恋愛で女性ホルモンのバランスって整うの?




「恋愛やセックスをするとキレイになる」と聞いたことはありませんか?

幸せな気持ちで心が安定したり、セックスの後はなんだか肌の調子がよかったりというようなことを聞くと、女性の美しさの秘訣はやっぱり恋愛なのかも、と思いますよね。しばらく恋愛から遠ざかっていると、「私、ちょっとまずいかな?」と感じてしまうこともあるかもしれません。


月経の周期によって、ただでさえ調子のよい期間が短い私たち。女性ホルモンの調子をよくする方法があるなら実践したいですね。今回は女性ホルモンのバランスをよくするために恋愛すると良いと言われていることについて考えていきたいと思います。




恋愛と女性ホルモンの関係

恋をするとキレイになる?

好きな相手と一緒に過ごすと幸せな気分になりますね。感情が高ぶったり多幸感を覚えたりするので、そのときに「女性ホルモンが出ている!」と感じることがあるかもしれません。相手と触れ合った後、なんだか肌がしっとりしていると感じたり、つやつやしていると実感した方もいらっしゃるでしょう。

キレイの正体

そんな肌の調子や精神の安定を助けてくれる物質は、実は女性ホルモンではありません。脳内ホルモンといわれるドーパミンオキシトシンの仕業であって、女性ホルモンはまったくの無関係なのです。


恋愛やセックスはとてもプライベートな行為です。しないといけないと思ってするものではありませんし、ましてや自分の美容のためにするものではありません。女性ホルモンが乱れてしまうのではと恐れることはないのです。


女性ホルモンは卵巣から分泌されるエストロゲンプロゲステロンのことをいいます。女性ホルモンについて実感したいのであれば、基礎体温表をつけてみることをおすすめします。

高温期と低温期に分かれて排卵しているようなら、ホルモン状態に問題はないといえます。



無理に恋愛する必要はない


セルフプレジャーの効果

無理に恋愛しようと思う必要は全くありませんが、「キレイ」の効果は利用したいもの。それには自分で自分の性感帯を刺激する行為、いわゆるセルフプレジャーが効果的です。


気持ち良いと感じるだけでもいいですが、骨盤底が強く収縮して締まる「オーガズム」が得られると、アナンダミドやβ-エンドルフィンなどの幸せホルモンが分泌されます。これらのホルモンは精神が安定しやすくなるだけでなく、血行が良くなることによって皮膚の再生が促され、肌つやがアップすることで知られています。また寝つきがよく睡眠の質が上がるともいわれていますよ。

セルフプレジャーは相手に気を使わず自分の感覚に集中できるため、オーガズムを得やすいです。また自分の都合でいつでも好きなときにできるというメリットもあります。



セルフプレジャーをタブー視しない

性欲に関しては人それぞれなので、あまり性欲がない人であれば無理する必要はありません。しかし性欲があり興味があるなら、セルフプレジャーを行うことに罪悪感を抱く必要はありません。自分の体の欲求に対していけないことだと思う必要は全くありませんし、素直に従えるようになると、自己肯定感も上がります。女性が性にオープンになってはいけない、という偏見はもはや過去の物です。


最近はセルフプレジャーに使用できるグッズも増えました。女性が開発した見た目がおしゃれで可愛いものもあります。挿入型・非挿入型・吸引型など種類がありますから、気になる方は調べてみてくださいね。グッズに抵抗がある方は、もちろん手で優しく刺激する方法でOKですが、清潔には気を付けてください。膣周りに触れるときに手が汚れているとばい菌が入る原因になりますし、爪が伸びていると傷つけてしまう場合があります。



まとめ

恋愛で女性ホルモンのバランスが整うというのは間違いです。無理に恋愛しようと焦ったり、恋愛から遠ざかっている自分を責める必要は全くありません。自分のペースで自分を大切にできるセルフプレジャーの効果などを利用して、「キレイ」効果を狙ってみるのはいかがでしょうか。