排卵期の出血って大丈夫?子宮に関する病気について


月経の期間中以外にも性器から出血することを「不正出血」といいます。

真っ赤な出血や生理終盤のような茶色い出血、下着に付着する程度の出血が確認できます。排卵期にも出血が確認できるケースがありますが、すべてが不正出血ではありません。一時的なホルモンバランスの乱れによる機能的な出血もあります。しかし、安易に自己解決するのは危険です。なかには治療が必要になる症状もありうるのです。



生理ではない時期の出血ってなぜおこる?


生理でない時期の出血は以下のような原因が考えられます。

  • ホルモンバランスの影響による出血(排卵期出血・無排卵性出血・更年期出血など)

  • 炎症(膣炎)による出血(病原菌の感染・子宮内膜炎など)

  • 悪性腫瘍など病気による出血(子宮頸がん・子宮体がん・卵巣腫瘍・膣がんなど)

  • 良性腫瘍による出血(子宮頚部または内膜のポリープ・子宮筋腫など)

  • 妊娠による出血(着床・妊娠初期・流産など)

  • 裂傷による出血(性行為などによる外陰部や膣壁の損傷など)


なかでも、排卵時期に出血(排卵出血)を確認したらホルモンバランスの影響かもしれません。排卵時期は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が大きく変動します。特に、エストロゲンの分泌量が急激に変化し、一部の子宮内膜が剥がれ落ち、月経に似た出血をともなうことがあります。不正出血と勘違いしやすい症状ですが、病気ではありません。


排卵日の前後2日〜3日は性器から出血がおこりやすい時期のため、排卵時に出血を確認したらまずは様子を見ましょう。排卵日は、28日の生理周期で考えると、前回の生理開始日から2週間後にあたります。




出血の理由として可能性のある子宮関連の病気を紹介


排卵時期に出血する可能性はありますが、症状が続く場合は子宮関連の病気かもしれません。排卵時期に出血をくり返すようであれば、卵巣出血・子宮筋腫・子宮腺筋症・子宮がんなどの病気も考えられます。



これらのほかにも、流産や異所性妊娠(子宮の内膜以外で受精卵が成長している状態)の可能性も考えられるでしょう。



過度に怖がる必要はない!ただし理由のわからない出血の際は診察へ


月経の期間以外に出血があると、病気の不安を感じるでしょう。しかし、過度に怖がる心配はありません。女性の体調はホルモンバランスの影響を受けやすく、出血もその一つです。特に排卵時期に出血を確認したら、まずは安静にして数日間様子をみてみましょう。


万が一排卵時期に激しい痛みや、出血が長引いたりくり返されたりしたら子宮からのアラームかもしれません。いつもと違う体の変化を感じたら、迷わずに産婦人科の受診をおすすめします。