮内膜症は、時々、手術で治療されます。お医者さんと相談して、ピルや生理の痛みを楽にするアイテムを使ってみることがおすすめです。


そして、気になることや不安があるとき、お医者さんにお話しするのはとても大切なことです。もし、普段とは違う生理の変化を感じたら、安心のためにもお医者さんに相談してみてくださいね!もし、生理が普段と違うなと感じる症状があれば、お気軽にお医者さんにご相談ください。


あなたの体調や気持ちを大切にして、何か変わったことや気になることがあれば、迷わずに専門家の意見を求めてください。みなさんの健康と安心のために、私たちがここにいますから!


医師に診てもらうべきタイミング

通常とは異なる時期に訪れる生理の問題は、医師への相談が必要です。特にそれがあなたを不快に感じさせる、または普段の活動を行うのを妨げる場合には、必ず医師に相談しましょう


次の場合は、確実に医師に連絡してください:

  • 生理は規則的だったが、最近不規則になってきた。

  • 生理が数サイクルにわたり、21日よりも頻繁に、または35日よりも遅く来る。

  • 9日以上連続で出血している。

  • 12ヶ月連続で出血が止まった(閉経)が、再び出血が始まった。

  • 数時間連続して毎時1つ以上の生理用品を使わなければならない。

  • 生理の間に出血がある。

  • 生理が非常に痛い。

 

参考文献

  1. Stephanie Watson. “When Your Period Signals a Problem”. WebMD. 2011.9.4. https://www.webmd.com/women/features/when-your-period-signals-problem , (2023.10.15)

 

​floraのコンテンツは、floraのライターがAIツールの助けを借りて作成したものです。情報は一般的な情報提供のみを目的としたものであり、医学的またはその他の専門的なアドバイス、治療、診断を目的としたものではありません。病状に関するご質問は、必ず有資格の医療提供者にご相談ください。専門家による医学的助言を求めるのを遅らせたり無視したりしないでください。AIシステムは急速に進化しており、機械学習の確率的な性質を考慮すると、このシステムを使用すると、状況によっては、出力が不正確、不完全、または実在の人物、場所、事実を正確に反映しない場合があります。出力の正確性については、利用者の使用ケースに応じて、人間の目による確認も含めて評価する必要があります。ここで提供される情報に基づいて、あなたやあなたの子供、またはその他の人の健康に関する決定を下す前に、資格のある医療提供者に相談することを強くお勧めします。



Comentarios


bottom of page