LGBTQ+って結局何?キラキラ期に人権を考えてみる




LGBTQプラスのことを知っていますか?

現在は性にも多様性を受容するべきだ、という風潮になり、こういった言葉が話題になることも増えました。

しかしジェンダー多様性に関係ある言葉であることは分かっても、具体的に意味や定義を説明できる方はまだ少ないのではないでしょうか。卵胞期は精神的にも身体的にも安定した落ち着いた時期ですから、この時期に話題の知識について確認し、アップデートしてみましょう。




L・G・B・T

LGBTとは

もしかすると、LGBTなら知っているという方もいるかもしれませんね。レズビアン(女性同性愛者)・ゲイ(男性同性愛者)・バイセクシュアル(両性愛者)・トランスジェンダー(性同一性障害を含む、心と出生時の性別が一致しない人)それぞれの頭文字のことを指します。


性的指向や性自認は人それぞれ

人の性自認(自分の性をどのように認識しているか)や性的指向(どんな性別の人を好きになるか)にはさまざまなパターンがあり、その性自認と性的指向の属性のことをSOGI(ソジ)といいます。これは性的少数者のみではなく、全ての人が持っている属性です。性の多様性の問題は全ての人に関わる人権問題だという考え方から来ています。


Qとは

クエスチョニング

実はLGBT以外にも性的少数者は存在します。そのうちの一つがクエスチョニングです。自身の性自認や性的指向が定まっていない、もしくは意図的に定めていないセクシャリティの事をいいます。決めない方が生きやすい・どのセクシャリティもピンとこない・まだ決めかねているなどの場合、クエスチョニングに当てはまります。名前の付いた性に自分を当てはめることで生きやすくなる人もいれば、当てはめない方が心地よいと感じる人もいるのですね。


また、そもそも性自認や性的指向は流動的なものですから、転換期もあり得ます。「今までは男性が好きだったけれど女性を好きになった」ということもありますし、「自分は男性だと思っていたけれど、今は女性だと思っている」ということもあります。そういった転換期のこともクエスチョニングと呼びます。


まだまだ社会では、性は生まれつき一つに固定されるもの、一つに決まるものと誤解されています。決めなくてもいい、変わってもいいものなんだということを知っておきたいですね。



クイア

クィア(Queer)とは、「不思議な・奇妙な」といった意味の英語圏の言葉です。「男・女、異性愛」以外の性に対する理解がなかった時代に、「変態」の意味合いを持って、同性愛者に対する侮辱的な言葉として用いられていました。あまりいい意味の言葉ではありませんが、その侮蔑を向けられてきたセクシュアルマイノリティが中心となって、あえて自身を指す言葉として使うようになったと言われています。1990年代以降は性的少数者や、LGBTのどれにもに当てはまらないSOGIを包括する用語として肯定的な意味で使われています。


LGBTQプラスは様々な性的少数者に配慮した表現

ここまで読んでくださった方はもうお分かりかと思います。LBGTQプラスの「Q」はクエスチョニングとクィアのことです。また、人の性はグラデーションですべてを型にはめられるものではなく、実に多くの種類が存在しています。枠を限定するようなものではないですし、「常に新しい多様性にオープンでいよう」という前向きな意味も込めて、「プラス」という表記が使われています。


人間それぞれに多様なセクシュアリティの世界があります。レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーではないセクシュアルマイノリティもまた、差別や偏見に苦しんでるという現実があります。さまざまなSOGI(性的自認・性的指向)に配慮した形が、「LGBT」ではなく「LGBTQプラス」という表現なのです。