妊活中は何を食べる?取るべき栄養素を解説


活中は健康な体づくりが欠かせません。体は毎日の食事で作られるため、元気な赤ちゃんを迎えるためにもバランスのとれた食事は大切です。妊活中に積極的にとりたい栄養素をご紹介します。


妊活力を高めるために必要な栄養素と体への働き

妊娠しやすい体づくりのためにも、意識して摂りたい栄養素と食べ物は以下の通りです。



妊活中に必要な栄養素を含む食材

基本の栄養バランスに加えて、妊活中の食生活に積極的に取り入れたい食材をご紹介します。


玄米

玄米にはビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群には疲労回復効果があり、赤ちゃんの先天異常のリスクを減らす葉酸も含まれているため、妊活中から積極的に摂取したい栄養素です。


白米に比べミネラル(ビタミンB群・カルシウム・マグネシウム)や食物繊維、タンパク質を多く含有しています。まずは、1日1食を目安に白米から玄米に置き換えてみましょう。


アボカド

若返りのビタミンEが豊富なアボカド。ビタミンEは卵子を若々しく保つ働きとともに、血行促進にかかせないビタミンです。さらにアボカドは「森のバター」と言われるほど不飽和脂肪酸が豊富。血流改善効果が期待でき、冷え予防につながります。


また抗ストレスビタミンといわれるパントテン酸も含有。ストレスを和らげる働きがあるビタミンです。トマトや卵と一緒に食べると、より効率的にアボカドの栄養素を摂取できます。


牡蠣

亜鉛を豊富に含むのが牡蠣です。亜鉛は抗酸化効果の高いミネラルで、タンパク質の合成や新陳代謝、細胞分裂をサポートする働きがあります。亜鉛はアメリカで「セックスミネラル」といわれています。女性は亜鉛が不足すると卵巣の機能低下につながったり、排卵がスムーズに行われなかったりするため、積極的に摂取したい栄養素です。


牡蠣はレモンなどのビタミンCと一緒に食べると、より吸収率が高まります。加熱してもおいしくいただけるので、ソテーや鍋で楽しみましょう。


ザクロ

ザクロが含有しているビタミン類は、ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・葉酸・ビタミンC。ミネラル類はカリウムや亜鉛を豊富に含有し、どれも妊活に欠かせない栄養素です。


その他にもポリフェノールのタンニン類やアントシアニン類が多く含まれています。抗酸化効果が高く、卵子の老化防止に効果的な栄養素のひとつです。豊富に含まれるカリウムは、体のむくみを予防し、冷えの改善やだるさ予防に効果を期待できます。そのままでは食べにくいので、ジュースで摂取するのがおすすめです。


Floraのおすすめ!





floraおすすめは、妊活で有名なザクロ屋の「ザクロのしずく」です。妊活中も美味しく楽しく、体に必要な栄養素を摂取できます。無添加・農薬不使用にこだわり、妊活中の方も安心していただける商品です。ザクロのエキスを濃縮し、ザクロそのものの高い栄養素が凝縮しています。初めての方限定で安心の特典つき。ぜひご賞味ください。


クーポンコード【fl2022】をご購入の際に使用していただくと、割引も適用されます!floraユーザー限定のクーポンですので、ぜひこの機会にご賞味ください!



必要な栄養素を摂取して、赤ちゃんを迎える準備をしよう!

ここで注意したいのが、食事内容を気にしすぎて反対にストレスを感じてしまうこと。上記にあげた食事を参考に、無理のない範囲で食事を楽しみましょう。ストレスなく栄養バランスを見直すには、補助食品を検討するのもおすすめです。クリニックでも実際にサプリメントを推奨しています。


自分に合った食生活で、妊活の食事を楽しみましょう!